小腸を整えると食べても痩せる体質に!

小腸で作られるGLP-1というホルモンは、 痩せるホルモンで、 食事制限などしなくても食べて消費する体質になります。

腸内の環境を整えれば、GLP-1はたくさん分泌されるようになります。

腸内環境を整えるといえば、答えは簡単!

乳酸菌やオリゴ糖ですね。

乳酸菌は、「漬物」や「キムチ」や「ヨーグルト」などを摂取すれば良い。 オリゴ糖は、「キャベツ」や「アスパラガス」や「ゴボウ」や「タマネギ」 や「ねぎ」などを摂取すれば良い。

EPAを摂取すればGLP-1はたくさん分泌されるようになります。 EPAは、「アジ」や「イワシ」や「サンマ」や「サバ」など⻘魚を摂取す れば良い。 また、鯖は群を抜いてEPAの含有量が多く、サバを摂取することによってGLP-1の分泌が多くなり、食べても食べても痩せる夢のような体質にな ります。

 

こうすれば良かったの?!寝るだけで痩せる睡眠でダイエット

正しい睡眠をとることで痩せることができます。

眠ることによって、成⻑ホルモンが分泌されます。

成⻑ホルモンが分泌されると、 骨や筋肉、内臓が成⻑し、 代謝が上がり、脂肪が燃焼、筋肉太くなり、肌も再生し美肌効果が得られま す。

夜型の生活ですと、どうしても自律神経が乱れます。 自律神経が乱れると、胃腸の働きを悪くして、 食べたものを十分消化しきれなくなり、 栄養吸収を妨げ余分な脂肪が体に蓄積されるようになります。

眠ることによって、自律神経の乱れを整え、胃腸の働きを正常にすると、 余分な脂肪が蓄積されない、消費エネルギーが増強し、代謝が上がる。 そして、お通じも良くなるりますので、ダイエットに効果を発揮します。

睡眠不足になると、 食欲を増進させるホルモンである『グレリン』が増えます。 そのためダイエット中にもかかわらず、食欲を抑えることが難しくなりま す。 ついつい食べ過ぎてしまう人は、睡眠から見直すことで食欲を抑えたり、 コントロールができやすくなります。

では、その正しい睡眠とは一体どの程度を指すのか?

ただ、眠るというわけではなく、 一日を健康的に過ごしてこそ、 一日の締めくくりとして正しい睡眠に体や神経が導かれます。

では、その方法ですが、 睡眠を7〜9時間とれば太りにくくなります。

毎朝、太陽の光を浴びて、 メラトニンの分泌を促すスイッチを入れます。 メラトニンは脳に働きかけ眠気を誘う働きがあります。 日光を感じて14時間後にメラトニンの分泌が始まります。

メラトニンが分泌されると、眠気が出るわけですが、 就寝の直前までテレビやスマホなどの明かりを見ることで、 ラトニンの分泌が抑えられてしまい、眠気がなくなります。 正しい睡眠を取るためには 眠る前の1〜2時間前はテレビやスマホなどを見ないことがポイントです。

眠る前に軽いストレッチをすることで、 1日の体のコリをほぐし、それによって血液の流れを良くし、 自律神経への働きによって、体がしだいにリラックスします。 体がリラックスすればもちろん眠気が催されますので、 正しい睡眠に導くことができます。

食事は就寝の3時間前には済ませるようにしましょう。

眠るときに胃腸に食べ物がたくさんあると、 胃腸がその食べ物を消化するために活発に活動します。 胃腸が活発に動きますと、神経が興奮状態になり、 ぐっすり眠ることの妨げになります。 しかし、逆に空腹の状態ですと、 胃腸は消化をしませんが、その消化で使わないエネルギーが余り、 そのエネルギー源である血液が脳にゆきます。 血液が脳にまわることで脳が覚醒してしまい、 寝つきも悪くなりますし、しっかり正しい睡眠をとる妨げになります。

