食生活の改善から見えてくるもの

日本人の食生活は戦後最悪だと言われているが、正直現在の食生活はまさに肉中心の生活であり1日 3食ということが当たり前のようになってきている。日本人の食生活が非常に悪くなったのはここ最近のこと であり正直長生きするためには食生活を改める必要がある。

しかし今の医者は当たり前のように食べなさないということをすすめているがこれは私が病院に通院したり 栄養学の先生に何度も話を聞いたりする限りどこか矛盾している。確かに食べる事は大事だが、食べれ ば消化しないといけない。しかし日本人の食生活は腹八分ということが正しいとされるが、私はそうは思わ ない。

これまで書いたとおり腹六部でも十分だと思うし医者はこれでも多いぐらいだと言っていた。しかしこれは個 人差があるので断言はできないが、日本人の食生活は改めるべきだとおもう。つまり簡単に言ってしまえば 2食主義にしてもいいじゃないのかということである。批判的な意見もあってもいいとおもうが正直私は消化 器系を休める意味でも日本人の食生活は改めるべきだといえる。

何を根拠に腹八分ということを言っているのかわからないが日本人はその腹八分目を超えてもう食べ過ぎ 飲み過ぎは当たり前である。健康な体を維持するためにはこの後書く精神、運動なども兼ねてやるべきだ が、食事を減らすことが一番大事だとおもう。食事の量を減らす工夫は案外難しい。

すことが一番大事だとおもう。食事の量を減らす工夫は案外難しい。これは自分の経験だがどうすれば 食事を減らすのかが問題だったが本当に試行錯誤の連続であったが私はとにかく食事の量は今よりもか なり減らしている。

確かにお腹がグーとなるかもしれないが慣れてしまえば楽である。いきなり減らすということをするよりも最初 は一品ずつ減らしていき最終的には1食なくすという形が理想的だろう。食事の量を減らすのは本当に何 度も書いてきたように命がけである。あなたもぜひ頑張ってやってほしいとおもう。

日本人は間食するなと言ってもたいていの人は間食をするだろう。私もそうだった。しかし今はどちらかと言 えばあまりしないタイプになった。それは間食してメタボになって病院にお世話になるという悪循環を作りた くないからだ。もちろんどれくらいの頻度でやるか人それぞれだが、いろんな付き合いがあるだろう。自治会 の付き合いもあれば会社の付き合いもあるだろうし様々である。それらを断れとはいわない。

しかしある程度は自分の体をいたわるのであれば間食しないほうがいいに決まっている。であれば付き合い の一つや二つぐらい減らしても構わないと私はおもう。これとは別に今の人は色んな意味で間食をしている のは言うまでもにない。私は間食を減らせば単純に体重も自然に落ちていくものだと思っている。

野菜を食べる週間は日本人にはあまり無いように感じられる。今の野菜ははっきり言えば農薬まみれの 野菜だと思っているが今回はそのことは書かないとしてまず大事なことは野菜をなぜ食べないといけないか ということである。私は野菜を常に食べているが、もちろん野菜と言われてもレタスやキャベツ、小松菜等 色々あるが正直地元で取れる野菜も食べるべきである。

栄養バランスが悪いから病気になるのであって栄養バランスが良ければ病気になることなんて無いのだ。例 えばあなたが肉を食べる週間がある場合は必ず野菜はその2倍ぐらいは食べていもいいだろう。

嘘か本当かは分からないが厚生労働省は野菜を400グラム摂りましょうと言っているぐらいだから400グ ラムがベースになるとすれば貴方は400グラム以上を食べないといけないことになる。とにかく野菜を食べる 週間をつける事は大事であることだ。

ジュースはいつでもどこでも飲める便利なものだが今回の消費税増税で10円ぐらい上がるかも知れない がそれはさておきジュースよりお茶がいいのは私の著書「ジュースよりお茶を」の中でも書いたが、正直ジュ ースは百害あって一理なしである。ジュースは飲めば飲むほど体を蝕むものだということを私は繰り返して 言いたい。

特にコカ・コーラは昔から知ってる人は多いと思うがあのコカ・コーラのコかとはコカインのことを表している。一 般的にマスコミはなにも言わないがこれは事実である。ジュースの中にはいろんなものがはいっている果糖、 カゼインなど腐るほどの添加物が入っているので人間がこんなものを飲めばキチガイの1人や2人出てもお かしくないだろうと私は思ってしまう。

それにジュースのカロリー数は一般的に知られていないが500ml一本あたり大体400キロカロリーなので ラーメンと殆ど同じではないかと思うのだ。私はジュース代に金を捨てるぐらいであればお茶を飲むことをお すすめする。その理由は簡単である。お茶は昔から健康にいいからだ。といってもペットボトルのお茶ではな い。きちんとお茶の葉を煎じて飲むタイプのお茶のことを私は言っているのである。その方が健康になれる事 は言うまでもないのでぜひ実践してほしいとおもう。

