振り出しに戻ることがダイエット

当時は空前の、(今もですが)「ランニングブーム」私の兄も、飲みニケーションで太りぎみ。自分のお腹が、ベルトに「どっこいしょ」と乗ったことから、ランニングをはじめていました。そんな中、見かねた兄より「いっしょに走るか?」と言われ、好奇心でランニングをはじめました。ダイエットにもなって、一石二鳥だなと思い、軽い気持ちで始めましたが、これがなかなかのハードです。黙々と・淡々を自分を超えていく作業です。周りからみたら、おかしな人ですよね。気になる体重ですが・・・すこしづつ、痩せていきました。ですが、長距離を走った次の日は、筋肉痛と激しい食欲に、見舞われました。(個人差はあるでしょうが・・)そして、食べる→走る→お腹がすく→食べる・のループに。ハーフマラソンに出場するぐらいには、長い距離を走れるようになしましたが、なかなか痩せない。走れる距離も、すこしすこし増えていました、が、食べれる量も、すこしすこしふえていました。(笑)そりゃー、痩せないですよね。あたりまえの事ですが、でも、当時の私は気づいていませんでした。あの方法を、知るまでは・・・

 

ダイエットの食事の本

仕事帰りいつものように、マンガを買いに、本屋に立ち寄った時。偶然見つけた一冊の本。僕の運命を、いや、体重を変えてくれた、一冊の本。「へー、今人気の本なのか・・ちょっと高いけど、買ってみよう!」それは、食事に関する本でした。今までは、運動の本ばかり、買いあさっていました。特にランニングの本。正直、食事の事など考えてもいませんでした、ましてや、本など買ったことはなかったです。運動さえしていれば、痩せると思っていたからです。この本に、出会わなければ、あの時のままだったはずです。

帰宅後、食事・風呂を済ませて、買ってきた本を、取り出します。へー、著者はアメリカの人なのか。え、IQって食べ物で変わるの?お腹を空かせる事なく、ハイパフォーマンス?病気にもなりにくい?ストレスも減る?老化も防げる?見出しから、いきなりそんな内容でした。「ほんとかよ?そんな楽なら誰も、苦労しないよ?」と半信半疑の私。そんな疑いも、行動に移すと、確信に変わっていったのです。

 

ダイエット的に取りあえず

色んな食べ物に関する知識が、詰まっていました。ちょっと難しい所もありましたが、著者自身が「リアル」に痩せた内容だったので、私にもできるかな?っと読み進めるにつれて、思いました。とりあえず、実際に行動に移せる範囲で、頑張ってみようと思い、本に載っていた「完全無欠コーヒー」を試します。とりあえず、その日のうちに、ミキサー、バニラエッセンス、ココナッツオイル、そして、グラスフェッドバター(手に届くまで時間がかかります。)をアマゾンで購入。(ポチポチっと)数日後すべての商品が、届いたので、自分の体を使って、実験開始です。(わくわく)バニラエッセンス・ココナッツオイル+、インスタントのコーヒーで、「完全無欠コーヒー」を作ります。作り方は耐熱ミキサーに、材料を入れて手早く混ぜる事で出来ます。ブレンダーでも作れますが、飛び散らないように注意してください。

厳密には、コーヒー豆にも産地や製造過程で、体に炎症を起こす、「カビ」が付着しているそうです。日本の良質のコーヒーは「スペシャルティコーヒー」と言います。私は、とりあえず、インスタントで試しましたが(笑)補足で、「完全無欠コーヒー」とは、体にいい油を積極的に(バター・ココナッツオイル)をコーヒーに溶かし合わせることで、「ミセル」というものになり、すぐに、エネルギーになる。「完全無欠コーヒー」を朝から食事の代わりに、飲むと、お昼までお腹がすきません。このコーヒーを飲むと、体では食事を取ったと認識しないのに、エネルギーになるという不思議なコーヒーです。お昼もこのコーヒーを飲むと、体に必要なエネルギーは取れるのに、脳では食事を取ってないことになっている?その間に、体の中の「パックマン」が細胞の屑などと栄養にするのでパフォーマンスが上がると書いてありました。私がざっくり読んだ感じです。実際に私も、「完全無欠コーヒー」試してみました。

