リラックス&リズムでらくらくカロリー消費

こんなに楽な運動で効果があるの?

ロニジョギングの基本は、「意識して全身の力を抜いて、楽にゆっくり走る」ということです。 現代人は筋肉や関節をうまく使えず、ロボットのようにガチガチ。極端な話、走っている時は肩と股関節 と膝だけしか使ってない感じです。

りきんで走ると見た目にも悪いし、ケガもしやすく疲れやすくなります。 知っていますか? 筋肉の数は約300種類、650くらい。骨は206本、関節は200カ所以上もあるんです よ。一流ランナーは、全身をリラックスさせて柔らかく走ります。全身の筋肉を多く動員して、効率よく走っ ているのですね。

リラックスすれば、全身の筋肉を使えるので楽に走れます。 同じ運動強度(体感)で比較すれば、全身の筋肉を使えれば、カロリー消費もしやすく、脂肪燃焼効 率も高いと考えられます。

力を抜くポイントは、肩甲骨まわり、腰腹部、太ももです。そうすると曲線的に体が使えるようになりま す。

あと、重要なのが顔から首にかけてです。眉間や首にシワを寄せず、顔の力を抜いて幸せそうな顔で走 ると、全身の力が抜けやすくなりますし、美顔にもいいですね。

つまり、ロニジョギングの第一のポイントであるR=リラックス(Relax)が大切です。

一定のリズムには、心を安定させたり、気分を高揚させる効果があるようです。音楽やダンスは、典型的 な例です。

赤ちゃんは、お母さんの心臓の音を聴かせると落ち着きます。メジャーリーガーは、ガムやひまわりナッツを噛んでリラックスさせています。編み物や包装用エアキャップのプチプチで落ち着く人もいるでしょう。

お坊さんが打つ木魚や読経、聖歌やゴスペルを歌うことは、宗教的に深い瞑想に入るためともいわれま す。

ですから、一定のリズムを刻むジョギング運動も、心を安定させたり気分を高揚させる効果があるので す。

また、リズムよく走ることで運動が楽になります。昔の農民は歌を歌いながらリズムよく作業をすることで、 長時間労働作業のつらさを軽減していました。適度な一定のリズムによって、脳からセロトニンという神経 伝達物質が分泌されます。セロトニン神経系の機能が低下すると、不安や鬱屈した気持ちが強くなり、 イライラして怒りの感情が大きくなることが知られています。

無理のない一定リズムの走りと、ゆったり呼吸リズムのロニジョギングは、ストレス解消にも最適なのです。

ウォーキングやジョギングは、リズム運動としては最適ですが、経験上ウォーキングよりもジョギングのほう が、ストレス解消にはいいと考えています。ランナーズハイは聞いたことがありますが、ウォーキングハイは聞 いたことがないですよね。

科学的な根拠については今後の研究に期待しますが、走りのピッチは、気分が良くなるテンポとシンクロ しているのではないかと考えます。貧乏ゆすりだと早すぎてイライラするテンポ。それより遅めで、気分が高 揚し音楽のリズムとシンクロするテンポのジョギングは、高揚感&爽快感をもたらしてくれます。逆にウォーキ ングだとハイな感覚より遅すぎる感じですね。

早すぎず遅すぎず、気分がスッキリ爽快になるロニジョギングぐらいのピッチ走法は、ストレス解消に最適 なテンポなのです。

これが、ロニジョギングのポイントであるもう一つのR=リズム(Rhythm)です。

 

美しく走るには?

美しく、カッコよく走るポイントは体軸です。

モデルのウォーキング指導をテレビで見たことがありますか? 頭頂をヒモで上へ吊り上げるようにして、首 や背骨を伸ばす感じにします。全身の力を抜いてリラックスさせつつ、首から背骨まわりに付いている小さ な筋肉群(インナーマッスル)を使って、スーッと引き上げるのです。脱力しつつ背筋を伸ばすのは、いちばん 難しく感じるところです。

この、リラックス&軸が同時にできると、モデルさんのウォーキングみたいに、ジョギング姿が、美しく優雅 に、華麗に見えます。さらに、リラックス&軸は、全身の筋肉をまんべんなく効率的に使えるようになるの で、肩や膝、腰などの負担が分散して疲れにくく、筋肉を効率良く使えるようになるので、楽に走れます。 ムダな動きがなくなって、神経系の働きも効率良くなるため、動作の改善だけでなく、頭も聡明になること でしょう。

