グリム童話:アッシェンプッテルのあらすじ~むかし、ある金持ちの男の奥さんが病床についていました。奥さんは、 1 人娘に「思いやりのある子でいる んですよ」と言い、息を引き取りました。お父さんは 2 人の連れ子がいる女性と再婚しました。再婚した継母と 2 人の娘は、見た目はとても綺 麗でしたが、心は意地悪でした。娘は、 3 人から持っていたドレスを取り上げられ、ぼろぼろになった灰色 のワンピースを押し付けられました。そして、継母に家事を押し付けられた娘は、太陽が昇る前に起き、日が沈むまで一生懸命家事をしま した。 2 人の姉は、家事をしている娘を苛め、笑い者にしました。眠る部屋も用意されていなかった娘は、 かまどのある部屋で休んでいたため、いつも灰にまみれ、汚れていました。そこから “ 灰かぶり ” を意味する “ アッシェンプッテル ” と呼ばれました。ある日、父からもらったハシバミの木を植えたところ、木はアッシェンプッテルの涙ですくすく育っていきまし た。ハシバミの木にとまるようになった小鳥が、いつしかアッシェンプッテルと友だちになり、彼女の望みを叶え てくれ、困った時はいつも救ってくれました。しばらく経って、お城で 3 日間パーティーが開かれることになりました。継母たちは連れ立って出かけ、アッ シェンプッテルは意地悪をされましたが、小鳥にドレスや靴を出してもらい参加することができました。美しく 変身したアッシェンプッテルは、王子様とダンスを楽しみました。王子様と夢のような時間を過ごし、家に戻 ると洋梨の木にドレスや靴を隠しました。舞踏会最後の夜、アッシェンプッテルは慌ててお城の階段に金の靴を落としてしまいました。王子様はそ の靴を持って、謎のお姫様を探す旅に出ました。愛馬とともに、アッシェンプッテルの家にも王子様がやって きました。姉たちが無理やり履いて、お姫様のふりをしましたが、小鳥が王子様にウソだと伝えました。ついにアッシ ェンプッテルが靴を履くことができ、王子様は彼女を連れて帰り、 2 人はいつまでも幸せに暮らしました。

物語のアッシェンプッテルのように“あなた”を応援してくれる心強い存在がいたら、もっと頑張れるの に…。そして、今よりもっと自信が持てるのに…。今これを手にとって下さっているあなたは、もしかしたら感じたことがあったかもしれません。そして、私たち は「○○するために」と頑張ることがいつしか当たり前になり、毎日無意識に色んな不安や我慢を重ねてい ることもあります。キラキラと輝く女性には、“我慢”なんて似合いません。今より「輝きたい!」と願い、頑張っている人たちへ、今の自分にプラスα魔法をかけるお手伝い、それ が“アッシェンプッテル”の存在です。さぁ!“アッシェンプッテル”というドレスをまとって、キラキラ輝く日々のスタートです。あなたの日常にはこんなクセがありませんか?お店のメニュー表や、手に取った商品をひっくり返してカロリー 表記を探したり、カロリー計算に気を取られ単品の食事しか摂らなかったり。世の中にはカロリー情報が溢れています。今や、食べ物や飲み物だけでなくサプリメントにもカロリー表記 がされている時代。それほど、皆様のカロリーに対する意識が高まってきている証拠です。いつもキレイでいたい、少しでもキレイになりたい私たち女性は、食事のバランスよりもカロリーだけが低い 食べ物を食べたり、「○○解消のために」という一つの目的の為に、苦いジュースを飲んだりと、色々な我慢 を重ねています。わかってはいても私たちはワガママです。美味しいものをたくさん食べたいですし、生きる上で食事をするこ と、そして、料理をすることは楽しみであり、大切したいものの一つです。女性なら誰もが願う「痩せたい!若返りたい!キレイになりたい!・・・でも美味しく食べたい!」そんな 贅沢な想いを叶えるため「 Aschenputtel® -アッシェンプッテル- 」が作られました。普段の食事では不足しがちな栄養素を、無機質なサプリメントではなく、ワンステップ加えるスタイルで、 サプリメントソースとして「手軽」に、「美味しく」摂ることができます。「食べる」ことで必要な栄養素をしっかりと身体に届けること。原材料のトマトや玉ねぎなどが持つ、野菜の栄養をギュッと閉じ込めた「ビタミン E 栄養機能食品」のア ッシェンプッテルは、野菜本来が持つ旨味を生かし、野菜の栄養素をストレートにそのまま体内に届けるこ とができ、そして、何より毎日美味しく続けられます。~もう我慢しない!キレイでありたい女性の強い味方「アッシェンプッテル」~

