ストレスなく、お金もかけず、時間もかけずダイエット

痩せるにはどうしたら良いか?

考え方はシンプルです。

「食べなければ痩せる」

それだけです。

もちろん、運動も取り入れられればなお良いでしょう。 しかし私は運動する時間は無いので、ほぼ運動していません。

ウォーキングもする時間がありません。 筋トレもほぼしてません。

ただし、ダイエットすると確実に筋肉が落ちて代謝が悪くなってしまうので、筋トレはできたらすべきだと思い ます(していませんが)。

そんな状況でも、痩せることはできます。

私もこのダイエットを始めて、スーツのパンツがゆるゆるになってしまいました。少なくても腹周りは圧倒的に 細くなりましたね。

私のダイエット方法は、ストレスなく、運動なく、食べたい時は食べる、というものです。 そんなこと可能なの?と思われるかもしれませんが、私は3か月で8キロ落ちました。

3か月で8キロ程度ならたいしたことない、と思うかもしれません。 もしもっと即効性を求めるなら、違う方法を試してください。

ただ、それはきっと極端な断食や生活を一変させるレベルの変化が必要でしょう。 私達多忙なビジネスマンには不可能です。 仮にできたとして、そんな生活長続きしますか? そしてさらに、それでダイエットできたとして、その体型を維持できるでしょうか。 急激に痩せると、おそらくすぐまた元に戻るでしょう。 人間の習慣は簡単には変えられません。

もちろん、このダイエット方法が、「ありとあらゆる人に効果がある」とは言いません。人には向き不向きがあ りますから。

でも、実際にこの方法を試して、仮に20%の人が成功すれば、それは大成功だと思っています。万人に 有用な方法などあり得ませんので。

そして、これは限りなくストレスやお金、時間をかけない方法であることは間違いないと思います。 だから、試しても損は無いでしょう。お金を失うわけでもありませんし。無理だったら、その時は自分に合う方 法を探してみてください。

 

この食事なら痩せて当然

結論から。基本、食事を減らします。

具体的に、ダイエットを始めてからの私の食事は(最終的には)こんな感じです。

朝食→ ・食べない

昼食→ ・野菜ジュース、リンゴジュース(100%)

夕食→ ・食べたいもの食べる。ラーメンでもなんでも

夜食→ ・家に帰ってからサラダ、ちょっとしたオカズ

間食→ ・お腹が空いたらチョコをひとかけら。2日で板チョコ1枚くらい食べちゃってるかも。

どうでしょうか?

最終的には、と書いたのは、いきなりこうだったわけではなく、最初は朝食も摂りましたし(ごくわずかです が)、昼もおにぎり程度は食べていました。 その後さらに量が減り、ほぼ1~2食に、という流れです。

さて、まず、食事量の少なさが気になるかもしれません。 後で詳しく述べますが、私はこれで十分です。空腹に耐えていたりはしません。

理由は、そもそも空腹にならないし、この量で足りるからです。胃が小さくなったのか何なのかは知りません が、パン1個、おにぎり1個で十分満腹です。もちろん昔はそんなことなかったので、体質が変わりました。

我慢できない空腹時には、チョコレートを食べてます。普通の板チョコです。ダイエット中にそんなもの!と 思われるかもしれませんが、おかまいなしです。我慢は良くないです。 もともとチョコは好きなので、2日で1枚くらい食べてしまうこともあります。食べ過ぎかもしれません。

夕食はそれほどお腹が空いているわけではないのですが、栄養を取る必要があるのでしっかり食べます。ラ ーメン、牛丼、中華料理、あるいは飲みに行くこともあります。まったく我慢しません。

夜は疲れて帰るので、家にある残りものを少し食べたりします。 野菜サラダなんかあるといいですね。バリバリ食べます。サラダ好きなので。 サラダだとしたら、ドレッシングはゴマです。カロリー高いです。でも良いのです。ゴマドレッシング好きだから。