また、脂っこい食事は夕食時にできるだけ控えたほうがよいでしょう。 脂っこいものは当然ですが消化に時間がかかります。

消化に時間がかかるので、眠るときに胃腸にたくさん食べ物がある状態と 同じような状態になりやすくなります。

脂っこい食事は控えて就寝の3時間前に食べ終わる。 しかし、それでは口寂しくて逆にイラつく人も居るかも知れませんね。 そういった人も、そうでない人にもオススメが、 就寝の1時間前に、 大さじ1杯の『はちみつ』をコップ1杯のお湯に溶かして飲む習慣をしてく ださい。 はちみつを溶かしたお湯を飲むことによって、成⻑ホルモンがスムーズに分 泌されるようになり、 代謝が上がり、脂肪が燃焼、筋肉も太くなり、ダイエットに効果がありま す。

 

細胞を刺激して健康的に食べても太らない体に大変身!

褐色脂肪細胞がたくさんあればあるほど いくら食べても太らない体が出来上がります。

しかも、褐色脂肪細胞は刺激さえすればどんどん増えるのです。

その褐色脂肪細胞を刺激するには、褐色脂肪細胞が体のどこに存在するの か? を、 まずは知る必要があります。

実は褐色脂肪細胞は体のどこにでも存在するわけではなく、『首まわり』 と、『肩甲骨のまわり』と、『脇の下』と、『心臓、腎臓』の付近の計5ヵ 所だけなのです。

そして、群を抜いて褐色脂肪細胞が多いのは『肩甲骨のまわり』です。

ストレッチなどの体操で『肩甲骨のまわり』や『首まわり』をほぐしたり刺 激することが出来ますが、運動の習慣のない人にとってはほとんどのケース ⻑続きしない人が多いようです。

そこで、運動の習慣のない人でも運動をすることなく、簡単に褐色脂肪細胞 を刺激できる方法をご紹介します。

ペットボトルなどに水を入れて凍らすか、アイスノンのような氷枕などを準 備します。 そのペットボトルなどを 1)『肩甲骨のまわり』をしっかり冷やす 2)『首まわり』をしっかり冷やす 3)『脇の下』をしっかり冷やす と順番に冷やすという方法。

または、シャワーを使った方法も可能です。 最初は、 40度を超える少し熱めのシャワーを 1)『肩甲骨のまわり』に20秒間かけて温める 2)『首まわり』に20秒間かけて温める 3)『脇の下』に20秒間かけて温める 次に、 20度以下の少し冷たいシャワーを 1)『肩甲骨のまわり』に20秒間かけて冷ます 2)『首まわり』に20秒間かけて冷ます 3)『脇の下』に20秒間かけて冷ます

この温め→冷ますを5回ほど繰り返して終了という方法です。

これらを毎日続けることによって、 簡単に褐色脂肪細胞を刺激して増やし 健康的に食べても太らない体に変身できます。

 

ヨーグルトに少しだけ手を加えるとダイエット食品に大変身

ヨーグルト自体がダイエットには良いという話は有名だと思います。 なぜダイエットに有効かというと、 乳酸菌の効果によって腸内環境を整え、血中コレステロールを減少させます ので、免疫力を高める効果があります。 このような働きによって、胃腸の働きが活発になり、そして血液がサラサラ になりますので、結果的に代謝があがるわけです。 代謝があがれば当然ですが、ダイエットに効果が出るという仕組みなので す。

カルシウム不足で肥満になるというのも有名な話ですが、 ヨーグルトに少しだけ手を加えると、 その不足しているカルシウムの吸収をよくする効果があります。

また、ダイエットをしていて一番やめたくなる時期。 経験している人は分かると思いますが、停滞期ですね。 いくら努力しても体重がなかなか減らず、気持ち的に折れてしまうんです ね。 実はこの停滞期は、体重が減って体の栄養分の不足が原因なのです。 体重が減る、ということは今までたくさんあった栄養が減ったということ で、 脳が生命維持に危険を感じるために、出来るだけ栄養を蓄えようと頑張って いるのです。 だからダイエット中になかなか体重が落ちないという停滞期が起きるわけで す。

