デブは死ね!

最初から強烈なキャッチです。

しかし、この強烈なキャッチにも必ず意味があります。

まずは怒らずに読んでください。

太っている人間を不快に思ったことがある人間は実に97・4%です。

ていうことは日本では殆どの人がデブを嫌います。

嫌われたいですか?

97・4%の人間に不快に思われてあなたは快感ですか?

快感を感じる人なんていません。

周りの人に嫌がられてるのがわかっているなら家から出なければいいのです。

ですが、家から出ないやつなんて社会に必要ありません。

不適合者です。

生きていても意味がありません。

死人と変わりません。

そう。死ねと言われているのと一緒です。

冗談じゃない!

死んでたまるかよ!

痩せてやるんだよ!

こっちを見ろ!

私はこんなに美しいんだ!

努力してんだ!

お前等と違って我慢してんだ!

不快なのはこっちだ!

脂肪が悪いんだ!

これからどんどん痩せていくんだ!

ざまあ見ろ!

お前等が死ね!

あ~すっきりした。

さあ我慢しよう。

見返してやる。

 

健康に痩せようなんて思うな!

基本的にダイエットで流行するのは、

健康的に… とか

スリムに… とか

お肌も綺麗に… とかですよね?

しかし、あなたはそんなに欲張ってはいけません。

調子にのるなよ。

まだ痩せてもいないのに健康や美肌を手に入れられると思ってんのか?

高額ジムだってCMでは綺麗に見えてるけど全然健康的じゃないんですよ?

糖質を完全に摂取しない食事法や筋力を超短期間で急激にUPさせたり。

健康なんてはっきり言って二の次です。

彼らは見た目ばっかりにコミットしています。

それなのに30万円以上払わせて。結果、期間が過ぎればリバウンドです。

前例がないほどのリバウンド王です。

話がそれましたが、健康や美肌は痩せた後に考えろということです。

不健康万歳!

これからの文章内容をあなたは実践します。

イメージしてください。

よりイメージが強くできる人がよりはやく結果をだします。

あなたのイメージは強く、そして脳から身体に反映させる能力がズバ抜けています。

1.お腹が空いて、食べ物を前にしてもすぐには食べない

2.食べ物を前にしたら目をつむり、胃の中を想像する

想像した胃の中には、ドス黒くて無数の足がはえているベトベトした約25ミリの虫が、ギョロッと目を光らせ

てあなたの口から流れ落ちてくる食事を今か今かと待ち構えています。

しかもその虫は4匹もあなたの胃の中を徘徊してます。

その虫はあなたが飲み込んだ物を食べることでどんどん増殖していきます。

増殖したドス黒い虫は自らも大きくなっていきます。

だんだんあなたは具合が悪くなります。

気持ち悪くなります。

ドス黒い虫を増やす必要はありません。

食べたいと思う気持ちが抜けていきます。

とりあえず水をたくさん飲んで胃の中のドス黒い虫を眠らせましょう。

しかし眠ったからといって胃の中になにかがポトッと落ちてきたら、また目を醒まします。

あなたはドス黒いベトベトした虫を起こしてはいけません。

虫が目を醒まさない程度で食事はやめておきましょう。

食べないで捨ててもいいです。

残した食料の分だけあなたは太るのを回避できました。

次も食事も同じようにドス黒いベトベトした虫をイメージしてください。

体調が悪くなっても大丈夫です。

身体が痩せていくから体調も悪くなっていくのです。

体調回復は痩せてから考えてください。

 

甘いのばっかに群がってアリかよ!

チョコレート・クッキー・パンケーキ・ドーナツ・シュークリーム。

例をあげたらキリがありません。

世の中の甘いものは、なぜあなたを誘惑してくるのか?

糖分なんて敵です。

糖分は悪です。

糖分は死神です。

そんな悪に群がるのは真っ黒なアリです。

そう。

甘いものを食べている時のあなたは、アリとなにも変わりません。

でっかいアリ。

アリの顔を正面からアップで見たことありますか?

