ダイエットが必要なのか?脂肪肝とはどんな病気か

脂肪肝は肥満の陰に隠れるサイレントキラー

メタボリックシンドロームという言葉は聞いたことがあると思うが正直私は日本人は食生活が欧米食化になったことで肥満が今でも増えていることは確かである。日本はほとんどの場合3食主義だが私は2食主義でも十分だと思っている何故ここまで肥満が増えたのだろうか。それはさておき、肥満の陰に隠れているものがある。これは通常のメタボ検診では見つかりにくいとさえ言われている。血液検査、エコー検査などをやって見つかるものだ。それが脂肪肝である。脂肪肝とは文字通り肝臓がフォアグラ状態になることを言うのだが誰もそんなことは予測していない。

しかし今の食生活を見ている限りは脂肪肝になりやすい人は多い。事実私自身も脂肪肝になって治療中である。脂肪肝は後でも書くが病院に行っても治療法はほとんどない。薬で治す方法などない。食生活、精神の改善、運動の改善しかないのだ。この3つの改革をしない限り脂肪肝は永遠に治らないのだ。昔から肝腎要と言われるように消化器系は大事にしましょうということは言われてきた。アルコールで成る脂肪肝も勿論質悪いけどやはり過食による脂肪肝は最もたちが悪いだからこそメタボの陰に潜むサイレントキラーをしっかりと理解しないといけないのだ。病院で脂肪肝の治療をしている人はコレステロール降下剤を飲まされないようにしたいものである。

 

ダイエットストレスが招く悪夢

人間はストレスを溜めるなといっても溜めてしまうものだ。私だって嫌なことの一つや二つぐらいはある。しかしその嫌なことでさえ脂肪肝の原因になってしまうのだから恐ろしい。昔から病は気からというように病気の原因はストレスが全て元凶であり正直ストレスを溜めない生活をするべきだと思っている。これはいろんな考え方があるので私自身は分からないが、正直工夫することだ。例えば仕事がはかどらない時は無理をせず気分転換をするなどすればいいと思うし旅行などでもいいとおもう。こういう気分転換ができる人は最高だとおもう。私も執筆はなにも完璧にやっているわけではないのでコツコツと頑張っている位だ。

だからなにも無理はすることはないとおもう。私は自分のペースでやればいいと思っているし事実そうしている。ストレスを溜めては意味が無いし正直始まらないのでさっきも書いたようにコツコツやることが大事だ。なにも個人事業主であればあなたが社長なのだから無理はしないことだそこに脂肪肝になる落とし穴が待っているのだから。

 

脂肪肝になる原因

脂肪肝になる原因はいくつもあるが、主な原因は大体こんなものである。ストレス過食運動不足この3つが大抵脂肪肝に絡んでいると言われる。中でも過食はたちがわるい。やはり過食になるなと言われても女性の場合はスイーツを食べる時があるだろう。私はスイーツは食べたことはないが正直スイーツは脂肪肝になってくださいそのものである。あとは運動不足である。運動は本来食べたものをエネルギーとして使うはずなのに全く使わず蓄積してしまうので質が悪い。私はやはり食べたら運動する癖をつけるべきだろうとおもう。

脂肪肝は高血圧にも影響してくる。正常値の高血圧もやはり脂肪肝が影響しているとかなり高いらしい。これは個人差があるのでなんとも言えないが正直私は緊張するときにしか高くならない俗にいう白衣高血圧なのでさほど問題がないのだが、脂肪肝はいろんな合併症も起こすのでこわいのだ。だからこそ単なる肥満で片付けるのではなく脂肪肝を疑い、もし自分が脂肪肝であれば真摯に向き合い痩せる努力をするべきである。今のままではただメタボになるだけである。脂肪肝と真摯に向き合おう

 

