ジュースは何故いけないのか

貴方はきっと帰りに自動販売機でジュースを買うでしょう。またお茶を買う人もいるかもしれません。私は今回何故ジュースがなぜいけないのかを書くために本書を書いています。私も昔はボテとチップスとジュースをよく食べて飲んでいました。しかしこれは悪魔の組み合わせというほど体に悪いものです。何故ならばジャンクフードに糖分過多のものを飲むからです。

ジュースには色んな物があります。コーラーからジンジャーエール、そしてファンタなど多種多様にあります。一体ジュースの何がいけないのか。一言で言えばジュースはまさに砂糖の塊です。そして多量の食品添加物などがあります。これらのものを長い間飲用していると体に何かの影響が出てきます。それは個人差があるのでここでは言えませんがはっきり言えることはまずメタボになることは間違いないでしょう。

ジュースは太りますからね、誰でも飲みたいですしのどが渇けば自動販売機でかえるわけです。しかしこんな危険なものが平気で「どうぞ飲んでください」と売っているとなればゾッとしませんか。私はゾッとします。何故ならばジュースのカロリーも100グラムあたりですから普通のペットボトル(500ml)当たりで計算すればかなりのカロリー数になります。

他にもジュースは発がん性物質を含んだものがあります。これはカラメル色素、スクラロース系などが入っている場合です。ジュースには多くの場合これらの添加物は入っています。こんなものを子供が平気で飲んでいるとなると将来のメタボのリスクはかなりの確率で上がるでしょう。気づいた時では遅いのです。ジュースをやめされることが一番大事なのです。ジュースをやめさせる方法については一番最後の方で書きますがジュースをやめさせるためには長期スパンで継続できるということが条件です。

ジュースを飲むのは外出した時が最も多いです。私も追走してしまいます。ジュースを飲んでも何のメリットもありません。お金と命を削るだけです。今のうちからお茶にシフトしましょう。お茶は健康に良いですが市販のペットボトルのお茶はダメです。あれは船瀬俊介氏の本にも書いてありますが多量のネオニコチノイドがありそれはEUの基準値の300倍だと言われています。一番いいのは楽天などのネットショップでお茶の葉っぱを購入してお茶を家で作ることです。

勿論安全かどうかはわかりませんが市販のお茶よりはましです。市販のお茶はものすごい残留農薬があると言われています。私も今は購入していません。すこしずつでいいです。ジュースをやめる週間をつけていけば自然とやめることはできます。週3本ジュース飲んでいたものを週2本にするなど努力すれば完全にやめることはできます。ですから大事なことは継続して行くことです。誘惑もあるでしょうがそんな時はお茶を飲めばいいのです。お茶についてもあとで紹介します。

とにかく言えることはジュースは完全なる毒物だということです。こんな毒物を人間は平気で飲んでいたのかと思うと私は情けないです。あなたも気づいたなら即実行しましょう。

 

子供のメタボの大半はジュースにあり

子供のメタボにはいろんな原因がありますが、子供が一番好きなものにやはりジュースとお菓子はセットであります。夏場になればアイスが絡んでくるでしょう。しかしこれらはもう「太ってください」と言っているようなものです。子供を教育する親がメタボにさせてどうするんですか。私だったら子供にお茶を飲ませて運動をさせます。これは私のダイエット系の著書や脂肪肝の著書などを読めばわかります。

子供は特にジュースを親に強請りますがさすがに親も嫌とは言えないでしょう。そんな時はお茶でも買ってあげればいいです。ジュースは完全にメタボの元だということを諭してでも言わないと将来あなたの子供が脂肪肝になったりしたらどうしますか。脂肪肝については私の著書を読んでください。

脂肪肝になれば間違いなしに肝臓をズタズタにすることになります。現代医療など私は信用していませんが、正直消化器系を壊すことはやめたほうがいいです。まだ小さい子供がジュースやおかしの過剰摂取で脂肪肝になればこれは医療費もまた爆発的に膨れ上がるでしょう。そして社会問題化するでしょう。だからといって子供の自由を奪うのかといえばそうではないです。私は正直子供には健康でいて欲しいと思います。そのためにも以下の点に注意してください。

1ジュースは控える

2おかしとのセットは肥満や脂肪肝を引き起こす

3運動を適度にする

この3つをしっかりと実行することが大事だと思います。

 

コーラー1本のカロリーは250キロカロリー

コカコーラと言えば誰もが知っているジュースですがコカコーラのカロリーをごぞんじですか。勿論コーラはペプシーコーラもありますがここではコカ・コーラを基準に考えたいと思います。