 

ダイエットの以外な結果

早速、朝食に「完全無欠コーヒー」を飲んで出勤します。半信半疑ですが、一応試してみますよ。その結果、不思議と、昼食まで空腹感には、襲われません。いつもは、お昼前にガス欠になるのですが・・。「おーこれは、期待できるぞ」と初日にして、好感触でした。仕事から帰宅後、すぐさま、体重を測定。マイナス1 kgの表示!初日ですが、なかなかの結果です。このまま、痩せれるぞ!と浮かれていました。ところが・・・一週間を過ぎたころ、異変が・・全然、体重が落ちません(マイナス2 kgからピクリともしません。)なんでだろう?と思い、本をもう一度読んでみます。なになに、ココナッツオイルより、効果が上の(M C Tオイル)があるみたいです。

なんじゃそりゃ?はじめて聞いた、単語だったので素直な感想です。(M C Tオイル)ココナッツから抽出したオイル、体にいいそうです。注意※体に合わない方も、いらっしゃいます。実際に食事に取りいれる際は、少量ずつ、お試しになってください。※ほうほう、すぐさま、アマゾンでポチポチと、購入。なになに、取りすぎると下痢になる?ウソっぽいなこれ!半信半疑で、本をなぞっていましたが、実際に取りすぎた日は、ものすごい下痢になりました。もちろん、休みの日に実験しましたが・・・。数日後、(M C Tオイル)届いたので、又、ダイエット再開です。今度は、どうなるのかな?と、楽しみ半分、不安も半分でした。職場の同僚には、内緒で始めたので、痩せた時のことを考えて、ワクワクしていました。

ダイエットと栄養素

この本に出合ってから、食事の考え方が、変わりました。たとえば、同じ「タンパク質」でも、体にいい物と、悪い物がある。体に悪い物を、食べると次の日か、数日後に、体に不調がでる。といった事が、書かれています。今までは、家で出されたものを、気にも留めず食べていました。しかし、この本を読み進めるにつれ、そういった考え方も、消えていきました。この本に紹介されている、体に悪い物を食べた所、実際に私も不調になったり、体重が増加したりしました。「なんて恐ろしいんだ!」と感じました。今まで、なんて無頓着だったんだろう?なんで?子供の頃から、教えてくれなかったんだろう?など、数々の疑問が湧きましたが・・周りの大人を見まわしても、知っている大人が少ないので、日本人いや、世界中でも知っている人が少ないんだろうと感じました。

とりあえず、この本の効果は、だんだんと信用できるものだと感じて。取り入れれる所はどんどん、試してみました。私は朝と昼に、「完全無欠コーヒー」を試すことにしました。夕食は食べたいだけ、食べました(笑)すると、どうでしょう?毎日、毎日体重が、0.5 kgづつ痩せていきます。(マジか?)言い忘れていましたが、その時には、運動は全くしなくなっていました。実際に食事だけで、どれだけ痩せるのか?効果がない運動へこれ以上、時間を賭けたくなかったのです。(個人談です)まったく、運動しなくても痩せる?不思議な体験で、自分自身が一番驚いていたのです。

 

ダイエット3か月後

「完全無欠コーヒー」を試し始めて、早くも3か月が、過ぎていました。気になる「体重」ですが・・なんと、マイナス10 kg !!運動も食事制限もしていません。自分的には大満足の結果です。夕食は自分の好きなものを食べましたが・・・マイナス10 kg!朝と昼食だけ「完全無欠コーヒー」に置き換えただけ!ホントに・・簡単!ジーパンや洋服が、入らなくなりました。嬉しい悲鳴です。ショップに出かけて、今までは手に取れなかったサイズの、ジーパンを買ってやりました。気になる職場の人の、反応ですが・・まったく「痩せた」ことに気づきません。あれ?おかしいなと思い、ベルトを触ったり、最近すこし痩せたんだと、さりげなくアピール!しかし、全然気づきません?仕方ないので、自分から痩せましたと切りだしました。すると、とうとう病気で痩せ始めたと思ったとか、全然気づかなかったなど・・・ホントにクソ野郎ですね(笑)こいつらはと、思いました。太ってる時は、気づくいて指摘するくせに。痩せても、気づきもしない。ホントにクソ野郎ですよ、こいつらは!もう一度いいたいです、ホント、クソ野郎です、こいつらは(笑)ま、結果的に痩せれたので・・いいことでしたが・・・周りの外野どもは、いい加減な野郎ばかりだなと・・この件で、つくづく思い知らされました。この件で周りの人の話を、真に受けては「駄目」だなと感じました。いい人生の勉強になりました。