ということは、停滞期を起こさないためには、単純に栄養を補ってあげれば 良いということなのです。 その停滞期もっとも効果的なのが、少しだけ手を加えたヨーグルトなので す。 少しだけ手を加えたヨーグルトは血中コレステロールを減少させて、血の流れを良くします。 そして、腸の働きをよくしますので、体の細胞や体全体が活発になりますの で、代謝があがります。 代謝があがりますので当然、体内に溜まった老廃物や脂肪が燃えやすくなり ますので、 健康的になりますし、しかも代謝があがるためリバウンドを起こさないダイ エットが実現できます。

では、その少しだけ手を加えたヨーグルトとは一体どのようなものなのか? というと、 実は何を隠そう温めたヨーグルト 『ホットヨーグルト』のことなのです。

ホットヨーグルトの作り方はとても簡単。

ヨーグルト100mlに、水を大さじ一杯、蜂蜜を大さじ一杯入れて、 電子レンジで約1分加熱します。 そして、よくかき混ぜてなめらかな状態にします。 以上で出来上がりです。

食べる目安は、 一日200gまでを最大限度としてください。 なんでも食べ過ぎは禁物です。 そして、ホットヨーグルトを摂取するタイミグは夜です。 就寝する2時間前までに摂取してください。 1ヵ月程度から効果が実感できるはずです。 毎日欠かさず摂取して、魅力ある美しいダイエットを成功させてください。

 

実は油分摂取で痩せられる!健康的なダイエットを実現!

痩せる油といえば、 オリーブオイル、えごま油、亜麻仁油などが有名ですが、 なぜ油を摂取して痩せるかというと、 摂取してエネルギーとしてスムーズに変換される中鎖脂肪酸を多く含んでい るという理由なのです。

中鎖脂肪酸という油を摂取してもすぐにエネルギーに変換されるので、 バターやマーガリンや天ぷら用などの食用油などのように体内に油が溜まら ないのが特徴です。

ココナッツオイルはセレブや有名モデルもダイエットや美容などに愛用され ている優れものなのです。

ココナッツオイルには血管を広げる働きや老化を遅らせて若返りを促した り、血液をサラサラになって代謝をあげるビタミンEが豊富に含まれている ため、ココナッツオイルでリバウンドしにくい体質にも変身できます。

また糖質制限でダイエットをしている人には特にココナッツオイルは必須で す。 なぜならば、糖質制限をすると筋力や代謝が落ちて太りやすい体になった り、 糖質が少ないことで頭がぼーっとして機能しにくくなります。 そんな人には、ココナッツオイルを摂取することで、 例え体内の糖質が少ない状態でも、正常に戻す効果があります。

ではその気になるココナッツオイルの使い方ですが、 1日、大さじ3〜4杯程度を食べ物や飲み物に混ぜて摂取します。 もちろん、サラダ油のように調理用の油として用いても良いです。

このココナッツオイルでダイエットをしている人は、 コーヒーに混ぜて飲んだり、サラダにかけて食べたり、 人によっては納豆に混ぜたり、 人それぞれです。 面倒な人はココナッツオイルをそのまま飲み込むのが良いでしょう。

糖質が多いはずの、ある炭水化物を摂取して簡単に痩せる

ビタミンB群はダイエットには必須栄養です。 特に、ビタミンB1、ビタミンB2の効果でいうと、 脂肪を燃えやすく整え、その上脂肪の蓄積を防ぐ効果があります。

ダイエット時には、老廃物を積極的に体の外に出すために、 カリウムも摂取すれば、むくみの解消にも繋がります。

そして、老廃物といえば、 腸内の排泄物です。 キレイにかき出すには不溶性食物繊維を摂取すると、 腸内もキレイになり、ダイエット効果を更に高めます。 また、不溶性食物繊維は体内で何倍にも膨れ上がる性質がありますので、 胃や腸を不溶性食物繊維で膨らませて、食欲を抑えることに利用できるので す。 また、不溶性食物繊維は等分の消化や吸収のスピードを遅らせる役割も担い ますので、 ダイエット中には是非摂取したいものです。