ダイエット中に間食をしていないか

間食は脂肪肝の最大の敵と言っていいかもしれないが本当に日本人はよく間食をする。イオンやローソンなどでも好きなものを購入している姿をよく見るけどあれはあれでもう脂肪肝になっているようなものである別に食べるなとは言わないがコンビニ食がどれだけカロリーがあるかという事はあまり知られていない。コンビニ食はとにかくカロリーが多いので正直私はおすすめしないしお金の無駄使いだからやめておいたほうがいいとおもう。今の子供はほとんど間食をするなと言ってもするだろう。脂肪肝は間食との闘いである。今の子供はほとんど間食をするなと言ってもするだろう。脂肪肝は間食との闘いである。だからこそ空腹を楽しむことが大事なのだこのことについては後で書くが正直この治療法のない脂肪肝をどう治すかはこの後のセクション以降を読んでいただきたいと思う。

 

食事ダイエット

ダイエットの基本は腹六分目

日本人の食生活は腹八分目だが、これはもう食べ過ぎと行っても過言ではないぐらいである。それは私自身がこれまで脂肪肝関連の書籍を書いたのであえて書かないが、日本人はとにかく食べればいいという考え方が浸透した背景がある。そして何より現代食は一番最悪だろうとおもう。遺伝子組み換えや食品添加物などありとあらゆる危険なものが入っているから脂肪肝にもなってもおかしくは無いだろうとおもう。本来日本人は腹六分目が理想的である。この腹六分目がなかなかできない。これは食べればそれでいいということに慣れてしまえば本当に腹八分目からの脱却は難しいといえる。

私は常に2食主義を唱えているが正直1食でもいいとおもう。これは肝臓の再生サイクルから考えたものでありデタラメに書いているわけではない。とにかく人間の食生活は地上最低の食生活であり今のままの食生活を続ければ治る病気も治らないだけである。だからこそこの食生活を改善するべきである。最初に話したように脂肪肝は特効薬もなければ治す方法はないという病気なので正直痩せるしかないということだ。それも今までの食生活を変えないとダメであり本当にダメになるだである。

 

ダイエット中にコンビニ食ばかりしていないか

どんなに忙しいからといってコンビニ食ばかりしていると痩せる物も痩せないものである。コンビニ食はカロリーが相当高い分価格も高い。日本人がメタボになったのはおそらくコンビニ食を食べてからだろう。コンビニ食にはものすごい食品添加物がありあまりおすすめできないものもある。だからこそきちんとした玄米菜食主義を貫き通してもらわないといけないのである。しかし今はサラリーマンやOLもほとんどがコンビニ食だ。こういうデタラメな食生活を改善するためにはカロリーをよく知ることだ例えばコンビニ弁当もピンからキリまであるけど正直平均カロリー数は大体500~700カロリはあると考えたほうがいいとおもう。これは私が食べたコンビニ弁当から算出しているのでもっとカロリー数の低いものがあるかもしれない。

コンビニ食でカロリーが高いものは大抵こんなものである。サンドイッチ:300~400カロリ弁当:500~800カロリーラーメン:300~500カロリーざっとこんなものであるがこれにプラス何かを食べていればそのカロリーはもっとあるはずだ。これはあまり断定出来ないので書かないが唐揚げなどがあればもっとカロリーは跳ね上がるだろうとおもう。本当に質が悪い。

だからこそ大事な事は極力コンビニに行かない努力をすることではないだろうかスーパーの方が安いしコンビニはとにかく高いので正直私はコンビニは公共料金を払うぐらいにするべきではないかとおもう。それかAmazonなどのギフト券を購入する程度にするなどとにかく余計なものを買わないことをおすすめする。

 

ダイエットはスナック菓子にはまると怖い

これは私の経験談なのであなたにも当てはまるかどうかわからないけどスナック菓子は脂肪肝になってくださいと言っているものであり正直オススメできないものだ。当たり前だが店にいって「カネ出すので肥満にさせてください」と言っているようなものである。特に私がいまでもやめられないのはポテトチップスである。子供の頃はそうでもなかったが、どこか一旦スナック菓子にはまるとなかなかやめられないものである。私の近所でもポテトチップス大好きな人はよく見かけるが正直その人がやめられたかどうかまではわからない。おそらくまだ食べ続けているとおもう。