平均的にはこのような食生活です。栄養が不足しないようには、一応気を付けています。野菜もたくさん 摂ります。

圧倒的にカロリーが少ないはずなので、痩せるのは当然という理屈です。

この食生活で、ストレスはほとんどありません。

成果は、3か月未満で8キロ減です。運動もせず全くストレスも無いことを考えると、良い数字だと思って います。

ちなみに、飲み会などでどうしても夜にたくさん食べることがありますが、そもそも飲み会などがあれば、我 慢せずに食べて良いです。我慢するダイエットは続かないので。

今は、朝は完全に抜きます。 朝を抜いても、昼まではそれほどお腹は空きません。

そもそも、いつも朝は腹が減っていません。 寝起きだと食欲はありませんし、朝は忙しいので食べる間もなく仕事に行きます。

ちなみに、ダイエットする前は腹が減ってないのに無理に食べていたわけです。 「朝は抜かないほうが良い」などとも、当たり前のように言われてますよね。

が・・・

空腹で無いのに無理に食べる。

そのほうが不自然だと、思いませんか? これは後ほどまたお伝えしますが、是非考えてみてください。

さて、朝を抜いて仕事に行きますが、昼までにお腹が空いたらチョコをかじります。あるいはリンゴジュースを 飲んでいます。

ちなみになぜリンゴジュースかというと、リンゴは体に良い(らしい)からです。別にオレンジジュースでも構いま せん。ただ100%にすべきでしょう。 野菜ジュースももちろんおすすめです。

シンプルにいうと、この食生活をしていれば痩せます。ただし繰り返しますが栄養には気を付けてください。 特に女性は。

あと、水分は意識して摂りましょう。通常、食事はそれ自体に水分が含まれていますが、食事が減ってい る分、水分摂取量も少なくなってしまいます。その分は水を飲みましょう。

さて、さまざまなダイエット法がありますが、結局何が良くて何が悪いかわかりませんよね。

食事も、3食摂るのが常識になっていますが、1食で良いという人もいます。 食事の回数を減らすと太るという人もいます。 相撲取りは1日2食でドカ食いだから太る、という人もいますね。

とりあえず私は食事回数減らしても太りませんでした。

まあ当たり前なんですけど。

食事の回数を増やそうが減らそうが、食べる量が同じならカロリーの量が増えるわけはないので。 相撲取りが太るのは単純にカロリーを多く摂っているからです。

研究では、同じカロリーを1日3食で摂った場合と1日2食で摂った場合で比較しても、2食のほうが太る という結果は得られなかったそうです。

まあその研究が本当に正しいという根拠はありませんが。

結局、私なりの結論としては栄養に気を付けつつ食事の量を大幅に減らしましょう、ということです。

 

ダイエット食生活をして良かったこと

体重が減った、というのは当然ですが、それ以外。

1食事が減ったので、食費が減った。 2食事をしなくなったので、食事の分の時間、余裕ができるようになった。朝はゆとりができたし、昼もその 分休憩したり別の仕事ができるようになった。 3昼を食べないと、昼過ぎに眠くならなくなった。

特に3なのですが、私はこれまで昼食後の睡魔が悩みの一つでした。昼食後、眠くて仕方ないのです。 昼寝をしてしまえば良いのですが、社会人だとそう簡単に寝ることもできません。 結局ウトウト、効率も悪いし周りの目も気になるし・・

食事を減らすと、劇的に眠気もなくなりました。

よく「朝を抜くとぼーっとする」という話を聞きますが、基本的にそんなことはありません。空腹の場合のほう が、頭は冴えます。

3食食べるという習慣を変えてすぐは多少混乱するかもしれませんが、すぐに落ち着くはずです。

 

ダイエットに重要なのは何を食べるか?ではない

さて、このダイエット法で重要なのは「食事を減らしましょう」という点ではなく、いかにこの食生活を続けられ るか?という点です。

ダイエットで問題なのは、「途中で挫折してしまう」ことですから。

そのために必要なのは、

「意識レベルから変える」

ということです。

そもそも私はもともと大食いです。食べることが好きです。以前は、お腹が空いていなくても好きな食べ物 があれば食べていました。太るのは当然です。

私の問題点は、「空腹じゃなくても食べる。口がさびしいから食べる」といった食生活だったことです。

これを意識レベルから変えることにより、今はそもそも食欲が減りました。

では、どうやって意識レベルから変えたのか?ということですが、私の場合ある人が発行しているダイエットの メルマガを読んだのがきっかけです。 そこではダイエットのための理論的な話や、モチベーションを高める話が載っていて、とてもやる気が出まし た。

