ラクして、ダイエットしたいな、という人は、いませんか? 苦労してダイエットするのは、続きません。非常にラクにできて、あっという間に料理できて、割安で、ヘルシーな自炊方法を開発しまし たので、ご紹介します。

たしかに、自炊は、メンドウだし、日々の生活が忙しいからやりたくないから、外食に頼っているという人も いると思います。

しかし、外食のデメリットは、 1 お金が割高である 2 農薬や、放射性物質で汚染されている可能性がある 3.栄養がかたよる 4.油が多用されているため、太る

などが挙げられ、ダイエットを妨げる以外にも、多くのデメリットが存在します。

上記1の外食にかかるお金は、自炊にかかる手間ヒマをお金で交換して、ご飯を食べているからやむをえ ないと考える人もいると思いますが、

外食デメリットの2、3は、とくに、人の健康、つまり、命にかかわることなので、 軽視することはできません。

栄養がかたよれば、病気になりやすくなって、寿命が縮まりますし、 農薬や、放射性物質によっても、ガンなどで、寿命が縮まってしまいます。

そこで、自炊するという方法がベターなのですが、 しかし、自炊には、以下の、のり越えるべき課題があります。 1 手間と時間がかかる 2 ごはんを作るスキルがない という課題が生じてきます。

しかし、自炊のメリットを生かしつつ、デメリットを減らす自炊の方法を発見しました。 非常にラクにダイエットできて、すばやく料理できて、割安で、健康的な自炊方法なのです。 料理時間は、なんと! たったの5分で、できてしまいます!

さっそく結論に入ります。 その自炊の簡単な方法とは、 「面積の広いフライパンに水を2センチほどしいて火にかけ、 冷蔵庫の中に、皮をむいて保存してあった丸裸の多種類の有機野菜を輪切りに1センチほど切ってフライパンの中に入れたり、魚や肉も入れて、 これら食材の両面をそれぞれ1分ほどずつ沸騰させた後、水で冷やし、しょうゆや味噌などで、味付けして 食べる!」

上記の方法により、自炊をラクに、速く、健康的に、割安に食べることができます。 以下、詳細を説明しましょう。

まず「面積の広いフライパン」を用意する理由は、多くの食材を入れる必要があるので、面積が必要に なります。

底の深いナベでいいのではないかという声が聞こえてきそうですが、 底の深いナベでは、水を多く入れなければならず、水が多いと沸騰までに時間がかかり、 「すばやく、超速で」料理することができません。

一気に、すばやく沸騰させるためには、水の量をなるべく少なくする必要があり、 それでいて、食材を全体的に沸騰させられるような深さも必要なので、「水を2センチほどしく」ことになりま す。

水があまりにも少ないと、水がなくなって、空焚きのリスクがありますので、水の少なすぎにも注意しましょ う。

ちなみに、水を沸騰させる理由は、2つあります。 1 放射性物資を除去するため 2 細菌退治のための食中毒対策のため です。 1について、水を沸騰させて、野菜を煮ると、30%以上もの放射性物質が除去できるというデータが あります。

2について、水を加熱させて沸騰させれば、ほとんどの細菌は死滅するので、食中毒対策にもなりま す。

ただし、長時間、沸騰させると、野菜、肉の栄養素が逃げてしまいます。 そこで、 食中毒対策、食材の栄養素流失防止、時間短縮の3点をよく考慮して、間をとって、 「食材の両面をそれぞれ1分ほど沸騰させる」という時間設定になっています。

「多種類の有機野菜」

健康のためには、食材の種類を多くする必要があります。 栄養は、バランスが必要なので、種類を多くする必要があります。

私は常に、にんじん、だいこん、かぶ、しいたけ、ブロッコリー、ごぼう、ピーマン、ナス、こまつな、ほうれんそ う、アボカド、魚、肉、などをすべて入れています。

沸騰させずに、そのまま生で食べる野菜として、 トマト、きゅうりなどは、煮たりせずに、そのまま、生をかじって食べています。

味つけについて、有機野菜そのものの味がおいしいため、下手に味付けせずに食べることができますが、 食材の沸騰が終わった後、しょうゆや、味噌やマヨネーズなどで味付けしても良いと思います。

ただし、ここでの注意点として、塩分が多いと病気になります。 たとえば、高血圧、胃潰瘍です。 これらの病気は、味が濃い、つまり塩分が多いことが病気の原因になることが多いので、常に薄味にし ましょう。

ダイエット効果について 野菜の種類を多くすることにより、ダイエット効果があります。 1 食物繊維が多くなり、脂質、老廃物を体外へ排出するため 2 食物繊維がおなかに入ることで、満腹感が得られるため 以上により、やせることができます。