ポテトチップスの何が怖いのかといえばやはり添加物から抜けられないということだろうか、私自身もつい購入してしまうほどハマっている人間なので正直いい加減やめないといけないなと思っている。言い方を変えれば麻薬中毒と同じである。食べないという人は絶対に食べないほうが健康のためである。ポテトチップを週3で食べれば月に2キロは太るだろう。勿論これは個人差がありひどい人ではもっと太るかもしれない。またスナック菓子は高血圧、高脂血症の原因にもなるので是非やめるべきである

 

ダイエットするならスイーツは食べないこと

女子会など色んなシーンでスイーツは食べる機会があると思うが正直スイーツは一番糖分も多くカロリーも高い事は貴方も知っているだろう。もう脂肪の塊だと言っても過言ではない。私はケーキなどは滅多なことがない限り食べないが最近は歯を悪くしたので全く食べない。最近のスイーツは明らかにメタボになりやすいような添加物が多い事は明白であるしかしそんなことは誰も知らずに買うから肥満になりそして気づかないままに脂肪肝になったということが起きるのだ。ケーキのクリームの部分にはトランス脂肪酸がある。あれはバターに含まれているものとほぼ同じなので「バターを食べています」と言っているようなものである。

スイーツとコーヒーは最悪な組み合わせである。それは糖分が多いからであるが勿論無糖のコーヒーなら問題はないだろうけど脂肪肝の他に糖尿病を誘発することは必至なのでスイーツはぜひ食べるなとは言わないが回数を徐々に減らしていき最終的には辞める方向で行ってほしいとおもう。何より大事なことは食べないことである。

 

ダイエットで成功したいなら2食主義に徹する

日本人はとにかく3食主義だが、これは自然界の摂理からいえば反するものだと思っている。犬もコアラも1日1食しか食べない。あとは食べずともひたすら断食している。人間だけがただひたすら過食をしているので私は2食主義に徹するべきだとおもう。これは私のこれまで出してきた脂肪肝やダイエット関連の著書の中でも書いたように私は2食主義を半年前からずっと続けている。勿論つらいこともあるし正直やめようと思ったことは何度もあった。しかしその2食主義を続ける理由は自分がとにかく痩せないといけないしそのためにはまず肝腎要の肝臓を休ませる必要があったからだ。

朝はコーヒーかお茶だけで済ましているがとにかく朝は食べないことにしている一番私が朝食べないようにしたのは朝食べるとどうも肝臓が消化に莫大なエネルギーを使うので自分自身の経験から朝は食べないようにした。そして今は朝はコーヒーだけにして正直消化器系の負担を軽くする意味でも私は続けてよかったと思っている。

3食食べないといけない法律はどこにもないしそれは勝手に決めたことなので特に守る理由などないし正直食べない方が長生きするのであれば私はそっちを選ぶだろう。食べない工夫をいかにするかが大事であることは言うまでもないことである。

 

ダイエットするならファストフードには行かない

ファストフードはまさにメタボになってくださいと言っているような所であり正直そんな所に誰が喜んで行くかというところであるが、やはり学生は帰りに少しよったりとよく見かけるがファストフードはろくなことはない。これは自分が脂肪肝になったからこそいえる経験だが、ファストフードに通い続けてもろくでもないものを食べさせられるだけでありなんのメリットもない。ハンバーガーにしても他のファストフートにしてもそれは同じことである。ハンバーガーのセットにしてみればその総カロリーは1200カロリーを有に超える事はだれでも知っているはずだ。何故そこに行くのだろうか。

ケンタッキーフライドチキンも同じことだ。肉の塊をわざわざ食べに行くのだからたまったもんじゃにないけど正直そんなものを食べるぐらいならもっと低カロリーで健康なものが食べれるはずである。やはり私はそっちを選ぶべきである。ただ人間の性だからファストフードには行かないと行っても行ってしまうだろう。でもできるだけ行かないほうがいいことはわかっているはずだ。回数を減らして行くしかないと思っている。いきなり行かないと行っても人間それは無理というものだ。やはり大事なことは少しずつ行かないという意識を持ちどうすれば最終的に完璧に行かないようになるかということを考えないといけないということである。この辺りのことについては各々で経験を積むしか無いだろうとおもう。