ちなみに私はそのメルマガのとおりの方法をとっているわけではありません。どうしてもできないこともあったの で。 しかし、食事を少なくすることに対する意識が変わったため、自己流でも痩せることができました。

では、どのように意識を変えれば良いでしょうか?

 

あなたの食事の量は適正か?

まず前提として、あなたがいつも食べている量は適正でしょうか?ということです。であれば、太ることは無い はずです。

よく、 「水を飲んでも太る」 なんて言う人がいますが、そんなことはあり得ません。

そんなことができれば世界の食料問題は解決します。

もし水で太る人がいればそれは病気だと思うので、病院に行くべきでしょう。

では仮にあなたが食べている量が適正ではないとして、次に考えるのは

「そもそも食べるべき時に必要な量だけ摂っているか?」

ということです。

私の場合は、今までは朝起きて7時前には食べて、12時の昼休みには食べて、夜には食べて、という生 活でした。

しかし、朝起きてすぐはお腹は空いていません。 昼も、12時にはお腹は空いていません。

夜は空いてたり空いてなかったりです。

しかし、必ず食べていました。

なぜなら、そういうものだと思っていたから。

朝は必ず食べるもの。 昼休みには昼食をとるもの。

そう思っていたから食べていたのです。

しかし、私が参考にしたメルマガではそのような生活を否定していました。 そのメルマガは、「1日1食」を推奨しています。最近わりと話題になった某医師の方法ですね。

私の場合は、完全に1食、までは減らしていません。1日1~3食です。

食べるのが好きですし、完全に1食まで減らすのは栄養などの面からも少し不安があるからです。でも、1 食にしたほうが当然もっと痩せるでしょうね。

とにかく、そのメルマガを読み「必ず3食食べる必要はない」という意識をもつようになったので、空腹でない ならば食べないようになりました。

 

1日3食は正しいのか?

ちなみに日本人が1日3食食べるようになったのは、せいぜい江戸~明治頃から、らしいですね。本来は 2食または1食だったようです。3食食べるようになった経緯はまあ色々あるようですが、基本的には3食 食べない時期のほうが長かったようです。

で、もしあなたがまだ

「食事は1日3食、規則正しく食べなければならない」

と考えているならば、なぜそうなのか?考えてください。 できれば私に教えてください。

1日3食摂らなければならない、根拠は何ですか?

「そんなの、常識でしょ」

では回答になっていません。

科学的な根拠を教えてください。

それが答えられないのなら、あなたは「常識」という必ずしも根拠のないものを信じて現在の食生活をして いる、ということです。

ちなみに私は極めて論理を重んじる人間のつもりです。 したがって、このダイエットをするにあたり

「人間の自然治癒力が・・」 とか 「想えばかなう・・」 とかそういうことを言うつもりは全くありません。

自分で食事を大きく減らした生活をし、減量に成功した。 その過程で現在常識となっている食生活のことを考え直してみた。 現在常識とされていることは必ずしも根拠のないことに気が付いた。

それだけのことです。

まずはあなたも、現在常識とされている食生活が本当に正しいのか、考えてみましょう。 そして、食べる必要が無いのであれば、食べない。 そのように生活を変えましょう。

それだけで痩せる可能性は十分あります。

 

ダイエット時の空腹とどう向き合うか

さて、では1日3食はしない、と思うようになったとしましょう。 でも、食べないとお腹が空いて辛い。我慢は大変。 そんな状況だったとしましょう。

まず前提として、そんなに我慢はしなくて良いです。

我慢を続けるのは、とてもストレスです。 ダイエットを長い間続けられない原因、それが「無理な我慢」です。

ではどうするか?