スポーツ選手、芸能人、ビジネスマンなど、「カッコイイ人」「美しい人」「できる人」は、姿勢がいいですよ ね。

リラックス&軸姿勢に慣れるまで、鏡を見て練習しましょう。

それでは、実際に鏡の前で軸を意識化してみましょう。全身の力を抜いてください。力を抜くには、陸上 選手、水泳選手が競技前によくやるように、腕や脚をふるわせたり、腰や肩をまわすといいでしょう。

頭頂(百会のつぼ)についたヒモが上空へ引き上げられているように意識します。あやつり人形 が、上からヒモで吊られているイメージです。

それから、全身の筋肉を、重力にゆだねて、だら~っと脱力していきます。ただし、背中は丸めずに肩甲 骨を寄せて、胸を自然に開くようにしてください。また、下半身が緊張しないように、ヒザはロックせずに、ほ んの少しゆるめてください。

次に、脱力しながら「天空~頭頂~背骨~くるぶしとくるぶしの間~地球の中心」を通る細い“光の 棒”をイメージします。その“光の棒”が軸のイメージです。

力を抜けば抜くほど、微妙に体が揺れてくるのはOKです。ふにゃふにゃの『やじろべえ』がバランスをとって いるイメージで、気持ちよくゆらぎながら光の軸を意識化しましょう。これが、リラックス&軸です。

そして、ジョギングへとつなげていきます。

その光の棒を、少し前へ倒します。つまり、体を前傾させます。少しだけ前へ倒せばウォーキング。さらに 倒せばジョギング。もっと倒せばランニングになります。

今までのジョギングのように脚の筋肉を使って前へ進むのではなく、全身を重力に任せて前傾させ、体が つんのめらないために反射的にスッスッと自然に脚が交互に出るという感覚です。何度か試して、力を極 力使わないこの走法を体感してください。

リラックスすればするほど、軸を作れば作るほど、優雅に華麗に走れるはずです。

 

太ももが細くなり、ヒップアップさせる走り方とは?

「走ると脚が太くなるのでは?」と気にされる方は多いと思います。 ですが、マラソンランナーの脚は本当に太いでしょうか? 有名な選手で脚の太い人は、なかなか思い浮 かばないのでは? トップランナーの脚もテレビで見るより実際はさらに細いはずです。

正しい走り方をすれば、決して太くはなりません。太くなってしまった場合は、正しい走り方をしていないた めと考えられます。

太ももの太い方は、体より前の方に着地していたり、軸がなく腰が沈み、膝が曲がって着地しているので はないでしょうか。

走行中は当然、足が体軸より前に出ますが、着地はできるだけ体の真下になるようにします。ヒザは、 ほんの少しだけ曲げた状態で着地します(ヒザを伸ばしきって着地しないように)。そして、太ももの裏側と お尻の筋肉を使って前に進みます。

太ももの裏とお尻の使い方は、少しわかりにくいかもしれません。 仰向けになって膝を少しだけ曲げた状態で、かかとを支点にして腰を浮かしてみましょう。太ももの裏側 とお尻がキュッとしますよね。この筋肉を使うのです。

体が沈まないようにすることで、太ももの前の太い筋肉が使われなくなって細くなります。足の接地を体の真下にして、太ももの裏の細い筋肉とお尻の筋肉を使って、ほうきで地面を掃くように、脚を後ろへ放つように走るとヒップアップしていきます。

この脚の裏側とお尻を使った走りで、海外モデルのような魅力的なスッキリとした脚と、キュッと上がったプ リプリなお尻が形作られるのです。

 

疲れや倦怠感、肩こりもとれる!

ロニジョギングは、開発当初は「マッサージランニング」と呼んでいました。なぜなら、固まった筋肉をマッサ ージするように動かしながらほぐすからです。

ほぐす感覚のコツさえつかめば、マッサージと同等以上の効果が見込めます。その理由は、1体のリラッ クス感をマスターできるので筋緊張がなくなる、2筋バランス改善や姿勢矯正できる、3体重が減り負担 がなくなる、4酸素が豊富で新鮮な血液が全身をめぐる、5心理的ストレスが減るので筋緊張がとれ る、などです。つまり、対処療法的でなく、根本的に体が張りにくくなる、コリにくくなるということです。そして なによりお金がかからないですね。