食物繊維の多い食材として、ごぼう、さつまいもなどがあるので、ダイエットを考えている人は、これらの 食材を取るとよいでしょう。

2について、食物繊維は、カロリーが小さいですが、摂取することにより、人間の脳が満腹になったという 命令を出すので、必要以上の食事をする必要がなくなるという結果になるのです。

「有機野菜」について 食材の質は、良質なものにしなければなりません。 私たちの体は、食事によって作られているのですが、その食事の質がわるければ、当然、体にも悪影響 を及ぼします。たとえば、病気になりやすい体になったり、美が衰えるなどの悪影響です。

そこで、良質な食材の例として、有機野菜があります。 有機野菜とは、農薬や化学肥料を使わずに栽培した野菜のことです。 有機野菜は、あま味があり、非常においしいです。さきほど述べたとおり、味付けしなくても、野菜そのもの の味だけでも食べられるほどです。

実際、栄養面についても、他の農薬で育った野菜と比べて高いといわれています。 さらに、美容の面でも、有機野菜をとる人が増えています。 日本の芸能人でも、女優やモデルが美容のために、有機野菜を食べているのをよく耳にします。 私においても、有機野菜のおかげでしょうか、実年齢より若く見られます。 健康のためにも、美容のためにも有機野菜が良いのです。 料理を簡単にする分、食材だけは、良質のものを摂取しましょう。 有機野菜は、ふつうの野菜よりは、割高ですが、外食で上乗せされる人件費の分のコストや、農薬野 菜で健康を害すことによって将来に上乗せされる医療費に比べれば、「割安」となるのです。

私は、有機野菜をネットで買っています。 具体的には、先日、上場した「株式会社オイシックス」から、1週間に2回、ネットで買っています。 オイシックスのメリット 1 有機野菜、低農薬野菜、良質な肉、野菜を手に入れることができる 2 低料金で配送(ヤマト運輸)してくれるので、手間が省ける 3 料金の決済がコンビにでもできるので、ラク 4 産地を選ぶことができるので、福島原発から遠い産地食材を選べる 以上の理由により、オイシックスがオススメです。

「冷蔵庫の中に、皮をむいて保存してあった丸裸の野菜」

とくに、朝ごはんは、時間との戦いでもあり、調理時間を短くすることが必要になってきますので、朝に、 野菜の皮をむいているヒマなど、ありません。

そこで、あらかじめ、野菜の皮をむいておいて、丸裸の1本の状態で保存しておき、調理するときに、野 菜を輪切りに切って、切り離します。

もっと詳細に説明します。 野菜は、その側面とヘタをあらかじめ、皮むき器などで、むいておき、たとえば、大根ならば、円柱状の丸 裸の1本の状態で、30センチ四方の保存用ビニル袋などに、他の野菜とともに入れて保存しておきま す。

そして、調理のときに、1センチくらいの輪切りに切り離して、フライパンの中に入れますが、その前に、5ミ リメートルくらい輪切りにした野菜を捨てています。

なぜなら、野菜が保存されている際、冷蔵庫の中で、野菜が酸化して古くなっているので、酸化してい る部分を食べないようにするために、空気に触れている部分を捨てているのです、

さらに、4日以上すぎた野菜は食べないことにしているので、そうならないように、週に2回、注文していま す。常に、新鮮な野菜を摂取するように心がけているからです。

健康のために、お金をケチってはいけません。健康であれば、いくらでもお金を稼ぐことはできますが、病 気であれば、それは難しいです。

さらに、今ケチったお金で、健康を害せば、将来医療費という形でツケがきます。 すなわち、今お金をケチれば、年を取ったときに、医療費という形で、出費が増えるので、 割高となるので、若いときに、しっかりと体作りをしたほうが「割安」になるのです。 お金より、健康のほうが大切なのです。

「水で冷やし」 時間がないときは、熱い野菜で口の中がヤケドしないように、沸騰した野菜に水を入れて冷やして食べて います。

しかし、これでは、食材の栄養分が逃げるので、なるべくなら、沸騰が終わったら、水だけ捨てて、食材を 口で吹いて冷ましてから食べることもできます。

以上のようにして自炊すれば、 超ラクにダイエットできて、超速に、割安で、ヘルシーに自炊できるのです! もちろん、毎回、このような食事をする必要はないと考えます。

しかし、時間がないとき、めんどうなとき、外食に頼ったり、ごはんを抜くよりは、この方法をとることをオス スメします。

もう一度、その調理法を書きます。 「面積の広いフライパンに水を2センチほどしいて火にかけ、 冷蔵庫の中に、皮をむいて保存してあった丸裸の多種類の有機野菜を 輪切りに1センチほど切ってフライパンの中に入れたり、魚や肉も入れて、 これら食材の両面をそれぞれ1分ほどずつ沸騰させた後、水で冷やし、しょうゆや味噌などで、味付けして 食べる!」

Pocket
LINEで送る