脂肪肝は現代食をしている限りだれでも起こし やすいということは言うまでもない。これは私が経験しているので貴方もきっと経験しているだろう。ただ本当 の意味で日本人はこの脂肪肝のことを理解していないのでなぜ起こるか簡単に書く。

それはもう過食意外のなんでもないということだ。それ意外に起こるとしたらムードスタビライザー系の薬に 寄るものだとしか思えない。要するに抗てんかん薬などを服用している人は医薬添付文書に脂肪肝にな ったら服用中止と書いてあるのでこの辺りについてはきちんと医者と話し合うべきである。

そうでない人は過食をしないことに尽きるとおもう。過食をしている限り脂肪肝になって当たり前である。薬 を飲んでいる人と飲んでいない人では対策が違うがまず飲んでいる人はとにかく自分の薬の副作用が食 欲旺盛になっていないかをネットで調べるなりして理解しそして医者に聞くことが大事である。そうでない人 は繰り返しになるがダイエットに励む事が大事である。

 

精神を安定させることでダイエットも出来る

現代人はストレスを溜めやすいと言われているがこれは食生活が変わり遺伝子組み換えや農薬まみれの ものを食べているからこそ起こるものだと私は思っている。ストレスを溜めない日本人などいないが、どうやっ て発散したらいいのかもわからない日本人が増えてきた事も確かである。

ストレスから完全に避けられるわけではないが正直私はストレスとは上手に付き合うしかないと思っている。 確かにその人が育った環境もあるだろう。育った環境を憎む人もいるだろう。そういう人もストレスをためるひ とではあるが、それは個人個人がストレス発散法を活かしきれているかどうかである。

例えばお笑い番組を見ることもストレス発散にはもってこいである。私はストレスためやすい人間なので吉 本新喜劇をみるがこれでもかなりのストレスが発散できる。あとは好きなことをするだけである。人に迷惑を かけなければ好きなことをすればいいとおもう。ダイエットと直接関係ないかもしれないがストレス発散をする 方法は無限にあるということを知っていただきたいと思う。

ダイエットは我慢大会ではないと言われるとそうかもしれないだろうが私は無理なダイエットは単にストレスを 増やすだけに過ぎないと思っている。だからこそダイエットで大事なのはコツコツ頑張ることであることは言い 続けてきた。やはりダイエットといっても置かれている環境やどのようにしてなったかなどは全く違う。しかし痩 せるのであればなにも自分の好きなものをいきなり我慢するのはこれは得策ではないのは当たり前である。

やはり私はダイエットというのはできるときにコツコツやるものだと思っている。これは本当に自分の経験から 学んだ事なので正直ダイエットで挫折しているあなたにも言いたいぐらいだ。ダイエットはやるべきだけどスト レスを溜めないような工夫をするべきである。

精神疾患の薬は飲まないほうが理由についてなぜだという意見もあると思うが私は一般的に抗てんかん 薬を飲み続けてわかったことだが医者が全く医薬添付文書を無視して服用を中止しなかったということに あるがこういう薬害性肝障害などの薬の副作用が原因で過食になった脂肪肝になったという例は実に多 い。

もし私の言うことが信じられないのであれば「薬名 医薬添付文書」と検索してその薬の医薬添付文書を 観てほしいとおもう。医者の8割は実にその医薬添付文書を無視しているのだ。精神疾患の薬は飲めば 飲むほどその反動は色んな所に返ってくる。ある人は肝障害になりまたある人は腎障害になる、個人差が あるのでなんとも言えないが正直これは私が経験したので誤差があるにしても事実である。

精神疾患の薬を飲んでなにもなかったという方が不思議である。多剤投与をしてくる今の医者の体質から 言えばもうやっていることは殺人行為である。これがダイエットとなんの関係があるのか、一言で言えば薬の 多剤投与が関与した肥満や脂肪肝は病院に言っても医者からは生活習慣病としてしか観てもらえない ということだ。精神疾患に罹っているというならば一度この辺りを相談したらいいとおもう。私もそうしてきた ので貴方もぜひやってほしいとおもう。

笑いはいろんな病気を治すとまで言われているがその通りである。笑いがストレスを発散することは言うまで もない。病は気からという言葉通り昔からストレスをためる人に病気は起きていた。しかし最近は笑えばい ろんな効果があると実証されているのだ。例えばストレス発散の他のもがん予防や脂肪燃焼などいろんな 効果があるこの笑いは史上最強の薬かもしれない。

しかし多くの人は未だにストレスを溜めても薬に依存する体質は変わっていない。私は大いに笑う事はいい ことだとおもうし正直ダイエット以外にもいろんな病気を治してくれるのであればこれほど副作用がないもの はないとおもう。お笑い番組を観てゲラゲラと笑うぐらいならいつでもできる。ネットでもいいしDVDをレンタ ル、購入してきて観るそして笑うというのもいいだろう。私はとにかく笑えということをしきりに言いたいのだ。 笑いこそ最高の健康であることはこの場を借りて言いたいと思う。