さて、走法です。体をくねらせて歩く競歩の選手をイメージしてください。イラストのように左肩と右肩を結 んだ線、腰の左右のでっぱりを結んだ線が交互に∞文字を描くように立体的にくねらせ、全身の筋肉を柔 らかくマッサージするように走ります。特に、体の裏側を意識して、背中からお尻全体をマッサージするよう にほぐしながら走ると効果的です。

ただし、競歩のように極端に動かすと見た目がカッコ悪いので、外から見て違和感のない、ちょっとセクシ ーな感じになるように精妙に行ってください。難しいのは、肩の∞と腰の∞を相互にくねらせるタイミングです。 自然な動作になるように意識しましょう。

「∞くねくね走法」がマスターできれば、全身の筋肉がほぐれて、肩こりや腰痛の改善・防止が期待できる だけでなく、柔らかな動きなので、女性らしい魅力的な仕草が身につくというメリットもあります。

ロニジョギングに疲労回復の効果があるのはなぜなのか──その理由としては、軽い「∞くねくね走法」によ る血行促進が挙げられますが、それ以外にも2つの要因が考えられます。

1つは、ミルキング(乳しぼり)アクションです。 歩いたり走ったりすると、ふくらはぎの筋肉が「ギュッ」収縮します。そうすると、下半身にたまっていた血液 やリンパ液が乳しぼりのように汲み上げられ、全身の血行が促進されます。下半身のむくみも解消されま す。

もう1つは胸腔内陰圧といわれるものです。次項で紹介しますが、ロニジョギングは呼吸を意図的に促進させます。すると、肺で空気が通常以上に

膨らみます。その膨らんだ圧力で血液が押し出されて、血流がよくなるという現象です。さまざまな呼吸法を行うと血行がよくなって体が温かくなるのは、呼吸筋の使用と胸腔内陰圧のためと考え られます。

これら3つの相乗効果で、ただ横になって回復を待つ休養だけでは得られない「疲労回復&血行促進 &代謝促進効果」が期待できるのがロニジョギングなのです。

 

カロリー消費を促す走り方は?

前述の「∞くねくね走法」も多くの筋肉を動員するので、カロリー消費を促す走り方になります。 さらに付け加えますと、おへそから股が割れるイメージの走法です。このイメージでおへそを支点にお尻と 太腿裏の筋肉で、脚を後ろに蹴りだすイメージで走ります。これで、腹筋・背筋とお尻と太ももの裏側の 筋肉をより多く使うことができるので、消費カロリー増が期待できます。この「へそ割れ走法」で、たるんだお 尻も解消し、ヒップアップも、お腹の引き締めも期待できますね。

さらに、肩甲骨を交互に寄せるように意識して走ると、背中の筋肉をより多く使うことができます。首から肩甲骨まわりには、脂肪を分解して発熱する作用のある褐色脂肪細胞が密集しています。肩関節だけでなく肩甲骨も含めた全体で動かすことで、褐色脂肪細胞まわりの細胞をほぐし、血行が促進されるの でカロリー消費がさらに促進されることでしょう。

この「肩甲骨寄せ走法」では、肩コリや背中の張りの解消効果も期待できます。

 

体脂肪が燃える呼吸法

リラックス度を倍増させる呼吸法とは?

一般的なランニングの呼吸法は、スッスッ、ハッハァーといった感じで、勢いよく口から吸って口から吐くやり 方です。ロニジョギングは強度が低いので、ゆっくり深く鼻で吸い、ゆっくり長く鼻で吐くことができます。つま り、深呼吸しながら鼻呼吸するのが基本となります。ただし、鼻だけできつい場合は、口から吐いてもかま いません。

ポイントは2点。1ジョギングで自然に行う呼吸より多めに空気を吸って、多めに吐き出すこと。2気持 いいと思いながら呼吸すること、です。胸だけでなく、お腹までしっかりと新鮮な酸素を取り入れて、息を吐 くときは「気持ちいい~」って心で唱えながら、気持よさを《全身で感じて》脱力呼気します。

 

「ロニ呼吸」で脂肪燃焼促進!

通常、肺は20%程度しか使われていません。獲物を襲う、敵から逃げるときなどの緊急時用に予備が あるということです。現代では運動するなどして呼吸が荒くなると、残りの部分が使われるのがよくわかりま す。

しかし、何かに集中しているときや、ストレスを感じたりしているときはどうでしょうか。浅い呼吸だったたり、 ほとんど止まっているような状態になりませんか?