コカ・コーラ500ml=約250キロカロリー

コカ・コーラ1リットル=500キロカロリー

実際はもっとカロリーはありますが、これだけでもゾッとするほどカロリーがあることがお分かりいただけます。こんなものを朝昼晩とキチガイのように飲んでいると糖尿病になります。一番怖いのは学生がファストフードによる時です。マクドナルドをはじめとするロッテリアなどもコカ・コーラはありますからね、ハンバーガーとコーラーという最悪の組み合わせで食べればもう1日の摂取カロリーを超えてしまします。これでは洒落になりません。

スリムな体がメタボになり糖尿病になってしまいます。ですからジュース1本肥満のもとではないですが肥満にかかっては遅いのです。特にコカ・コーラは当たり前のように販売されていますしコーラーと名前が付けばなんでも売れます。最近ではトクホのコーラーがありますがあんなものはトクホでもなんでもないです。メタボコーラーです。

こんな特定保健用食品のコーラーに騙されてみんなメタボになってしまうのでしょうね。でもコーラーに健康も糞もありません。飲めば飲むほど健康に悪いものです。私自身が経験したことですから間違いはないです。私も一時期血糖値が高いと言われました。そこでコーラーをやめた途端一気に血糖値が下がりました。

今は安定していますが正直コーラーはろくでもないです。半年に1回ぐらいしかのみません。飲んだら歩いてカロリーを消費します。先ほども話したようにコーラーのかロリーはめちゃくちゃ高いです。そのカロリー数はラーメンに匹敵します。つまり言うならばカップラーメンを買っているような感覚で子供は毎日コーラーを飲んでいる計算になります。勿論大人もですが。これほど単純なことに誰も気づきません。マスコミもコカ・コーラ社を批判できないからです。

ですからみんなこんなペットボトルあたり250キロカロリーもあるコーラーを飲んでも誰も何も言えないのです。私はコーラーは最近は全く飲んでいませんがコーラーを飲むということは角砂糖10個分をガリガリ食べるようなものです。そんなことをすればむし歯になりますよ。コーラーはあなたの健康を損なうことは言うまでもありませんができるだけ飲まないことです。

 

お茶は最高の健康薬

ジュースは最悪な飲み物ということはこれまでも書いて来ましたが、正直今までジュースを飲んだ人がいきなりお茶を飲むというのはかなり時間がかかるでしょう。しかしお茶は最高の健康法なのです。静岡県や福岡県はお茶の産地です。福岡県は八女茶の産地なのです。それほどお茶は日本人とともに歩んできました。ジュースを飲む週間が日本人はある一方で最近ではお茶にまつわる健康にも関心が寄せられています。

お茶といってもたくさんの種類がありますよね。

ゴボウ茶

麦茶

ハトムギ茶

プーアル茶

煎茶

ジャスミン茶

などなど数え切れないほどのお茶が日本にはあります。またお茶をよく飲む静岡県はものすごく健康な人たちがいてがんの発症率も少ないそうです。これほど素晴らしいお茶にはどんな効果があるのでしょうか。

お茶にはこれだけの健康効果があります。

高血圧予防

高脂血症予防

インフルエンザ作用

がん予防

血中コレステロールの低下

脂肪肝の予防

むし歯予防

等などたくさんあります。お茶の種類によって違いますが1つだけ言えることは生活習慣病を予防することができるのです。ジュースをやめてお茶にシフトする生活を1ヶ月ぐらい続けていると必ず体に変化が出てきます。私は毎日お茶を飲んでいますが便通がかなり良くなりました。

また高血圧や脂肪肝で悩んでいる人はお茶を飲むだけでも脂肪肝の予防になりますし正直運動をすれば尚更脂肪肝を完治することもできるでしょう。私自身も脂肪肝ですが、運動をしてその後にお茶をのんで空腹状態を何時間も保つ、最初はなれないものでしたが2ヶ月ぐらいで空腹に慣れました。

お茶の健康パワーは自然の薬であり、そこに副作用もクソもありません。馬鹿高いお金をだして対処療法しかできなマヌケな薬をもらうぐらいであればお茶を飲んで健康になったほうがマシです。より良くお茶を飲むためには毎日食事にお茶をたく必要があります。私は親がやっていますが一人暮らしの人はティーカップ型のものか粉状のやつを買えば良いと思います。

これほど健康なものが市場に出回っているのにどうして人はすぐにジュースを飲むのでしょうか。未だにわかりません。私自身から言えばお茶はお勧めです。ここで言うお茶とはお茶の葉をお湯で注いで飲むものです。最初から完成しているペットボトルのお茶ではないです。あれはあまり飲むと健康に悪いということはわかっています。ジュース生活におさらばして今日からお茶をのみましょう。