顔の半分くらいがくすんだ目。

もう半分くらいが閉じれない口。

口からはキバのようなアゴ。

甘いものを食べていると、あなたの顔もアリに近づいていきます。

目がくすんでいき、口が閉じなくなってきて、アゴがキバのように変化してきます。

他人から見たあなたは、アリと区別がつかないほど気持ち悪いです。

人間と同じ大きさのアリが、甘いものを手を使わずに食べているように見えています。

そんなアリが行列になり、さらに甘いものに群がっています。

あなたはその行列から抜けてください。

簡単に抜け出せます。

鏡を見て自分は人間なんだと確認すれば良いだけ。

 

痩せる近道

痩せるのに近道があるのを知っていますか?

『痩せるのに近道なんてあるわけないでしょ!』

ほとんどの方がそう思うでしょう。

しかし、あるんです。

ホントです。

ではなにが近道なのか?

それは『イメージ』です。

それだけ?

と思うでしょうが、これはまぎれもない事実です。

イメージが身体に影響を及ぼすのは化学的にも認められてます。

アスリートがよく行う、イメージトレーニングがまさにそれです。

イメージトレーニングができないアスリートは良い成績は残せません。

そしてイメージが脳から身体に伝達しているのは、想像している状況や景色だけではありません。

細胞の働き方も伝達しています。

では、痩せるためにはどのようなイメージをすれば良いのでしょうか?

「痩せたい!」と強く思ってたって、どうして良いか身体は分かってくれません。

まず、痩せるとは?

余分な脂肪を燃焼させることです。

あなたの余分な脂肪はどこにこびりついていますか?

下っ腹ですか?

太ももですか?

顔ですか?

身体中のどこにでもこびりついてきますよね?

下っ腹のいらない脂肪をにらみつけて!

怒りの気持ちをたくさん込めて!

脂肪が熱くなるイメージ!

怒って怒って熱くなる!

こいつは自分の脂肪じゃない!

勝手に付着してきた害虫だ!

害虫をつまみ出せ!

踏みつけてつぶしてしまえ!

踏みつぶした害虫からなんか出て来た!

気持ち悪い!

オエッ!

こいつが脂肪だ!

やった!

余分な害虫を少し減らせたよ!

この調子でもっともっと駆除していこう!

ここまでを1回でスムーズにイメージできた人は、他の人と同じメニューでトレーニングをしてもまったく違うス

ピードで痩せていきます。

各駅停車と特急くらいの違いが目に見えて分かります。

脂肪害虫を駆除するイメージが難しい人は、この記事を何度もお読みください。

まずは身体に付着している脂肪を脳が嫌がるように向けてあげることです。

脳が脂肪を必要無いと判断できれば一気に排除に向かいます。

これが一番の近道です。

 

ニガ虫を食べろ!

前回、痩せる近道でお話したイメージの大切さは理解できましたか?

もしまだイメージできていない方は、もう一度だけ前回の章をお読み下さい。

この章は前章でイメージできた脳からの伝達を更に強化していく内容です。

身体に付着している脂肪を脳が必要無いと判断できたら、次はその必要無い脂肪を増やさないように脳

に教えてあげましょう。

どうすれば一番早く脳に分からせるか?

脂肪になりやすい食事に対して悪いイメージを脳に教え込みます。

人間の身体に必要の無いもの。

人工的に作られた添加物、スーパーに売られている肉や野菜もウラでは薬品に漬け放題です。

薬品を舐めたことがありますか?