では、その ビタミンB1、 ビタミンB2、 カリウム、 不溶性食物繊維 が入っている食品は?というと、実は『干し芋』 なのです。

干し芋には、栄養分が豊富でダイエットには必需品です。

ただし、干し芋は一日2枚までを限度とします。

おやつや、食事前に少し食べるなど、 上手に干し芋を食べるとダイエットや健康にとても効力を発揮します。

干し芋を美味しく食べるには、 焼き芋のように、アルミホイルに干し芋をを包んで、 オーブンで焼きます。 すると焼き芋みたいな触感でホクホクと美味しく食べることができます。

 

食事制限しなくても87%の人が無理なくダイエットに成 功!その身近な物とは?

ダイエットするには、 まずは体内に余分に取り込むエネルギー量を少なくすることが大切です。 しかし、分かっていてもついつい食べてしまうものなんですね。 ほとんどの人がそうだと思います。 「食事制限をしなきゃいけない!」と意気込んで緊張のあまり、 逆にお腹が空いて食欲がいつもより旺盛になったりもします。 この食欲は、本当に厄介ですよね・・

そんなダイエット中の食欲を無理なく抑えてくれるのが、 『りんご』 なのです。

りんごダイエットを試したけれどダメだった! りんごダイエットは続かなかった!と、諦めた人も多いのではないのでしょうか?

そんな人にも、ほぼ確実に続くりんごダイエット方法があるのです。

しかも8割り以上の人がダイエットに成功されていますし、 リバウンドもありません。

りんごには、『りんごポリフェノール』というポリフェノール成分が含まれ ており、 このりんごポリフェノールの働きによって、食事をして体内に取り込んだ脂 肪分が消化したり、体に吸収それるのを防いでくれる効果があります。 ポリフェノールで脂肪の吸収を抑制しますので、運動しなくても当然太りに くい体が出来上がるわけです。 前章でも何度か取り上げてきましたが、ダイエットをするには絶対条件とし て代謝をあげる必要があります。 代謝をあげるというのは、ダイエットには避けて通れない大事なポイントで す。 再三同じことを繰り返しますが、 代謝をあげるには血液の流れを良くすることが大切です。

ですから、ダイエットといえば 運動をして筋肉を作って、 血液の流れを良くして、 代謝をあげて、 そして老廃物を出し、必然的に痩せる体質に整えて、 リバウンドしないダイエットの成功 というプロセスになるわけですが、 実はこの章の話題で取り上げている『りんごポリフェノール』は、 血液の脂分の酸化を防ぐ働きがあるため、 血液の流れをスムーズにしてくれて代謝をあげて、 老廃物を排出してくれますので、 健康的に自然なダイエットを成功することができるのです。

そう知ったら、 『りんごダイエット頑張ってみようかな。。』 と、思ってしまうのは、少し待ってください。

今まで流行った、りんごダイエットは『置き換えダイエット』で、 食事の我慢をする、プチ断食のようなものでした。

だから、続かないわけです。

本当に心からりんごが好きならばともかく、 ダイエットをするために、リンゴばかり食べなければならないのは、 ほとんどの人が苦痛を感じて、根をあげます。

そして 「自分ってダメだな・・」 とか、 「○○ダイエットはダメだった!」 となるわけです。

食欲を抑えるのは大変なことです。 なぜなら、睡眠欲・性欲・食欲と、 人間の本能から来る3大欲求の一つが食欲です。 その欲を抑えようとするのですから、 ちょっとやそっとでは難しいのは当たり前と、 頭で知っておかなければならないのです。

しかし、ダイエットをスムーズに成功させるには、 食欲のコントロールがまずは大切ですよね。

そのどうにもならない食欲を 自然に制御できるとしたら、 どれだけダイエットがラクになるでしょうか?