 

ゴボウ茶を飲むとみるみる健康に

ゴボウ茶と言えば南雲先生をイメージしますが私自身も南雲先生の本を知ってからゴボウ茶を買うようにしました。ゴボウ茶はものすごく健康に良いですしまた私は最近まで飲んでいたお茶からメインのお茶をゴボウ茶にしました。それは私の家にはゴボウ茶の葉があまりにも余っているのでお茶にして毎日飲んでいます。ものすごく健康的な生活ですね。

ゴボウ茶の健康効果は以下のとおりです。

1脂肪肝改善

2高血圧改善

3がん予防

4肥満改善

5整腸作用

6糖尿病改善

などなどいろんな効果がありますが正直ゴボウ茶を毎日飲むようになってからはほとんど体重は横ばいです。運動ももちろんしますが増えるということはないです。勿論ここは個人差がありますが正直私は毎日ゴボウ茶を飲んで健康維持していきたと思います。

最近は病院での血液検査でも尿検査でもゴボウ茶を飲んでからは多少回復しました。ゴボウ茶は長く飲めば飲むほど健康になっていきます。西洋医学なんかもういらないというぐらい体が回復してきます。これは私自身が今もずっとゴボウ茶を飲んでいますが、正直利尿作用もきついですがその後はスッキリします。

変な薬を飲むよりはましです。副作用も何もないゴボウ茶はまさに健康茶そのものです。私は健康を広めるためならばゴボウ茶をドンドン飲むべきだと思います。勿論食事や運動を改善して行くことも大事です。そして何よりストレスを溜めないことも大切だと思います。ストレスこそが最大の敵でありそこからジュースをがぶ飲みしてしまうという事にもなりますのでぜひ注意してください。

 

ジュースの中には角砂糖10個分の甘味料がある

貴方はきっと毎日ジュースを飲んでいるかもしれませんがジュースが健康を害すると言うのは最初に書きました。ジュースの中には角砂糖10個分の甘味料があります。コーラーの中には以前から私はコーラーばかり飲むと糖尿病になるよとさえ言われた記憶があります。そのことを考えてもおそらくものすごい糖分があると言えます。貴方はゾッとしませんか。私はゾッとします。

毎日ガリガリと角砂糖10個も食べているのであればむし歯になります。アホだってわかります。しかしそんなことを平気でやっているのが日本人です。角砂糖10個分の人工甘味料入りのジュースを平気で飲むわけですから狂気の沙汰とはいえないです。ジュースを毎日飲む人は確実に糖尿病になりヘタをすれば腎臓系の疾患にかかるでしょう。昔から肝腎要というように肝臓と腎臓は人間の臓器の中で心臓の次に最も大切な臓器なのです。その臓器を痛めつけてまでジュースを飲み続けるのはまさに死ぬようなものです。

この事実は大手マスコミは黙殺しています。親も知りません。唯一あるのはインターネットです。インターネットからしか情報をとるしかできないのです。だからこそジュースの危険というものを知ってほしいと思います。美味しいつもりが実は体を蝕んでいる、これはサイレントキラーに過ぎないのです。脂肪肝の時も書きましたが脂肪肝はメタボに隠れて進行するかくれメタボと言っていいでしょう。しかしジュースを飲めば脂肪肝だけではないです。ヘタをすると糖尿病にさえかかります。気軽に120円でジュースは買えますがこの暑い夏、私はジュースよりもお茶をおすすめします。お茶はいくら飲んでも無害です。そしてよく運動をすることが大事だと思います。

 

 

最も最悪な組み合わせがジュースとコンビニ弁当

サラリーマンに取ってはランチは楽しみだと思いますが、やはり昼飯は独身の方なら自分で作る、既婚者の方なら愛妻弁当などを持参すれば理想ですが、最近の人達は皆コンビニ弁当に依存し過ぎます。コンビニ弁当のカロリーはいくらあるか御存知ですか。弁当によって違いますが。平均600~900カロリーです。1日の摂取カロリーの半分以上をとっていますからこれは言うならばもうカロリーオーバーです。

私はおすすめできないのはここにジュースが加わると最悪な組み合わせになりますね。言うまでもないですがジュースはカロリーが高いですし糖尿病になる可能性は高いです。そしてそこにコンビニ弁当ときたらもう最悪そのものじゃないですか。私は正直あまりこの組み合わせはおすすめしません。勿論お茶の組み合わせが一番いいでしょうが、それならば水筒にゴボウ茶なり煎茶なりを入れて来るのが理想的です。コンビニ弁当を仮に食べてもジュースを飲まないといけない理由はないと思います。