まず、食事の時間。

量は減らしましょう。可能な限りで、減らしましょう。

そして、ひたすら噛みましょう。 一口30回でも40回でも、噛みましょう。

そうすれば、満腹感が得られます。

これで食事が終わってもまだ空腹、ということにはならないでしょう。 まだ物足りなければ、リンゴジュースなどを飲みましょう。

液体は腹にたまりますし、甘いジュースなら脳も満足するでしょう。

ちなみにリンゴジュースは100%のものです。

ジュース飲んでいいの? と思うかもしれませんが、良いです。そのくらい、大した問題ではありません。

これを続ければ、1食の分量が少なくても満足できるようになります。

私の場合は3日くらいでかなり食欲が抑えられるようになりました。 1週間もすれば、大抵の人は食欲が減るでしょう。

もし食間にお腹が空くようでしたら、チョコをひとかけら食べましょう。 かなり空腹は紛れます。

チョコ食べていいの? と思うかもしれません。良いです。そのくらい。我慢すると続かないので、我慢しないでください。

とは言うものの、どうしても最初は空腹と戦うこともあるでしょう。

そんな時は、こう考えましょう。

「今空腹だ。身体が脂肪をエネルギーに変えている。今痩せているんだ。」 と。

そう思えば、空腹も楽しめるのではないでしょうか?

空腹を、楽しみましょう。空腹=痩せていっていると思い込めば、空腹も楽しくなるはずです。

そして、空腹を存分に楽しんだ後は、ほんの少しだけ食べましょう。 例えば、おにぎり1個。これでも、じーーっくり噛んで食べれば、十分満足感を得られます。

空腹を楽しんだあと、じっくり噛んで食べるおにぎりはとても身体に染み込んでいく感覚があるはずです。

そうすればおにぎり1個でも十分です。

なお私は、食べる機会があればサラダや野菜炒めを食べていました。 空腹の時でも、サラダを良く噛んでモリモリ食べれば十分満腹になります。

ちなみにドレッシングはゴマです(さっきも書きましたが・・)。 ゴマが好きなので。 カロリーは高いですよ。でもカロリーを気にして好きでもないものをかけて食べても、結局続かないので。

私はもともとサラダ好きなので、そんな食事でもむしろ嬉しいです。

もしあなたがあまり野菜好きじゃないとしたら? とりあえず、野菜も良く噛んでみたらどうでしょうか。

空腹を楽しむと同時に、野菜をじっくり噛んでみて、味わってみてください。身体に染み込んでいくイメージ をもってみてください。

野菜好きになるかもしれませんよ。

ちなみに、私はとても早食いでした。 普通の食事なら3分~5分で食べ終わってしまうのが普通です。

なので、「よく噛む」というのが、とても苦手でした。 正直一番苦労したのは、ここかもしれません。

しかし、「よく噛む」ことを心がけたところ、食事が体に染み込んでいく感覚が持てました。

早食いの方には辛いかもしれませんが、ここだけは頑張ってください!

 

ダイエットに我慢は禁物

さて、まずはそのような食生活をすることで、1週間くらいで食欲が減ります。私はわりと劇的に減りました。 ポイントはやはり「ひたすら噛む」ことです。よく噛んで時間をかけることで、少ない食事でも満足します。 そうするとそもそも食欲全般が抑えられてきます(というか「そもそも必要な食欲になる」というべきでしょう か)。

私はもともと牛丼やらラーメンやらが大好物だったのですが、ダイエットを始めて3か月、それらを食べる機 会は劇的に減りました。

ラーメンは友人とたまに食べるくらい。

それも、以前のように食べたくてしょうがない、という感じではありません。

ん?ラーメン食べるの?と思った方がいるかもしれません。

食べます。 付き合いとか、本当に自分が食べたい時は食べます。

我慢はしません。

繰り返しますが、我慢を続けるのは危険です。ストレスになりますし、反動でまたドカ食いになり、リバウンド する恐れがあります。

このダイエットは、一度始めたらずっとこの食欲のまま・食生活のままでいくべきものです。なぜならそもそも 必要な食欲を満たす分だけ食べる、という考えだから。

したがって、ストレスをためてまたドカ食いしてしまうくらいなら、普段から食べたい時は食べれば良いので す。

1食くらいラーメン食べたって、太ることはありません。 別に夜中に食べたってかまいません。

1回のラーメンで 1 キロ太るなんてことは無理です。

800キロカロリーの食べ物は、800キロカロリーです。 何時に食べても、どんなにお腹が空いている時に食べても、800キロカロリーが2000キロカロリーになるこ とはありません。