さらに、体内の老化現象を防ぐ、抗酸化作用の強い「白金」を配合。 ビタミン E だけではなく、白金を配合することでより一層、活性酸素除去に大きく効果を発揮し、錆びな い身体づくりには最強の組み合わせとなっています。もし、身近に管理栄養士がいて美味しい料理が作られたらと願う、「 Aschenputtel® -アッシェンプッテ ル- 」はそんな欲張りな女性の味方です。商品名の「アッシェンプッテル」は、ドイツ語で灰かぶり姫を意味します。 これは皆さんもよく知っているシンデレラの元になったグリム童話です。私は、この物語の「アッシェンプッテル」がより輝ける素敵な未来を掴むためのサポート役となった「小鳥」 や「金の靴」のような存在にしたいという思いから、この名前を選びました。またロゴの一番端の「l(エル)」の上には、蝶が止まっていますが、これは女性が蝶のようにより優雅に、よ りキレイに、煌びやかで美しく可憐である姿のシンボルをイメージしました。「安心して安全に食べて頂きたい!」という思いから、こだわり続けた 原材料。グレープシードオイル(イタリア産)を除き、すべての材料を国産にこだわり、安心の「無保存料」 「無着色料」でお作りしています。原材料には、和歌山県の紀州南高梅「富之助」で有名な佐々木農園さんの梅酢や、木の上でおい しく完熟させてから出荷されるトマトの品種「桃太郎トマト」、淡路島の完熟玉ねぎの品種「もみじ」の中 でもトップクラスの「かがやき」を使用する等、国産の野菜を厳選して使用しております。

「 Aschenputtel® -アッシェンプッテル- 」は、厳選野菜の旨味成分と栄養素をギュッと濃縮し、さらに 抗酸化作用の強い「白金」と「カテキン」を配合し、トマトの爽やかな酸味が広がる洋風ソースとして作りま した。食材として、また調味料として様々な用途にご利用頂けます。特に白金の抗酸化作用は、老いの原因の一つである様々な種類の活性酸素に対して大きくその力を 発揮し、白金が体内にある限り半永久的にその効力を継続します。そして、食物の本来の力を活かし、 「ビタミンE」によって活性酸素を取り除く効果を持つ栄養機能食品に仕上げました。もちろん、医薬品や美容液のような即効性はありませんが、何より食品として毎日美味しく継続して摂 取することを大切にしておりますので、徐々に効果が表れてくることをお楽しみください。よく「食べたものでしか、体は作られない」と言われますが、皆様が毎日をより輝いて過ごす為、「食べる 美容液」と言えるこのソースを生活の一部に取り入れて頂き、健康の維持と身体の内側から効率よく、よ り効果的にエイジングケアに取り組んで頂きたいと願っております。ビタミンEは、抗酸化作用により、体内の脂質を酸化から守り、細胞の健康維持を助ける栄養素です。 一日当たりの摂取目安量:1日当たり70g(スプーン4杯)を目安にお召し上がり下さい。 本品は、多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。一日の摂取目 安量を守ってください。一日当たりの摂取目安量に含まれる当該栄養成分の量が栄養素等表示基準値に占める割合:ビタ ミンE32%本品は、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。 食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを心掛けましょう。