現代の生活では、浅い呼吸になりがちです。短時間ならまだしも、長時間続くと頭がぼやけたり、疲労 がたまりやすくなって活動力が低下します。その結果、体脂肪が燃焼されにくく、冷え性や肥満傾向にな ると考えられます。

なぜなら、酸素は、思考活動、代謝活動で必ず使われるからです。バーベキューで火をおこすとき、うち わで空気を送りますよね。それは、火が燃えるのには酸素が必要だからです。体の代謝も同様で、酸素 がないと脂肪などのエネルギーは使われないのです。運動で息が上がるのは、体を動かす燃料を燃やして 筋肉をもっと動かそうと酸素をいっぱい送り込む生理現象なのです。

ロニジョギングは、火起こしで使う「うちわ」と同様の役割をします。ジョギングしながら意図的に呼吸を深 くして酸素を多めに取り入れることで、血中酸素濃度を高め、脂肪燃焼を促進させる画期的なメソッドな のです。

脳の重さをご存じですか。成人では1キログラム強の重さで、体重の約2%です。ところが、脳の酸素消 費量は全身の酸素消費量の20%、ブドウ糖(脳の唯一のエネルギー源)の消費量はなんと25%です。脳 が必要とする栄養や酸素は、他の臓器や筋肉と比べるとかなり高いといえるでしょう。

ロニジョギングは、後半で触れますが、運動だけでなく思考やイメージで脳を激しく使います。つまり、酸 素をドンドン取り入れ、脳も使うことで糖分もしっかり燃焼して、消費カロリーをさらに増やしてくれるわけで す。特に「ごはんや甘いもの」が好きな方は、深呼吸で酸素がたっぷりと溶け込んだ血液を大量に脳へ送 り込み、思考やイメージを利用して糖質で摂ったカロリーを脳でも活発に消費させましょう。

***ロニ呼吸の効果とは?

ロニジョギングの呼吸法には、「ターボエンジン」と似たような効果が期待できます。 ターボエンジンには、2つの風車のようなものを組み合わせたタービンがあって、排気ガスの力で一方の風 車を回し、その力でもう一方の風車が空気を圧縮してエンジンに送り込みます。

空気が圧縮されることで、燃焼室内には実際の排気量以上の空気が送り込まれ、その結果ガソリンの燃焼効率が高まり、より強いパワーを生み出すことができるのです。 ロニジョギングの呼吸法も同様で、エンジンは筋肉や脳、ガソリンは筋中グリコーゲンや体脂肪、オイルは 血行、と置き換えるとわかりやすいと思います。

より多くの筋肉や脳を使い、酸素を意図的呼吸法でドンドン送り込み、全身の血行が促進された状態 のロニジョギングは、まさに燃焼効率の高いターボエンジン搭載車なのです。バンバン大量に体脂肪ガソリ ンを燃やしてくれます。ある意味、燃費がよすぎて困ってしまう、少量筋肉による代謝低下からの冷え性 &肥満ボディとは燃焼レベルが違うのです。

 

内臓脂肪を燃やす呼吸法とは?

最後に、内臓脂肪を燃焼させる「お腹凸凹呼吸法」です。 この呼吸法に関しては、息を吐くときは口で行います。息を鼻から深く吸い込み、口をすぼませ『フッフッ フッ・・・』とできるだけ息を吐いていき、お腹がぺしゃんこになるイメージでお腹を凹ませていきます。もうこれ 以上、吐くことができなくなるまで続けます。そして、息を鼻からたっぷりと吸い込みお腹へ空気を送ります。

「お腹凸凹呼吸」をする際は、主に横隔膜と呼ばれる胸とお腹の境目にある呼吸筋を使います。目的 の一つは、この横隔膜の筋肉を鍛えて強くし、呼吸しやすくすることです。日常の呼吸も楽にできるように なるでしょう。さらに、お腹を凸凹させて内臓脂肪周辺をマッサージすることで、血行をよくして、温め、ほぐ して燃焼しやすくする効果もあります。

内臓脂肪の方が皮下脂肪より代謝が活発なので、ロニジョギングをすると内臓脂肪から優先的に燃焼 します。つまり、ウエストが引き締まります。

内臓脂肪を減らすことは、お腹がヘコむだけでなく成人病にもいいので、肥満の方は、特に運動のはじめ に積極的に「お腹凸凹呼吸法」をするようにしてください。

注意点は、お腹をヘコませることに集中してしまい、体が低酸素になりやすい傾向になること。これではロ ニジョギングの意味がないので、低酸素状態になったと自覚したら、走行ペースを落として、より多めに「ロ ニジョギング的深呼吸」をするようにしましょう。