 

ダイエットスピリッツ

ダイエット中だから笑う

脂肪肝は精神にも左右する事は他の私も脂肪肝関連の著書にも書いたようにストレスを溜めれば溜めるほど過食に走るものだ。当たり前だが病は気からということわざ通り人は精神が乱れると病気に走るものだといえるのは常識だ。そんな時どうするか、特効薬などない。ただひたすら笑うしかないのだ。笑いはいろんな病気を治すということがわかっている。がんもそうだががんに例えるとNS細胞を活性化させることがわかっている以上とにかく笑うということは脂肪肝の抑止にはなるはずだ。よしもと新喜劇でも見れば嫌なことが吹っ飛ぶし正直脂肪肝も少しずつ改善していくのではないだろうか。私はとにかく笑う事はいいことなのでおすすめする。これ以上の薬はないからね。

 

ダイエットは無理をしない

あとで書くが、食生活の改善にしても運動にしてもコツコツやることが大事だ。最近のダイエットを見ているとどうにもこうにも無理をしている部分がある。精神的に追い詰められた人みたいにどこか無茶してでも痩せないといけないと言う間違ったことをやっているがダイエットは想像以上に難しいし厳しいものだ。だからこそコツコツやるべきものではないだろうか。確かにスリムになりたいという気持ちは誰にもある。しかしあまり焦ってスリムになれば健康を害する痩せ方をただ単に実行してしまうので私はおすすめしない。やはり痩せるのであればきちんとステップバイステップでやるべきだろう。しかし何度も書くようにダイエットはバランスが大事であり正直私自身も無理はしないことが大事であるとおもう。

そして何よりも大事なことはストレスを溜めないことである。ストレスをためないようにするには各々が工夫をするべきだと私は思っている。その工夫とは様々であるダイエットはコツコツやるものだと私は思っている。

 

気まぐれダイエット

どんなに痩せたいと言っても痩せるまでのプロセスがある。しかしそのプロセスはかなり遠い。それであれば気まぐれでいいとおもう。それは別になにも人に迷惑をかけない限りはコツコツ痩せればいいのでとにかく自然に痩せることが重要である。痩せられない人に限り世間体を気にすることが一番いけないことだ。私はこの辺りが学習不足だったので今は少しずつ痩せてきているが別に痩せられないからと言って法律上罰則など無い。気楽になって痩せて行けばこれほど楽なことはない。気まぐれに痩せることが大事であることは言うまでもない。

さっきも書いたようにダイエットは気まぐれに痩せることが大事だしなにも痩せられないからと言って法律上罰則などはない。ただ強いていうならば努力義務だろうか。今の日本人を見ていると明らかにダイエットをすればできる環境があるのにどうしてもクルマやバイクに依存している現状がある。私は車の免許など無い人間だが、それでもこうして頑張っているのは健康でありたいからだ。健康ほどありがたいものはない。だから貴方も気まぐれでいいので痩せて観てはどうだろうか。

 

ダイエットは心の改革が重要

私は2ヶ月に1回病院に行っているが何時も話す神経内科の医師は脂肪肝を治すのは本人の心の改革が必要だと言われる。これは正直こういうことをいう医者はめったにいないと思うが、正直私はその通りだとおもう。自分自身に甘えができればいくらでも脂肪肝になってもおかしくないような環境を作るが正直私はそうは思わない。私自身確かにこれまで自分にすごく甘かったかもしれないが正直それはそれで仕方がないと思っている。しかし今の現状を変えない限り脂肪肝は治らない。脂肪肝になったことが無い人間から見れば言ってる意味がわからないかもしれないが脂肪肝はとにかく自分との戦いだ。