材料( 2 人分)作り方 1 【下準備】1 茄子は 5mmの輪切りにして水に 5 分ほどさらし、アク抜きをしておく。2 ブロッコリーは一口大、黄パプリカは小さく切り、しめじと一緒に耐熱皿に入れ、レンジ (600W) で 3 分加熱し、出てきた水分を切っておく。3 ベーコンは 1cm幅に切っておく。2 フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ、軽く炒める。にんにくの香りが出てきたら細切りにしたベーコ ンを入れ、炒める。3 茄子をフライパンに敷き詰めるように並べ、火を通していく。茄子がやわらかくなったら、ブロッコリー、黄パ プリカ、トマト缶、アッシェンプッテルを加えてよく混ぜ、蓋をして中火で蒸し焼きにする。4 塩・こしょうで味を調え、強火で水分を飛ばすように軽く炒めたら完成。材料( 2 人分)作り方1 【下準備】かぼちゃとブロッコリーは食べやすい大きさに切り、耐熱皿に入れラップをし、レンジ (600W) で 2 ~ 3 分加熱し、火を通しておく。2 豚ヒレ肉に塩・こしょうで下味をつけ、小麦粉、とき卵をつける。オリーブオイル(豚肉炒め用)を敷いたフライパンに豚ヒレ肉を入れ、弱火でじっくり焼いていく。3 別のフライパンにオリーブオイル、にんにくを加え、香りが出てきたらトマト缶とアッシェンプッテルを加え、一煮立ちさせる。最後に塩・こしょうで味を調えておく。4 焼き上がった 2 を皿に盛り、上からパルメザンチーズを振りかけ、 3 のソースをかける。 1 の温野菜を添 えて、完成。材料( 2 人分)作り方 1 【下準備】A の野菜は一口大に切る。にんにくはみじん切りにしておく。2 フライパンにオリーブオイル、にんにくを加えて中火にかけ、香りが出てきたら A の野菜のうち、トマト以外 を加え、塩・こしょうをし、軽く炒める。3 白ワインを加えて、アルコール分を飛ばす。4 B の材料を加えて約 20 分、野菜が柔らかくなるまで弱火~中火で煮込む。5 1 で切ったトマトを加え、味が薄い場合はお好みで塩・こしょうで味を調え、皿に盛る。材料( 2 人分)作り方 1 【下準備】1 うどんをパッケージの調理法通りに茹で、冷水にさらしてザルにあげ、冷やしておく。 2 サニーレタスはちぎり、トマトは薄切りにし、黄パプリカは粗めのみじん切りにしておく。2 水気をよく切ったうどんの上に、トマト、サニーレタス、ブロッコリースプラウトをのせ、彩りに黄パプリカをちら す。3 黒こしょうを振って完成。アッシェンプッテルと麺つゆを混ぜたものをかけて完成。材料 (2 人分)作り方 1 【下準備】1人参、玉ねぎ、にんにく、ピーマン、えのきを粗めのみじん切りにしておく。 2こうや豆腐は水で戻し、よく水気を絞ってから、みじん切りにしておく。2 フライパンにオリーブオイルを熱し、にんにくを入れて香りが出てくるまで炒める。人参と玉ねぎ、塩・こしょ うを加え、玉ねぎが飴色になるまで炒めたら、ピーマン、えのき、豚ひき肉を加えてさっと炒める。3 こうや豆腐と A を加えてよく混ぜ、 10 分ほど弱めの中火で煮込み、塩・こしょうで味を調えて完成。材料( 2 人分)作り方 1 スープカップにバジル以外の材料を全て入れ、ラップをせずにレンジ (600W) で 2 分~ 2 分半温める。2 軽くかき混ぜ 1 分半ほど置き、バジルを散らして完成。(Special)お手軽ダイ工ットサポート版×本格工イジングケアサポート版相互効果でよりインナービューティーに! 相性パツゲン○な組み合わせメ二ューをご紹介します。お手軽ダイ工ット版 本格工イジングケア版 效果きのこのビタミンDはチーズなどの 乳製品に含まれる力ルシウムのC 吸収を促進してくれるので、リラックス効果や若々しい身体 づくりに効果があります。美肌&美腸に! 手作り皮でモチモチ!ブロッコリーと赤面子、 アボ力ドとハム、きのこの彩り野菜炊少め クリームチーズの春巻きどちらもボリュームがあるメ二ユーなので、一緒に食べる場合はどちらか一方をミ二サイズにしましよう。 ボークピ力タの使用している豚肉のX ビタミンB1がタロライスのご飯に含まれる虎水化物の代謝を 上げてくれるので、ダイ工ット中でも #ಞ್ಞ ビタミンC×ビタミンE 安心です。- 鹉■ 町 – ボーゲピ力タの 素肌力UP! タロライス 彩り温野菜添えラタトウイ工に使用しているパブリ力や Ra トマト、かぼちやに含まれるビタミンCがさらに美しい肌づくりをサポートして くれます。ム二工ルのソースとしてエ ラタトウイ工を添えるのも木ススメ。ボディラインすっきり! ビタミンC×ビタミンE ゴ口口口夏野菜の 焼き方がボイント!ラタトウイユ風 鮮のム二工ルお手軽ダイ工ット版效力果サラダうどんでは摂れない動物性の_ | たんばく質を摂取することができ、 下 | さらに栄養バランスの良いメ二工ーに変身します。アミノ酸×ビタミンE 鶏肉の洋風卵とじどちらもボリュームがあるメ二ユーなので、 一緒に食べる場合はどちらか一方を ミ二サイズにしましよう。 ダイ工ット中の空腹に耐えられない 大人の男性でも、満足できる献立に 変身します。B力口テン×ボリワ工ノール豆乳のグラタン仕立て一緒に、朝食に食べると良いでしょう。 体を引き締めるトマトスープと、塩分 控えめなペーグルサンドで健康体を 経住持できる組み合わせになります。こだわりの手作りッナで おなかすっきり! 特製ペーグルサンド   「好奇心旺盛な私が持つ、 4 つの顔の自分の日常を振り返った時」がきっかけで、すべての始まりは、 「全力で走り続けている女性を応援したい」と思ったことがアッシェンプッテルの核となりました。毎日を丁寧に、大切に、そして、現状に満足することなく向上心を持って過ごしている女性の手助けを したいという思いが、私のこの商品を作る大きな原動力になりました。1 日は 24 時間。 限られた時間でもあり、皆が平等に与えられた時間でもあります。 その時間の中で、充実した食事と休養。自分の時間を取ることは、とても大切でありながらも、満足に取 れない部分があります。私自身、「製造業としての私」「会社員としての私」「不動産オーナーとしての私」「税理士を目指す受 験生としての私」の 4 つの顔を持ち、どれも自分自身の大切な時間で、毎日全力投球で取り組んでいま す。どれが一番大切だという訳ではなく、どれも私のすべてで、私の大切な一部分です。 そんな風に感じていたからこそ、「すべてにおいて妥協せず、食事も大切にしたい」と思うようになりました。だからこそ、私のように自分の夢や目標の為に色んなことに挑戦したり、毎日をがむしゃらに頑張っている 女性に、自分自身と向き合う時間として食事の時間も大切にして欲しいと考えるようになりました。 それは何より私自身に強く言っていたのかもしれません。

Pocket
LINEで送る