 

スーパーサイズミー

スーパーサイヤ人じゃないですよ(笑)半信半疑で始めた、食べ物の取り方で、こんなに簡単に痩せれたので、食べ物のことをもっと、知りたい欲求が出てきました。利用されている方もいると思います、アイチューンズで「なにか面白い物ないかな」と探していると・・・ドキュメンタリーのカテゴリーに、1カ月食事を、マッ〇だけ食べるアメリカのドキュメンタリーを見つけました。なかなか面白そうだなと、ポチっとな!ダウンロードして、早速見ていきます。約300円~500円で見れますので、見てない方は面白いので見てください、おススメです。ここからネタバレですので、嫌な方は、次の章よりご覧ください。撮影当初は健康な、主人公が医師(心臓・胃腸・内科・管理栄養士)や専門家の、協力の元お腹が空いたら、マ〇クを注文して一ヵ月食べ続ける物です。もちろん朝昼晩。店員にサイズを聞かれたら、一番大きい「スーパーサイズ」を頼むというルールです。

もともと、ベジタリアンの主人公。彼女が毎食野菜中心のおいしそうなものを、作ってくれています。開始のころは、主人公もよろこんでいるんですが・・3日目には、胃の調子が悪くなり、9日目には、気分が悪くなり食べてもまた、すぐ食べたくなるという症状が。14日めには疲れやすくなり、すぐにねむるなどの症状がでて、彼女が「セックスのとき前ほど、激しくなくなった」と教えてくれます。チンコの勃起力にも影響が出てきます。18日目におこなわれた検診で、医師から病気と言われ、切実にやめる事を進められる主人公。21日目夜中に、息苦しさ動悸で起きる主人公、医師に相談すると「肝臓」にダメージが出ていてすぐに、この企画をやめなさいと言われています。また、食べて時間が経つと情緒不安定になり、食べると元気になるという現象が起き始めます。30日目見事に、やり遂げた主人公。最後の健康チェックに臨みます。その結果・・・体重がなんと約11 kg増加!立派な肥満体へ向かい始めます。その後、彼女の献身的な「野菜中心」の食事によって体重が戻りますが・・・この映画を見て、ファストフードは「早くて・味もいい」かもしれませんが・・・身体にはとても「悪い」んだなと、改めて食事の大切さを教えられました。野菜とらなきゃですね。

 

ダイエットが必要な肥満体国

「スーパーサイズミー」を見ていて、アメリカのファストフードの実情なども、盛り込まれていました。主人公がアメリカの有名人の、顔パネルを持って、幼児に「この人知ってる」というと、ほとんどの子がしらなかったのですが・・・最後に「マク〇ナルドのドナル〇」をだすのですが・・幼児みんなが答えてしまうんです、「なんでしってるの?」と思っていると。アメリカのマク〇ナルドには、幼児の遊ぶスペースが併設されていたり、店の中でピエロがパフォーマンスをしたり。そういった子供の頃からの、影響でファストフード店に足を運ぶ機会が増えていきます。またはCMなどの影響ですね。ベジタリアンの主人公が、「将来子供が出来たら、店の前でぶん殴る」と言ったのが印象的でした。子供の事を思っての事でしょうが・・・電話調査で、栄養士の人に何回ぐらいなら「ファストフード」に行ってもいいのか、調査しています。するとほとんどの、栄養士が「ほぼゼロ」がいいと回答しています。また、アメリカのファストフードのサイズは年々大型化して、それに合わせて「カロリー」も増えていきます。日本の方が見たら、びっくりするようなサイズです。また、学校給食にも簡易的な調理(電子レンジでチン)の物が多く、食品業界が力を持っているので、学校側がシフトしにくい状況なのも印象的でした。その中でも一般的に「問題児」と、呼ばれる子供を集めている、学校の取り組みが面白い物でした。その学校では、簡易的な調理は禁止し、全て手つくりで、ヘルシーな調理法にシフト。そして他の学校では当たり前だった、清涼飲料水をやめ「水」に切り替えました。するとどうでしょう、問題児だと言われていた生徒が、落ち着いて行動し、集中力もましたそうです(画面からもみんな、落ち着いているのが伝わります)またテレビから流される、数々のCMにも注意が必要です。専門家たちも、親が1千回子供を諭しても、CMはその10倍の1万回は目にする機会があると指摘しています。私はほとんどテレビを見ません(見たい動画はみますが・・)皆さんの大切なお子さん、かわいいお孫さんにも身にならない、CMの映像は控えさせた方が、いいのかもしれません。ファストフードには中毒性があるので、また食べたい、食べてもまた食べたいと負のループに陥る可能性があります。専門家も小さい子供のうちは、このような食べ物には、まだ免疫がないので中毒性を懸念していました。やはり周りの賢い大人の皆さんが、知識を教えてないといけないと感じました。