 

ダイエット効果を高めるサプリ利用法

朝のジョギングには水分補給を忘れずに

この本でご紹介するのはダイエットに特化したロニジョギングですので、通常のロニジョギングの栄養摂取 方法とは若干違います。

まずはロニジョギング前の食事ですが、食後5~6時間以上経過した空腹状態で行います。空腹状態 ですから血糖値が下がり、すぐに燃やせるものがなく、体に蓄えられた体脂肪などが燃焼しやすくなるので す。ボクサーが朝、何も食べずにロードワークをするのは、減量の体験上、最も効率がいいのがわかってい るからです(朝に運動すると、全日で代謝が上がるという理由もあります)。

ただし、朝は注意が必要です。体内の水分が汗でコップ1杯分程度(夏は2杯)失われているのです。 走る前はたっぷりの水分を摂ってから走るようにしてください。水分は、代謝を促進する働きがありますし、 脱水で血液がドロドロになるのを防ぎ、貧血防止にもなります。サラサラ血液なら全身に酸素も行きわた りやすいですしね(酸素は血中の赤血球が運搬します)。

しかし、運動や思考ができないほど空腹状態ですと意味がありません。その際は、ひとかけらのチョコレー トを食べるか、カロリーのあるスポーツドリンクを少量飲むといいでしょう。

 

脂肪を燃やすサプリメント

最近は、脂肪燃焼を促進するサプリメントが多く発売されていますが、まずは5大栄養素(炭水化物、 たんぱく質、脂肪、ビタミン、ミネラル)のしっかりと入った食事をバランスよく適量を摂ることが最優先です。

また、ダイエットのために食事を減らすと、たんぱく質、ビタミン、ミネラルが不足しがちになるので注意しま しょう。特にビタミンBは、脂肪や糖質を燃やす際に必要なビタミンなので重要です。疲れたときに飲むビタ ミン剤には必ずビタミンBが入っているので、不足感がある方はビタミンサプリの事前摂取が脂肪燃焼に役 立つかもしれません。

ほかには、トクホ(特定保健用食品)のお茶などに含まれるカテキンも、脂肪燃焼に役立つと言われて います。また、お茶にはカフェインが入っており、カフェインでも脂肪燃焼効果が期待できますが、カフェイン の利尿作用の影響で脱水状態になりがちなので、水代わりとしては考えないように注意しましょう。

あと、代謝を高めるために、運動する30分前に摂取するものとしてオススメなのは、アミノ酸、とうがらし、 しょうが、クエン酸、L―カルニチン、αリポ酸、CoQ10などです。それぞれネットなどで調べて、自分に合うサ プリメントを選択してください。

濃いめのコーヒーにもカフェインが多く、高い脂肪燃焼効果が期待できますが、やはり利尿作用があるた め脱水に注意が必要です。

ただ、ダイエットサプリメントのなかには、流行りの酵素やリコピン等「運動⇔脂肪燃焼」には直接の効果 がないものもあります。ダイエットサプリコーナーにある便秘を改善するものや、栄養素の吸収を阻害するサ プリメントも同様です。紙面の都合で詳細には記載できませんが、不明な点は、ネットで調べるか、ドラッ グストア等の薬剤師や栄養士、登録販売士にたずねるといいでしょう。

 

若さを保つ栄養補給とは?

運動前のサプリメント利用とは関係がないのですが、「若さを保つ」ために必要なこととして私が必ずアド バイスをするのが、たんぱく質の摂取です。

筋肉はもちろん、皮膚、髪、爪、血液、骨は、たんぱく質で構成されています。しかも、たんぱく質は常に 代謝しているので、毎日摂取しなければなりません。髪や爪は伸びているので実感できますが、骨や筋肉 も少しずつですが入れ替わっているのです。

たんぱく質が不足すると、筋肉が衰え代謝も下がって肥満、冷え性になったり、しわ、しみ、たるみ、髪 のパサつき、爪割れなど美容への影響、骨粗しょう症の発症といった悪影響を及ぼします。

ダイエット食にすると、たんぱく質が不足しがちです。若さを保つためにも、ロニジョギングの効果を発揮さ せるためにも、たんぱく質が不足しないように積極的に摂りましょう。

食品でオススメするのは、卵白、鶏のささ身や胸肉、赤みのお肉や魚、大豆製品です。忙しいときなど は、プロテインで補うとよいでしょう。最近の研究に、鶏肉や赤身の魚が、あらゆる疲労回復食品の中で 最も優れているというデータがあります。