私自身もこの最悪な組み合わせを経験しました。もう悪夢そのものでしたが、正直この組み合わせは確実にメタボになります。あまり個人としてもおすすめしません。それは年数が経てばわかります。以前ウェストが細い人が太くなっているのはよくあります。私もここ15年で15キロ太りました。大体1年1キロペースです。勿論20代の頃はジュースをよく飲んでいましたからそのせいでしょう。ジュースは百害あって一利なしです。そしてそこにコンビニ弁当ですからお金と命を削るようなものです。こんな馬鹿馬鹿しいことを続けているとしっぺ返しを喰らいますので貴方はしないほうがお勧めです。

健康に長生きするためには自宅からお茶を持ってくることと、弁当は自分で作る、愛妻弁当にするなどの措置をとるほうがいいでしょう。今のままでは確実にサラリーマンのメタボも増加することでしょう。貴方はそのままでいいですか。コンビニ弁当はたまに食べると美味しいですが毎日食べるとゾッとします。

1000カロリー以上毎日摂取しているとなれば月のカロリー数は3万カロリーです。こんな恐ろしいカロリー数を食生活の改善と運動で落とすには何年かかるでしょうか。断食でもしない限りは無理ですし、3万カロリーと言うとんでもないカロリーを消費するには少なくとも運動を毎日しても何年かかるかわかりません。

ですから私は正直コンビニ弁当は食べるべきではないと思っています。最も言えば健康的な玄米菜食がいいと思います。貴方の健康を損なうコンビニ弁当とジュースの組み合わせ、こんな組み合わせまずないでしょうがぜひ真実を知ってください。

 

どんなお茶を飲めばいいか

どんなお茶を飲めばいいか、迷いますよね。私もそうですがペットボトルのお茶はあまりおすすめしません。あれは残留農薬であるネオニコチノイドが基準値の300倍以上はあると言われています。そんなもののために健康を害するのならばまずは自然からとれたお茶に限ります。

センブリ茶

ゴボウ茶

緑茶

焙じ茶

煎茶

などなど腐るほどお茶はあります。このお茶をどうするかは貴方次第ですが、どのお茶がいいかはやはり人それぞれですし私もいろいろ飲んでこれがいいなというものを決めます。プーアル茶などもいいですし、本書で紹介したゴボウ茶なども良いと思います。楽天市場で売っていると思いますのでぜひ購入してみてください。何度も言いますがお茶は煎じて飲んだものが一番健康的です。ペットボトルのお茶はあまり良くないです。たまにぐらいでしたらいいですがずっと飲んでいると健康に悪いです。

私もゴボウ茶を煎じてからはほとんどゴボウ茶を飲む以外はお茶と言えばゴボウ茶しかのみません。本書でも紹介しているようにゴボウ茶は今や国民誰でも知っていますし愛用している人も多いです。勿論他のお茶がいい人はそれでもいいと思いますが正直私はゴボウ茶は欠かせないツールとして今は毎日飲んでいます。あなたがもし何かの病気になっているときはそれにあったお茶を飲むのがいいでしょう。

効果、効能がかぶる場合はあなた自身が判断すればいいですが、正直ここはいろいろお茶を試して見てください。そうすればきっと良いお茶が見つかることでしょう。私はこれがきっかけでジュースをやめてくれる人が一人でもいたらありがたいと思います。ジュースはなにも生みませんがお茶は万能薬としての役割を果たします。ですからあなた自身もきっと役に立つと思っています。

 

間違ってもファストフードには行ってはいけない

ファストフードはもう何度も言いますが「メタボになってください」というものです。ファストフードにはジュースやコーヒーなどなんでもあります。これらは行けばいくほどメタボや脂肪肝になり挙げ句の果てにはどうなるかはみなさんがよく知っているはずです。ダイエットを始めたのに続かないからといってファストフードに行けばそれまでの努力はフイになってしまいます。それはなんにも生みません。死に物狂いでダイエットしたのに一体俺は何をしていたのだろうかと後悔だけが残るだけです。

ファストフードはただ食べれば食べるほどメタボになるだけですし、正直消化器系が正常に元に戻るまでに2日かかります。これは私が実証したので間違いありません。多少個人差はありますが本当にこの2日は断食しました。イオンやダイエーなどいろんなデパートの中には必ずといっていいほどファストフードはあります。ほとんどの人は子供連れで来るでしょう。そこでジュースを頼み飲むでしょう。しかしそれがいずれ悪夢を生むことは言うまでもありません。