アメリカでは年々「医療費」が増加して、国を挙げての、問題になってきています。国の将来を担う「大切な子供」たちが、危険な食べ物に少しづつ、蝕まれている現実。日本だから「安全」という現実はもう、通用しないのだなと、つくづく感じました。

 

ダイエットIQ

痩せてから、会社内で自分が浮いている事に、気づきだす。自分の考えだったり、やり方だったり・・・痩せる前は、こんな事考えても自分で、気づかないように、していたんだろうけど。痩せてからは、考えることが多くなった気がする。人の色んな感情に、気づけるようになったのかな?そこからは、上司と意見のぶつかり合いなども起した。会議などは嫌いだったから、直接抗議などもした。だんだん、自分はここにいては駄目だなと感じるようになりだした。仕事が嫌いなわけではないが・・・自分が所属していた会社は、消耗戦をやっているように見え、先の戦略もない、武器も設備もない・・若手の育成にも、力を入れてる様子じゃない・・どうやって戦えと?不条理を嘆きながら、いやいや会社にぶら下がるのは「イヤ」だった。経験値的は、たくさん貯まっていたんだろうけど。辞めた。今まで慣れ親しんだ会社、あっさりと辞めた。社長に「いつでも戻ってくるんだよ。」と言われたが、こころの中で「もう、戻ってこないから、辞めるんだよ。」と、呟いた。あなたにはあなたの、私には私の事情があるんだ。誰だって、何か抱えて生きているんだ。自分の足で歩いて行くんだと思った。今朝見たニュース、景気がすこし回復!そんな内容だった。私は「どこが?」と思った。地方の現実は都会には届かないが、寂れゆく故郷・人を見ながら、こうして格差が生まれるんだなと。会社に残った人から見たら、変わったのは私だろう。毎日のルーティーンや、同じことや・反応しかしない「村人A」の様な人々。ホントに飽き飽きしていた。食べ物が変わって「IQ」が上がったのだろうか?そんな燻ぶっていた炎が、メラメラ燃え上がった。

ダイエットブログ

会社を辞めてから、ハンドメイド作家として活動している。会社にいるときに、約10 kgのダイエットに成功!家に「ひきこもって」作品を創っていくと、だんだんと、お腹に貫録が出てきました。辞める頃には64 kgぐらいあった、体重が67 kgへ。どうしたもんかな?と考えて。そうだ!ブログで発信してみようと考えた。実際にブログで「宣言」すると、やる事への決意が深まった気がします。11月上旬にスタートを切った、そして11月下旬に達成!ま~面白くない事・面白くない事。スムーズに痩せすぎて、八百長みたいだった。その時に使った方法も、先述した「完全無欠コーヒー」だった。「完全無欠」すぎる!痩せるのが「かんたん」なことになった、私の中でだが。途中痩せすぎた時は、朝から水を飲んだりもした(これは事実です)だって、痩せすぎたんだから、しょうがないよね。見てる人は面白くないだろうと思って、小細工しました(笑)