また、後述する“快感を促すホルモン”を生成する材料もたんぱく質です。 他に若さを保つサプリメントとしては、抗酸化系のサプリメントがオススメです。抗酸化系ビタミンのA、C、 E、色の濃い野菜やフルーツなどの色素成分のポリフェノール──カテキン、リコピン、イソフラボン、カカオ、ル チン等です。ポリフェノールは、植物が紫外線や病原菌から身を守るための成分で、これらを摂取すると、 老化の原因とされる活性酸素を防ぐと言われています。

5大栄養素以外でしたら、これらの抗酸化系栄養素を食事やサプリメントで摂ると若さの維持・向上が 期待できます。

また、今まで述べてきたことと相反しますが、あえて空腹の時間を作り、栄養摂取をしないことが、若さを 保つのにプラスになることがあります。私は定期的なプチ断食や摂取制限もおすすめしており、断食クラス も指導しています。

理由はいくつかありますが、食事制限によって長寿遺伝子のサーチュイン遺伝子が活性化されるからと 言われています。アカゲザル、ラット、モルモットなどを使った動物実験で、どの場合もエサの量を40%カット したときが最も延命効果が高く、寿命が1.4~1.6倍も伸びたという報告もあります。同年齢の高齢動物 を比較しても、エサの摂取を制限したグループのほうが、外見上も活動の度合いからも明らかに若いとのこ とです。

ちなみに、激しい運動は老化の原因となる活性酸素を誘発しますが、軽いロニジョギング的な運動は、 SOD(スーパーオキサイド・ディスムターゼ)が活性化されるという研究データがあります。SODは、生物の細 胞質などにあって活性酸素を取り除く役割を担います。

上記から、たんぱく質と抗酸化系の食品を摂取し、さらにプチ断食をし、そしてロニジョギングを賢く組み 合わせれば、「若返り」が大いに期待できるというわけです!。

 

ダイエットに成功するイメージ活用術

「やせると信じればやせる」イメージの重要性

「プラシーボ効果」をご存じですか。医者がでんぷんや乳糖から作られた錠剤を新薬だと《信じ込ませて》 患者に与えると、薬としての効果がないにもかかわらず、実際に症状が改善してしまうというものです。

プラシーボ効果は特にうつ病の患者への効果が高いと言われ、ある臨床試験では抗うつ治療で効果の あった8割がプラシーボ効果だったとのことです。文字通り「病は気から」と同様に、「治療も気から」といえ そうです。

他にも、《信じこませる》ということで、催眠術の例があげられます。常温の鉄の棒を、焼けた鉄棒だと催 眠を入れて皮膚につけると、やけど症状が現れたとか、わさびをアイスクリーム、レモンが甘いと感じてしまう のも好例です。

ですから、ロニジョギングで絶対にやせると《信じ込む》ことは重要です。実際に多くの方がやせているので 信用して取り組んでいただきたいのですが、ムリに強く念じて信じ込もうとすると、心の奥底では疑念が生 じてしまいます。それより「この名医に任せれば安心」といったように、自己催眠にかけるように「ロニジョギン グでやせて当然」くらいに思っていただければ効果倍増です。

信じきれば、体内の脂肪分解&運搬&燃焼に役立つ酵素が、大量に分泌されるかもしれません。 「脂肪燃焼も気から」です。

 

五感を駆使したイメージが体は変わる

頭のなかであるイメージを思い浮かべるとき、人間の脳はそれを視覚的に描くだけでなく、音や動き、感 触、味、気持ちなどを同時にイメージすることができます。五感を駆使することで鮮明にイメージを思い描 くことができるわけですが、そうすることで、体も現実の世界で行動したときと同じように反応するのです。

ふだんからメンタルトレーニングを重ねているアスリートの場合、イメージするだけで実際に走っているように 心拍数が上がり、筋肉の活動が筋電図に記録されたりします。

ロニジョギングではイメージを活用しますが、ビジュアル的なイメージだけでなく、五感と感情をともなう、臨 場感のあるリアルなイメージを作り出しながら、脳を駆使して「プラシーボ効果」を高めます。

特に体感覚と感情が重要です。最初はイメージしにくいという方もいらっしゃると思いますが、やるたびに 上達していきますので、地道に練習してみてください。何度も繰り返した分、得られる成果は大きいです よ。

 

脂肪燃焼を促進する体感イメージとは?