ファストフードはハマればかなりの確率で行きたくなります。私もファストフードに結構ハマった一人です。だからこの感覚は今はもう無いですが忘れられないです。しかしこれが習慣化したら怖いです特に中高生は少しの小遣いでもファストフードに行って楽しい話をするでしょう。それはそれでいいかもしれませんがしかし私は非常に習慣化すれば危険ですしメタボになる可能性は十分あると思います。

また冒頭に書いたように子供のメタボは深刻で特に脂肪肝はどれくらいあるかはわかりません。子供に脂肪肝があるとわかれば即刻ジュースも何もやめさせ、食事療法、運動療法で改善するしかないのです。ファストフードなど論外です。ですから日本はもう危険なほどファストフード店はあっちこっちにあります。これらを全部なくせというのは無理な話でしょう。

しかし子供の健康を考えたらファストフード店に行かないことが大事です。メタボになって病院に行き命と金を貪られるのはあほらしいです。ハンバーガーのセットだけでもカロリー数は1000カロリーを超えるとさえ言われています。中に何が入っているかによって決まりますがボテトはパーム脂を使っていますから体に悪いです。パーム脂は腐った脂らしいです。こんなものをいくたびに体のなかにぶち込んでいるというのは非常に恐ろしいものです。あなたのお子さんをメタボにするようなものです。もっと言うならば自殺行為です。ですからファストフードには行かないことです。これが一番のスタート地点だと思います。

 

ジュースから完全に脱却する方法

最後になりましたがジュースから完全に脱却する方法をここで書きたいと思います。私は余談ですがビールをやめてからもう18年ですし基本的にジュースもやめてから1年ですのでやめようと思えばやめることはできます。ただし個人差があるのでいきなりやめるのは難しいと思いますので今から書くことを実践してみてください。

まず1日にジュースを多く飲んでいる人は1本ずつ減らして行きましょう。これだけでも体や臓器にかかる負担が減ります。そしてそれができたなら月にどれぐらい飲んでいるかを自分で計算して理解するのです。この順序は逆でも構いません。このジュースをすこしずつ減らしていくことで血糖値も少しずつ元に戻りますしダイエットも徐々に結果が出てくると思います。今必要なのは継続していくことなのです。私はジュースをのみおかしを暴飲暴食ばかりしていましたその結果がメタボであり脂肪肝であったとおもいます。結局は自分の責任なのです。

ですから私はジュースをやめ、今はお茶を飲んでいます。お茶を飲む週間をつけるまではやはりまたジュースを飲みたいという言葉ばかりが先に走りました。しかし本書に書いたようにジュースは添加物や砂糖まみれのろくでなしということが理解できたと思います。あなたがこの先健康で痛いのであればジュースはやめることです。

話がそれたのでもう一度ジュースからから脱却する方法をまとめておきます。

11ヶ月に飲んでいるジュースの本数から逆算しジュースの本数をどれくらい減らすか決める

21の計画が決まったら3ヶ月実践してみる。

3健康に変化が見られたら更にもう1本減らす。

4その間はお茶を飲む、勿論焙煎のお茶である

5更に3ヶ月実践して改善したらそのまま継続する

さらりと書きましたが要はジュースの本数を減らしていくことです。これは人それぞれ違いますので様子を見てやることです。コツコツ継続してやることが大事ですのでぜひ頑張ってやってください。

 

お茶を飲む習慣をつけよう

日本人はどうしてもジュースやコーヒー等いろんな飲み物の誘惑には勝てないのは仕方がありませんがあなたがもし健康になりたいのであればまずお茶を飲む習慣をつけることです。事実お茶を消費している静岡や京都の人たちはよくお茶を飲んでいるので長生きしているということをよく効きます。

私自身はお茶がとても大好きですがあなた自身はどうでしょうか。健康の秘訣はやはりお茶を毎日飲むことではないでしょうか。どんなお茶がいいかということに関しては先に紹介したようにごぼう茶でもいいですし普通のお茶でもいいのではないでしょうか。私は緑茶が多いですがあなたもきっと緑茶が多いでしょう。人間はやはり緑茶の文化がありますから私は緑茶をのむことが大事だと思っています。

ですから大事なことはなにかと言えば正直ジュースは極力控えてお茶をとにかく毎日3杯はのむことです。健康に害のないお茶であればあなたの健康はみるみるうちに回復してきます。特にごぼう茶などは最近は私自身もネットで購入していますがやはりいいものです。ですからお茶をのむ習慣はつけるべきですね。お茶を飲む人には癌のリスクはすくないですから。最後まで読んでいただきありがとうございました。

Pocket
LINEで送る