たまに800キロカロリーの食べ物を摂ったところで、それは些細な問題です。

夜中に食べては良くない・・という話も聞きますが、どうせ夜中に食べたところで、次の朝も食べず、昼もほ とんど食べず、次の食事は夕方になります。

その時間で胃の中のものは消化され、良い状態で食事を迎えることができます。 夜中だからと、気にし過ぎないようにしましょう。

これを書いている前の週は、仕事やプライベートで週4で飲みに行ってましたし・・(もちろんそれでも太りは しません)。

このように、食べるべき時は食べてしまいましょう。もちろんずっとその生活をしていてはまた太るので、食べた 次の日は食事を調整しましょう。 それで十分です。

 

本当に食べたいのか?自分に聞いてみる

また意識レベルの話ですが、もし空腹でもないのに何か食べたくなったら?

自分に聞いてみましょう。

「本当に、それを食べたいのか?」

と。

空腹でもない、特に食欲もない。でも、ちょっと食べたくなっちゃうこともありますよね。それは大好きなスイー ツかもしれません。あるいはジャンクフードかもしれません。 そんな時、自分に聞いてみるのです。

「本当に食べたいの? 痩せた自分を手に入れたいんじゃないの? それでも今食べるべきものなの?」

と。

それでも食べたいのであれば、我慢はしなくて良いです。 食べてください。

ただ、じっくり噛んで味わってくださいね。

味わえば、ほんの一口で満足するかもしれません。 今までは我慢もせずにむさぼっていたものを、今なら少しの量で満足できるようになったかもしれません。

それは充分な進歩です。 食べてしまった、と落ち込む必要はありません。少しずつ慣らしていきましょう。

 

食べたくないなら食べない

繰り返しですが、食べたくないなら食べなくて良いです。 動物も、満腹なら食べないですから。

人間は知能が発達しているせいか、本能以外の部分で行動することが多いですよね。

以前の私もそうです。 腹減ってないのに食事したり。

高校の頃など、朝普通に朝食を食べて、その後すぐに9時過ぎくらいに友人と一緒に牛丼を食べたりして ました。

どう考えてもおかしいんですけどね。

食欲に関しては「習慣」が占める部分がかなり大きいと思うので、まずは悪い習慣を止めるようにしましょ う。

最初の1週間くらいはちょっと我慢が必要かもしれませんが、ほんの少しのことです。その時期を乗り越える ためにも、意識レベルから変えていきましょう。

なお、動物は怪我などすると食事を摂らずにじっとして、怪我が癒えるのを待つそうです。 人間も、風邪や熱がある際は食欲がなくなりますよね。

食事をせずに、体の回復にエネルギーを使うわけです。 食欲がなくなる、食事をしない、というのはそれなりの意味があるということです。

「食べれば元気になる」のは、漫画だけの世界と考えましょう。

 

ダイエットは変化を楽しむ

体重計にはできるだけ毎日乗ったほうが良いでしょう。体重を記録してください。 体重が落ちている実感ができれば、やる気も湧きます。

人間は数字が好きです。 体重が減少しているのを客観的に見て、モチベーションをアップさせましょう。

私はスマホでダイエット管理のアプリを買って使っています。105円とかでしたけどね。体重の推移が見れ るのでモチベーション管理に役立ちます。

ちなみに私の場合は、体重の推移とともに、ベルトの穴がどんどん移動していっているのも楽しみの一つで す。ニヤニヤしてます。暗いですけど。

Pocket
LINEで送る