ニガイ。

マズイ。

クサイ。

身体に非常に身体に悪いです。

保存期間をのばすためにはしょうがないことかもしれません。

実は国産牛肉と標示されている商品でも、安く取引されている国の牛肉に、和牛の脂だけを数百本の

針で注入している物まで存在しています。

はっきり言ってもう全て安心できません。

しかし、そんな物でも食べていかなくては死んでしまいます。

我慢して我慢して食べましょう。

食べるたびに身体に悪い物質が流れ込んでいきます。

しょうがない。

ニガ虫を食べるつもりで我慢して食べましょう。

ただムリなときは残して下さい。

いや、残してください。

薬品は火で加熱しても消えません。

身体にどんどん入り込んでいきます。

食べるのは苦痛です。

食べるたびに身体はむしばまれていきます。

だったら食べないほうがまだいいです。

 

デブは電車で座れない

そろそろあなたの身体に付着している脂肪を害虫のようにイメージすることができているころだと思います。

何度も伝えますが、あなたの身体に付着している脂肪は…

害虫です。

汚いです。

ベトベトしています。

そんな害虫を排除するイメージ。

必要無い。

燃やす。

排除する。

これまでの内容をきちんとイメージできていれば、もう準備は万端です。

脳と身体が勝手に痩せようと頑張ってくれます。

この章以降の内容は、自然に脂肪排除イメージができる暗示プラス応用編に突入していきます。

電車に乗っていると、たまに隣に座るんですよね。

デブが。

自分の座っている隣が空いてる時に遠くからデブが近づいてきたら、

こっちくるんじゃね~!っていつも心の中で思います。

そんな風に思われてるって、デブは気付いてないんですよね。

そう思われるって想像できる人は、そもそも太ってないと思います。

あなたも油断してると、どこで誰になんて思われてるか分かったもんじゃありませんよ?

だからまずはそう思われないように、あなたの下っ腹や太ももに向かってくる脂肪に言ってやりましょう。

こっちくるんじゃね~よ!

害虫どもが!

負けねえぞ!

 

よくそんなにうるさく歩けるな

ドッシン! ドッシン! ドッシン!

自分では気付いてないと思いますが、あなたの足音… うるさいです。

なんでか分かりますか?

実は重いからではありません。

しかし、重いのも事実です。

太っている人間の共通点がいくつかあります。

今日はその1つを教えますね。

重心です。

知らず知らずのうちに、かかと重心になっていませんか?

現在痩せている人でもかかとに重心がかかっていると、みるみる脂肪が付いてきます。

なぜでしょう?

それは自然と身体が休んでいるからです。

あなたは立っている状態で、つま先に重心をかけている時と、かかとに重心をかけている時はどっちが楽ですか?

100人中、99人はかかと重心のほうが楽だと感じます。

残りの1人はただのひねくれ者かアスリート筋の持ち主です。

太ももとお尻の脂肪を害虫とイメージし、つま先に重心を変えることで下半身はどんどん痩せていきます。

今日からつま先に重心を変えなさい。

常にかかとを数ミリ浮かせなさい。

かかとが柔らかくなるまで続けなさい。

絶対行動しなさい。

見られてないからといってやめてはダメです。

 

口が閉じてないじゃん

いるいる。

口が閉じてないヤツ。

しかも8割がデブ。

デブだから口が閉じないのか?

口が閉じないからデブなのか?

正解は両方です。

アゴやクビが太ると気管が細くなり、吸い込む空気の量が減ります。

ですから1回での吸い込む量を増やすために、口で呼吸する手段をとってしまいます。

又、もともと口で呼吸している人は、二重顎になり、顔がたるみます。

口で呼吸していると、

歯が前にでてきます。

舌がしまえなくなります。

寝ている時にいびきをかきます。

良いことなんて1つもありません。

さらに、肌荒れや免疫力の低下にも繋がります。

それよりまず、見た目が気持ち悪いですよね?

もしあなたが普段、口呼吸をしているなら即刻やめてください。

しかし、どうすれば鼻呼吸に出来るか分からないという方に教えます。

夜寝るときにマスクをして寝て下さい。

それだけです。

何日も続けてマスクで寝て下さい。

鼻呼吸を意識してマスクをして寝て下さい

鼻呼吸で生活できるようになると、集中力が増し、イメージする力も大幅にアップします。

ということは、より痩せる速度が速くなるということですね。

 

自分を普通の人間だと思うなよ!