ラストの方は、なかなか体重が痩せずに苦労はしました。あと少しになると、早く達成したい心理になり、2日間、朝昼晩「完全無欠コーヒー」だけの生活にシフト・・すると、約3 kgのダイエットに成功?!宿便らしき黒い物体が出ました、身体的には断食に近い状態ですので、すこしふらついたりしました。達成した次の日、ご飯をたくさん食べたら、2 kg近く太りました(笑)何事もほどほどが、一番ですね。達成してからが、本当の勝負です。すぐにリバウンドしないように、したいものです。しかしブログ内の挑戦も、簡単に達成できたので、改めて「完全無欠コーヒー」の威力を感じています。これほど私にピッタリな方法はありません。運動しなくていいので(笑)まだ、お試しになっていない方はぜひ、挑戦してみてください。「かんたん」すぎてビックリしますよ。もう一度先述の、注意点を。ダイエット始めたばかりの頃は、M C Tオイルをおさじ1杯か、ココナッツオイルから、初めて様子を見てください。本の注意書きにも、書いてありますが下痢したり、嘔吐する事があります。まずは、少ない分量から初めてください。そして、休みの日などに多くして実験してください(もちろん、予定がない時です)

 

ダイエットと砂糖

いちばん大切な「食事」。私自身もダイエットを通じて、そのことに気づきました。自然と興味はそういった、食べモノの事が多くなります。またまたアイチューンズのドキュメンタリー映画より、「あまくない砂糖の話」という面白い作品を見ました。約2か月間スプーン40杯、毎日食事に取り入れるというルールです。医者・専門家と協力して実験開始です。またまた、ネタバレですが・・・実験開始前の食事のカロリーと、実験後のカロリーは、ほぼ同じだったり少ない時もあるのですが、低脂肪の健康食と呼ばれるものを、積極的に食べていきます。はじめのうちは、変化はないのですが、途中からは体重も増え、ウエスト周りも妊婦さんのようになっていきます。肝臓の周りには脂肪がたまり始め、いろいろな症状が出始めます。吐き気・頭痛・満腹になりにくいなどなど、見ていて、恐ろしくなるものばかりですが・・・主人公も「だんだんと慣れてくるのがわかる」と語っています。映画の中盤、主人公が取材を兼ねて「アメリカ」へ行きます。ハイウェイを車で走らせながら、レストランの看板を見つけますが・・すべてファストフードばかりです。主人公が「まともな食事がない」とつぶやいています。

見ていた私もこの場所に、生まれていたとしたら、その食事に何の疑問も持たないのだろうと感じました。アメリカの政府も、子供の食事にコカ・コーラではなくスムージを推奨していますが・・ティースプーン約34杯とコーラと同程度の砂糖が入っています。企業もこうした事実は知っているものの、医師や科学者に研究費を提供し、代わりに「企業寄りの研究結果」を国民に伝えるという事が起こっていました。それにより、国民は不健康で肥満体系になり、食事の知識も「嘘」を伝えられる結果になっています。それを知って、どの情報が正しいのか?一度自分で調べて、判断しなければと思い知らされました。全てを鵜呑みする事が、一番こわい考え方だなと感じました。自分なりの正しい情報元を、探さないといけません。これからも自ら情報を、求めて行きたいと思います。終わりに私のこれまでのダイエット記録を、まとめてみました。がむしゃらに頑張って、運動する姿は美しいのかもしれません・・でも当時の私には、効果がありませんでした。そこで出会った、食に関するダイエット本。タイトルが「シリコンバレー式自分を変える 最強の食事」です。沢山の「食」の情報が詰まった、良書です是非ご一読を!読んで実践していくことで、みるみる変わって行く、自分を発見できました。「今」まさに運動で効果を実感できない、あなたへ。

食材を手に入れる少しの「お金」があれば、理想の体型が手に入ります。運動もしなくていいのです(私はストレッチぐらいしかしません)ちょっとした知識ですが、実際に行動に移した私の活動が、あなたの背中を少しでも、後押しできればと思い本にしました。今はまだ、ぽっちゃりの方が「理想の体型を手に入れる」ことを、願っています。

Pocket
LINEで送る