「恐ろしい」と思うと顔が青ざめ鳥肌が立ったりするのは、心と体が密接に関係しているからです。気持ち が高ぶると手や額が汗ばみ、緊張すれば心臓がドキドキします。気持ちが落ち着いてくれば、筋肉の緊 張がほぐれ、呼吸もおだやかになります。

現実で起きことではなくても、臨場感をともなったイメージによって、同じように体は反応します。たとえ ば、映画やドラマを観ているとき、悲しい場面では涙が出てきますし、スリルあふれるシーンでは心拍数が 上がります。これらは目の前のイメージによって無意識に起きますが、イメージの力を高める訓練をすること によって、意識的に体の状態を変化させることができるようになります。

ハーバード大学医学部のH・ベンソン教授による興味深い報告があります。あるとき、ヒマラヤ山脈にあ るチベット仏教の僧院で、寒風が吹きすさぶなか僧侶たちが瞑想にふけっていました。すると、別の僧侶が 冷水に浸した布で瞑想中の僧侶の体を次々とくるんでいったということです。

体温が30°C以下になると死の危険もあるといいますが、僧侶たちは凍えるどころか汗をかきはじめたそう です。冷水が浸み込んだ布も1時間程度で乾いてしまったのです。

ベンソンら科学者のチームが僧侶たちの手足の温度を測ってみたところ、何と平時より9・4°Cも上げて いたことがわかりました。

イメージ力を訓練することで、体温を上げることは可能です。ロニジョギングの「凸凹呼吸法」をきっかけ にして、「お腹がどんどん熱くなる」とイメージして体感してみましょう。コンロやストーブなどの熱源がお腹に あって、お腹の脂肪を使って熱くなるようイメージするのです。そして、それを全身に拡げていきます。

イメージが定着するのを促す良い方法があります。お腹に実際に「貼るカイロ」をつけ、サウナスーツを着 て走りながら熱さを体感し、「カラダ記憶」させます。完全に体感として「カラダ記憶」できるまで繰り返しま す。そして、通常のウエアでも同様の体感ができるようにイメージしていきます。

慣れてくれば、体が熱くなってくるのが体感できます。実際にイメージによって体温が上がり、脂肪がドン ドン燃焼していくことでしょう。

 

「ランナーズハイ」で走るのが楽しくなる

何事も「楽しい」とか「心地いい」などの気持ちがなければ継続できません。ロニジョギングダイエットが優 れているからといって、「脂肪を減らして3日で5kgダイエット!」などありえないことです。健康的に美しくや せるには、ある程度の時間が必要なのです。そのためにも、効果の高いロニジョギングをつづけていく必要 があります。

毎日ランニングをしている人たちを見て、「よくあんなキツイ運動を毎日やれるな」と思ったことありません か? ところがランナーたちは、喜んで走っているのです。逆に走らないと気分が悪くなるくらいです。走ると 気分や気持ちがいいからです。多くの子どもは歯みがきが嫌いです。ところが、大人になるとどうでしょう、 歯をみがかないと気持ち悪くなるのではないですか? ランニング、ジョギングもそれと同じです。

ジョギングをやらずにいられなくなる理由──それは、運動をすると脳から気分がよくなる麻薬のようなホル モンが分泌されることです。「ランナーズハイ」といわれる現象がそれに当たります。

気分が「ハイ(高揚状態)」になっているときには、

多幸感をもたらす「エンドルフィン」という神経伝達物質が、脳から大量に分泌されているのです。“脳内麻薬”ともいわれるエンドルフィンは、分子構造も麻薬 とよく似ています。

また、ランナーズハイは、「ドーパミン」という神経伝達物質も分泌されます。ドーパミンは、意欲・動機・ 学習などに重要な役割を担っており、この物質が多いと「快感」や「やる気がみなぎる」という作用がありま す。

また、ドーパミン分泌後に分泌される、神経伝達物質の「セロトニン」は心の平安を促します。うつ病にも 効果があります。

ロニジョギングは、この「ランナーズハイ」を意図的にコントロールすることができます。 どのようにするのかというと単純です。「気持ちいい~」と感じる体感イメージを増幅させていくのです。そ れも、ハンパなく「チョー気持ちいいっ」という感じで。

ポイントは、頭ではなく体で快感を感じることです。今まで「気持ちがいい」と感じた体験を思い出しなが ら、快感に浸ってみましょう。イメージの世界は自由です。快感の光りに包まれるイメージ、快感の海に浸 るイメージ、快感シャワーを浴びるイメージ、など工夫してみてください。