疲れた時は休む、これは一番の薬ではないかと思っている。私はたいていはつかれた時はもう休むことにし ているので作業も完璧に出来たことなどない。なにも締め切り日があるわけでもないので無理をするという ことは絶対にしないことに決めている。それは体が資本なので自分の体が無理をするなと言っている時は 絶対に食うな動くな寝ていろというようにとにかくおとなしくする。

これが一番の健康法でありストレスを溜めない方法ではないだろうか。私はそうおもうし実際にやっているの で貴方にもおすすめだ。疲れるのは体をとことんいじめ抜いている証拠だからだ。だからこそ大事な貴方の 体を癒やすためにも休む事は大事なのだ。私は正直疲れても無理はしない人間なので貴方もぜひ無理 はしない人間で会ってほしいとおもう。

 

ダイエットと運動

ダイエットをするうえで一番大事なことは何度も言うように無理をしないことにある。それはこれまでダイエット で失敗してきた自分の経験がものをいうからだ。基本は歩くことからである。歩くと言っても毎日やることは ない。少しの時間でもいいので自分ができる範囲で楽しく歩くことが大事ではないだろうか。

いので自分ができる範囲で楽しく歩くことが大事ではないだろうか。医者から痩せるようにと言われている人 ほど完璧にやろうとする癖が多いが私もそうだった。しかし完璧にやろうとしてもどこから手をつけたらいいの かわからずストレスが溜り元に戻るということはよくあったからだ。私はまず自分で歩くということは決めていた ので後はなりふりかまわず歩くことにした。

カメラを持って歩きながらの撮影なりそこはいろんな工夫をした。要するにいかに楽しめる工夫を持っていな いといけないということになるが正直私は楽しめる工夫はあったほうがいいとおもう。あまり毎日強制的にや ろうとか思わないほうがいいとおもう。できるときにやればいいとおもう。それこそがシンプルで一番いいのでは ないだろうか。

先ほどは歩くという話をしたが、今度はサイクリングの話である。サイクリングもどちらかと言えば私はダイエッ トにはおすすめでありシンプルではないかとおもう。これは普段から自転車に乗る人ならばわかるが色んな 所を自転車で行ってみたいというのはだれでも思い浮かぶことだからだ。私自身も正直暇があるならばサイ クリングに出かけるタイプの人間である。

となり町まで大体5キロぐらいあるので運動がてらに出かけることが多い。本当に寒い時よりもいまから暖か くなるような時期はサイクリングは持ってこいだ。私は正直サイクリングで痩せた人間なのでもしダイエットで なかなか痩せられないというのであればぜひサイクリングはおすすめしたい。お金おもかからないし正直いつで もどこでもできるので続くと思うし自分のやりたい時にできるという側面もあるので貴方もぜひやってみてはい かがだろうか。

持病を持っている人はあまり無理ができないし正直薬の副作用によって激しい運動を制約されている可 能性があると思うがこんな時は先ほども書いたように歩く事は最低やってほしいとおもう。確かに病気によっ てはそれすらできないという人もいるが今私はたいていの病気が歩くということで長期的に見れば完治して いることは言うまでもないが正直持病を持っている人はあまり無理ができないので適度に歩くことが大事 だ。

歩くことを連呼するかもしれないが、持病持ちの人が一番シンプルな運動は歩くことだ。ただその加減が難 しいだけであり人によっては少し歩いただけでもダメなケースもあるので注意が必要だ。ここはかかりつけ医 に話すかするしかないのでしっかりと納得行くまで話してどんな運動が適しているかを貴方なりに答えを出 してほしいとおもう。

長く運動をすることは難しいものである。私もこれまでいろんなダイエットに手を出してきたが正直運動を長 くするコツはまず楽しむこと、そして工夫することである。運動と言ってもその人にあったダイエットの運動をし ないと逆効果になる。私は常にいうが運動をするのであればどうやって継続的な運動をするか、そしてどう いうふうにしてやるか等いろんな視点で考える。ダイエットにしてもそうだが別に毎日はしない。

これは先ほど書いたようにシンプルに言えばやりたいときにやるということが正しい答えだろう。何故ならばダ イエット法に答えなどないからだ。あるならばみんなそっちに行っているだろう。私の場合は答えを求めないこ とにしている。自分のダイエット方がたとえ批判されようともそれで少しでも痩せたら私はそれは人から批判 されても自分なりに結果がでたなというふうに解釈するのが筋ではないだろうか。

ダイエットは常にシンプル・イズ・ベスト、そして工夫をして毎日じゃなくてもいいので貴方なりにアレンジして やる、それが痩せる鍵であると思っている。

Pocket
LINEで送る