それが簡単に実現できてしまうのが、 なんと『りんご』なのです。

食事を置き換える必要はありません。 我慢もしなくても良いのです。

ただ、りんごを食前の30分前後に摂取するだけで 自然に食欲が抑えられてダイエットに驚きの効果がでます。

しかし、それでも中々続かないという人は、 りんごを食べる代わりに、『りんご酢』を食前の30分前後に飲んでください。 200mlのお水に、大さじ3杯程度のリンゴ酢を溶かして飲めば、 りんごを食べるのと同様の食欲抑制効果を実感できます。 また、リンゴ酢を飲むと、リンゴ酢に含まれている、リンゴ酢酸やクエン酸 が 体内の血液をサラサラにしてくれて代謝を上げてくれる効果もあります。

ただし、リンゴ酢をリンゴの果実の代わりに用いていて、 やはり「酢」ですから、 体質に合わない場合は控えてください。

 

ごはんを食べないダイエットなんてあり得ない!たくさん食 べてダイエット

炭水化物の摂取を減らして、ダイエットするということが話題になって以 来、 ごはんやパンを控えて強引にダイエットをする人が多くなりましたね。

既にご存知とは思いますが、 この炭水化物ダイエット方法をすると、 リバウンドしやすい体質になるのです。

リバウンドというより、 元々の体質より太ってしまう体、 また痩せたは良いけれども、 筋肉まで衰えてしまうという、 状態を引き起こします。

その上、 炭水化物を摂取しないことで、 脳に栄養分がいかなくなり、 脳が萎縮する原因になったり、 頭がぼぉーっとしたり様々な弊害があると騒がれています。

しかし、たしかに「ごはん」や「パン」を食べると太るのは これも紛れもない事実。

では、どのようにすれば良いのか・・・

アメリカでは日常的な食べ物のオートミールを お米の代わりに摂取するだけでよいのです。

オートミールは、鉄分、カルシウム、カリウム、ナトリウム、銅 マグネシウム、食物繊維、亜鉛、ビタミンB群 といった、 ダイエットには欠かせない栄養素がたくさん詰まっています。

また、オートミールに含まれる不溶性食物繊維が、 食べたら胃の中で何倍にも膨れるため、 すぐに満腹感を感じ、 お米などと比べてもとても腹持ちが良く、 口寂しいなどがなくなります。

また、オートミールに含まれる不溶性食物繊維が、 糖質などでの脂肪が溜まるのを防ぐという効果もありますし、 オートミールのビタミンB群の働きにより、 糖質の代謝を促し、脂肪を燃焼させる役割があります。

オートミールを摂取することによって、 代謝のよい太らない体質に変化します。

オートミールの食べ方ですが、 おかゆまたは、雑炊などにすると普通に食べられます。

ちなみにアメリカでは、ミルクで煮たり、水で煮たりして、 おかゆのようにして食べるのが一般的ですが、 日本人の口にあわないことが多く、 雑炊などのように醤油などの味付けをすれば、 とても美味しく、ごはんやパンの代わりに食べられます。

オートミールのほかの食べ方は、 クックパッドなどで調べてみると意外にもたくさんレシピがあります。

チーズリゾットや中華風の粥などは、 とても一押しです。

 

食欲が減退する!無意識に働きかけて痩せる不思議なダイエット法!