 

音楽&言葉の活用でダイエット効果がアップ

音楽は、気分を高揚させたり、逆に落ち着かせたりなど、気分を変えるツールとしては最適です。スポー ツ選手が試合前に音楽を聴いているのをテレビでみたことはありませんか。あれは、集中力を高めたり、気 分を落ち着かせたりしているのです。あなたにも、気分が乗らないときにテンションの上がる曲を聴いて、「ノ リノリ」になった経験があるのでは? そんな、音楽の効用を使わない手はありません。

ロニジョギングをする際も大好きな曲を選んで利用し、体脂肪が燃えるイメージと心地よい快感を連動 させてみてはいかがでしょう。「ランナーズハイ」を超えた「ハイパーランナーズハイ」のゾーンをめざし、メラメラ と体脂肪を燃やしましょう!

音楽に加え、言葉も活用しましょう。ロニジョギングをしながら、肯定的な言葉を繰り返しつぶやき、自分 自身に暗示をかけていきます。これを、アファメーションと言います。ポイントを4つ挙げておきましょう。

1まず肯定文であること。そして現在形、現在進行形の文章にすること。イメージにとって大切なのは、肯 定的なできごとが「過去でもなく未来でもなく、今現在においてプラスの状態」であることです。「私はや せている」「私はやせつつある」などがよいでしょう。

2文章は短く。長い文章はNGです。できるだけシンプルにしましょう。ダイエットの場合は、「燃える燃え

る……」「ヤセルヤセル……」、すでにやせているイメージを持ちながら「スゴイスゴイ……」「ヤッターヤッタ ー……」などはいかがですか。

3自ら経験し記憶にある過去の成功体験を文章にすると、よりリアルで脳の反応が強いので、イメージが 体に作用しやすくなります。過去にやせていたころの体をイメージして、「カルイカルイ……」「モテルモテ ル……」。

4疑いなく信じ切り、言葉と感覚が一致するようにイメージしながらアファメーションをします。「あたりまえ」 感覚と態度で唱えつづけることがポイントです。これについては、プラシーボ効果のところで説明しました ね。

 

食べたくなくなる「やせ回路」を脳に作る

今まで出てきた、ハイパーランナーズハイ、音楽、アファメーション、臨場感ある体感イメージを駆使して、 「食べたくなくなる自己暗示」をしていきます。

ダイエットのためのロニジョギングをしているときは、空腹のはずです。その空腹な体感覚と気持よさを結び つけ、脳に「やせ回路」を形成するのです。

「空腹は気持ちイイ・・・」というセンテンスを繰り返し唱えつづけ、空腹感と快感を体感覚として結びつけ ます。前述しましたが、空腹感は若返り遺伝子をONにもしますので「若さ感」も混ぜるといいでしょう。

ただし、効きすぎて拒食症になったら困ります。食べること自体が嫌にならないよう、必要な栄養素を 「摂りたい感」は残しておきましょう。そのためには、「必要な栄養素」と「美しさ」のイメージを、臨場感をも って結びつけるといいでしょう。

 

「やせている自分」に似合う服やアクセサリーを買ってみる

頭のなかのイメージや体感覚をともなったイメージも重要ですが、実際の外観も重要です。美しくカッコイ イ脳内のイメージと、服装やアクセサリー、シューズ等と連動させると、相乗効果とリアル感が生まれます。

雑誌ですてきなウエアやシューズを見つけ、それを身につけるだけでワクワクし「今すぐにでもそれを着て走 りたい!」って感じになってしまう商品だったら、思い切って購入しましょう。なんでも、きっかけづくりが大事 です。

そして、近い将来それらを着ている「やせている自分」を当たり前だと念じ、イメージの中に定着させましょ う。そこにワクワク感と快感を体感としてミックスさせます。それだけでも、エンドルフィンやドーパミンが大量に 分泌することでしょう。

脳や筋肉が喜んでいる状態でロニジョギングをしましょう!

以上が、ロニジョギングのStage I=理想的なイメージの活用(Ideal image)のポイントです。 これで、すべてのロニジョギング・メソッド【R・O・N・I】が終了しました。 ただのジョギングとの違いをご理解いただけたでしょうか?

さぁ、ロニジョギングを続けた1年後、3年後、20年後のあなたのイメージは?あなたの将来が楽しみです!

Pocket
LINEで送る