題名で落ち込んだ人はいますか?

落ち込んだあなたは「正解」です。

そう。あなたは普通の人間じゃないです。

太ってます。周りから嫌がられてます。

周りの人はあなたの悪口ばっかり陰で言ってます。

あなたの身体からはすっぱい臭いがします。

あなたの見た目は気持ち悪いです。

今までに経験した、1番嫌な思い出を思い出して下さい。1番嫌いな人を思い浮かべてください。1番好きな人に嫌われてる自分を想像してください。

とことんネガティブになることで、空腹がまぎれます。

少しだけのネガティブでは足りません。

何かを口に入れてストレス解消できるようでは、本当のネガティブではありません。

本当にネガティブになれれば、空腹を感じなくなります。

これもイメージによる『チカラ』があなたの脳から身体に信号を送り、今は食べてる場合ではないと発信してくれます。

ネガティブなイメージができるあなたはすぐに痩せます。

ネガティブになりすぎても自殺はしてはいけませんよ。

寸前でやめましょう。

 

デブの人生真っ暗

デブはすぐひがむ。

デブはすぐ逃げる。

デブは異性に相手にされない。

痩せ始めると脳の「働きが活発になる」「やる気がでる」「ちょっと運動したくらいじゃ疲れない」

どう考えても痩せてるほうが良いに決まってるでしょう?

じゃあなんで太ってんの?

バカじゃないの?

どうせ人のせいにしてんでしょ?

自分が幼いときに親にたくさん食べさせられたとか、職場の先輩が自分にストレスを与えるからなどの内容を理由で、ストレスから逃れるためにしょうがなく食べた。とか。

上手だよね。言い訳。

デブの共通点は言い訳がホントに上手。よくそんな言い訳思いつくね。

言い訳ばっかりしてるとどんなことでも良い結果にはならないでしょ?

そのままの人生で終わってもいいの?

痩せてる人はもっと輝いてるよ?

つべこべ言わずに痩せなさい!

この記事を毎日必ず読んでれば絶対に痩せるんだから!

 

痩せるか死ぬか選べ!

脂肪=死亡

本気で痩せたかったら死ぬ気で取り組みなさい。

体重を自主的に変化させるんだから、簡単じゃないのは分かるでしょ?

生きるか死ぬかくらいの気持ちで考えなきゃそりゃ痩せないよ。

この記事を購読している人で、全然結果がでてない人は気持ちが足りてない証拠です。

何度も伝えていますが、イメージの強さです。

言い訳は聞きません。本の内容にチカラがないのではありません。

死ぬ気でイメージしてますか?ほんとに痩せる気がありますか?

この記事の内容に苦情を言う人もいます。そんな人はきっと本気なんでしょう。

本気で痩せたいから苦情という感情でぶつかってきてくれてるんだと思います。

それどころか、まだ最初の何章しか読んでもいないのに、

「この記事のおかげで2・4キロ痩せました」

「イメージだけでホントに痩せると思いませんでした」

「ネガティブになりすぎるのはちょっと怖いけど、食欲が減りました」など。

結果が出たという意見をホントに多くいただきます。

実際に痩せるんです。

やる気とイメージがあれば絶対に痩せます。

それとも高額なジムに通いますか?

高額ではないけれども近所のジムに通いますか?

そっち側に行きたければどうぞ行ってください。

この記事は読むだけです。

しかもジムに比べたら激安です。

激安だから適当にもできます。

後から一気に読めばいいや。忙しいから今度読もう。と考えている方は、そもそも何をしても続きません。

痩せるなんてもってのほかです。

死ぬ気で痩せなさい。

死ぬ気でイメージしなさい。

死ぬ気で脂肪を取り除きなさい。

分かりましたか?

分かったら実行しなさい。

 

それ毒だよ?

なにげなく食べているもの、毒です。

中国の食品事情はひどいですよね?そう思いませんか?