テレビや雑誌などに出てくるモデルさんなどを見ると、 「自分もこうなりたい!」 ダイエットしたくなっちゃうという人が多いはず。

実はこの意識をうまく利用して、 ダイエットに成功している人がたくさんいるのです。

雑誌などで綺麗なモデルなどを見かけたら、 それを切り抜いたりして、 部屋にたくさん貼っておくのです。

すると、無意識に 「自分もこんなスタイルになりたい」 などを感じます。

すると、 「ダイエットして、自分もこんなプロポーションになりたい!」 という意識が働き、 モチベーションが継続しやすくなるのです。

また、無意識に働きかけますので、 「たくさん食べたい!」 という、食欲が自然と減退しますので、 結果的に少しずつダイエット成功に向かって 無理なくすすんでゆくことができるというわけなのです。

そして、この方法を成功させるポイントは、 定期的に自分の全身を鏡で見ることが大切です。 特に、「二の腕」「太もも」「あご」など、 自分の気になっているところを 自分でまじまじと検査するのということが重要ポイントです。

すると、無意識でいつもモデルのようキレイな姿を創造していますので、 それと現在の自分のギャップを比較することによって、 更に無意識に働きかけ、 ダイエット成功までの道のりが短期間で済むというケースが多いようです。

意識的に 「今度こそダイエットしなきゃ!」 と、考えて緊張しすぎてしまって、 今までうまく結果が出せなかった人には 是非試していただきたいと思います。

 

ダイエットに覚えておきたい!必ず摂取するべき食材と栄養素

トリプトファン

食欲抑制効果があり精神を落ち着かせます。 肉類・魚類・大豆・乳製品・バナナ

 

ビタミンE

代謝をよくする働きがあります。 植物油・カボチャ・アーモンド・ナッツ類

 

ビタミンB群

ダイエットに必須のビタミンです。 脂肪酸を燃焼効果、余分な脂肪を排出、脂肪分解、代謝をよくする。

乳製品・納豆・マグロ・レバー・牛乳・魚・バナナ

 

ヒスチジン

食欲を抑制する効果。

さんま・いわし・その他の⻘魚

 

鉄分

鉄分が豊富だと脂肪の燃焼効果が高まります。

レバー・ひじき・ほうれん草

 

カルシウム

カルシウムには、体内への脂肪の吸収を妨害する作用があります。 小魚・ひじき

 

亜鉛

食欲をコントロールする作用があります。 ダイエット中に体内で亜鉛が不足すると、食欲が抑えられない状態になりま す。

ココア・牡蠣・ごま

 

マグネシウム

水分調整を整えますので、お通じがよくなります。

海藻類・ナッツ類

 

クロム

脂肪やコレステロールを燃焼させる効率を引き上げます。 ビタミンB群と共にダイエットには必須成分です。

マッシュルーム・アーモンド・りんご・ブロッコリー・いわし・ホタテ

 

食べて無理なく自然に激ヤセ! 毎日が楽しい!ダイエット

では、我慢せず食べて綺麗に そして自然にダイエットに成功する極意のまとめです。

生活習慣

・よく眠ること

・朝日を浴びること

・お風呂で『肩甲骨のまわり』『首まわり』『脇の下』を冷やしたり、刺激 をする。

b)食生活

・食用油は、オリーブオイル、えごま油、亜麻仁油を使う

・ご飯、パンの代わりにオートミール

・りんごを食前の30分前後に摂取

・就寝2時間前に『ホットヨーグルト』

・おやつや、食前に「干し芋」一日2枚まで

c)イメージ

・雑誌などで綺麗なモデルなどを見かけたら、

それを切り抜いたりして、 部屋にたくさん貼っておくなど脳にイメージを刻み込む。

【食べるダイエットの食材 まとめ】

この食材を普段の食生活に取り入れるように心がけてください。

  1. a) 漬物 キムチ 納豆 ヨーグルト キャベツ アスパラガス ゴボウ タマネギ ねぎ カボチャ ほうれん草 ブロッコリー マッシュルーム 大豆 ごま
  2. b) アジ イワシ サンマ サバ マグロ ⻘魚 小魚 ホタテ 牡蠣 ひじき 藻類
  3. c) レバー 肉類
  4. d) オートミール
  5. e) りんご バナナ ホットヨーグルト
  6. f) ココア 牛乳 乳製品
  7. g) アーモンド ナッツ類
  8. h) ココナッツオイル
Pocket
LINEで送る