ダンボールを味付けして食べさせたり。

死んだブタに油を注射して売ったり。

例を挙げるとキリがありません。

ところが中国だけではありません。

ここでは明らかにできませんが、日本の食品事情もかなりひどいです。

日本の店頭に並んでいる食品には、販売者の記載は義務付けられてますが、製造国や製造場所は記載する決まりはありません。

これってどういうことか分かりますか?

一見、販売者の名前が日本でも製造は中国にやらせている可能性があるってことです。

原産国表記に至っては最終的に入れた材料の原産地が表記してあるだけです。

簡単に言うと9割中国で作って、最後に日本の材料を混ぜただけで原産地を日本としてもいいのです。

結局なにも信じられないってことです。

じゃあ何を食べればいいの?と疑問に思うことでしょう。

何を食べればいいか?じゃなくて、今食べてる物の全てが中国産のひどい食材なんだと思ってください。

これは逃げることができない事実です。

中国産で食欲がわきますか?

今食べてるお肉は死んでしばらくしてから注射器で油を注入されて出荷してます。

そんな事を考えながら食事をしていれば、自然と食欲を制限できます。

ちなみにここで書いた内容はウソではありませんからね。

 

デブは転がる

どこまで丸くなるんだ~

どこまで落ちていくんだ~

登ってこれるのか~

一度太りだすと

どんどんどんどん太っていきます。

雪だるまを作るときのようにどんどん太り、ブレーキがかけられません。

デブのブレーキはほとんどきかないので、思い切り踏んでもなかなか止まりません。

猪突猛進です。

ではどおする?

「太らなければいい」

それは分かってる。

じゃあもうすでに太ってる人は?

強力なブレーキを作ってください。半端なブレーキでは止まりません。

それこそ雪だるまどころか、新幹線でもピタッと止めてしまうブレーキです。

太っていくのを止めることのできるブレーキは1つしかありません。

『意志』です。

強い『意志』です。

意志だけが強ければどんな物でも止めてしまうブレーキが作れます。

簡単なことです。考えるだけです。

改めて言いますが、この記事を読んでいてくれているあなたならもう自然に意志の力は付いています。

安心してください。ちゃんと読んでないという方は、これからは1文字も逃さずに読んで下さい。

また最初から読み直すのも効果ありです。

 

必殺泣き言!

デブには共通点があります。その1つが泣き言です。デブは泣き言が非常に多いです。

太っていると行動力が無くなります。デブは呼吸をするだけでエネルギーを消費します。

したがって、他でエネルギーを使いたくないと脳が判断するのです。

その結果、行動を回避するような言動が口から発せられるのです。

あなたは泣き言ばっかり言ってる人は好きでしょうか?

それより向上心を持ってバリバリ動いてる人の方が好きですよね?

正直、泣き言ばっかり言ってるヤツはめんどくさいです。

しかし、泣き言ばっかり言ってるデブは本当はかわいそうなんですよ?脳が勝手にそう言わせてるんですから。

もし自分が泣き言を少しでも言い出したらやめてください。

今言おうとした泣き言を飲み込んで下さい。

飲み込むクセがついたら、あなたは向上心・行動力のかたまりです。

それだけで痩せます。

泣き言を一切言わないだけで痩せるなんてお得ですよね。

でもこれは事実ですので。

 

脳に痩せる習慣を埋め込む方法

【毎日必読エクササイズ】

◎呼吸で痩せる〈実行してください〉

1.吸う時はそのままです。

2.吐く時に少しだけお腹に力を入れましょう。

3.吐き終えたら3秒待ってから吸いましょう。

◎視線で痩せる〈イメージしてください〉

1.いつも周りの人に見られています。

2.周りの人はあなたの裸を想像しています。

3.存分に想像させてあげてください。

◎生活で痩せる〈上記2つを応用してください〉

1.呼吸の際はお腹の脂肪が燃焼していることをイメージしてください。

2.恥をかきたくないと感じることで脳が勝手に理想体型へと導いてくれます。

3.自分が痩せる事を決して疑わないでください。

Pocket
LINEで送る