脂肪肝を克服するには心の改革が必要だ。なにが何でも克服するという強い意志があれば克服できると思う。もう自分との戦いなので後はその人次第だが正直甘えは禁物だ。あまり我慢する事はよくないが、ある程度は我慢することも大事だ。その辺りのことは自分で経験を積みながらするしか無いだろう。脂肪肝には特効薬など最初からないので焦らずじっくりと治すことが大事だろう。とにかくコツコツ治すことだ。

 

ダイエット中は趣味をもつこと

私は趣味はいっぱいあるが写真撮影が趣味だ。趣味を持つことも精神的な治療になるのでない人よりかはマシである。勿論いろんな趣味があるのでここはあまり語れないかもしれないが脂肪肝になる人に限り過食することは書いた。私の経験から言えばいろんな趣味を持ち散歩などをすることで運動にもなるからいいとおもう。趣味を持つか持たないかで精神的にも私はいいと思うし正直脂肪肝の予防になると思っている。世の中何をしたらいいかわからない人は多いがそれは逆にいえばストレスをためている証拠であり過食に走ってもおかしくはない。だからこそストレス発散のためにいろんな趣味を持つことはいいことではないか。趣味をもって好きな事ができればこれほど幸せなことはないとおもう。

人に迷惑をかけいないのであれば何でもしてもいいとおもう。それはいろんな趣味があるので一概に言えないが、旅行に行くなり史跡巡りに行くなりといろんな趣味があってもいいとおもう。こういう趣味がある人は脂肪肝にはかからない。それはストレスによる過食が少ないからだ。私も今は時々だが運動することがあるが正直楽しいものである。だから貴方もぜひやってみてはどうだろうか。

 

ダイエット運動編

ダイエットの基本は歩くことが大事

脂肪肝を治す、ここまでは食生活の改善、精神編と書いてきたが最後は運動編だ。運動と言っても何の運動をやればいいのかわからない人が多いが正直歩くだけでいい。ただしだらだら歩くのではなくキビキビ歩く方がカロリーの消費は早くなるものだ。歩くことは健康の原点でありなおかつ年齢を問わず出来るからだ。脂肪肝には特効薬もなければ根本的な治療はない。唯一の方法はもう食事、精神運動の3つの改革をするしかない。その運動編をこれから書くが、まずは基本的にどこでもいいので歩くという週間を身につけてほしい。私自身は歩く習慣を身につけている人は脂肪肝になりにくいと思っている。

毎日30分ぐらい歩けばいいと思うが無理は禁物だ。やはり大事なことは自分のペースで歩くということをしないといけないと思う。私も適度に歩いているがあまり無理はしない。体がつかれたときは正直寝る。そうすることが自然の摂理だと思っているので疲れた時はじっくり休み明日歩けばいいじゃんというぐらいになっておけばいいとおもう。そしてリラックスして歩くことが大事である。

 

1時間歩くとダイエットにいい理由

脂肪肝にはやはりいちばんいいのは運動だが勿論食生活や精神面も大事にしないといけない。しかし私は歩くということが何故いいのかは自分のキンドル本で書いてきたつもりだ。歩くということはそれだけ脂肪が消費されているからだ。それは歩いた時間にも比例している。自分自身も一時期無理してかなりの距離を歩いたことがあるが今は無理はしていない。とにかく歩くということはとても大事なことなのだ。私は1時間ぐらいが一番理想的だと思っているが中にはいろんな持病などがある人もいるのでそうは行かないとおもう。しかしそれでも30分の距離を往復すれば1時間になるのでものは考え方次第なのでいろんな考えがあってもいいとおもう。

持病を持ってる人は医者とよく相談の上運動量を決めることだ。あまり無理すると薬が効かなくなり下手をすれば意識障害を起こすこともあるのでこの辺りは注意するべきである。しかし全く運動をしないというのもたちが悪いのでとにかく下肢の運動だけはしっかりするべきである。

 

サイクリングもダイエットにはおすすめ

脂肪肝になって私は自分自身が一番ベストだと思っている運動は歩く以外だとサイクリングだと思っている。気軽にできるし正直きつい時もあるけどあまり無理をしないで頑張れるというメリットがある。車社会になった今車に依存し過ぎている人があまりにも多すぎる。本当になさけない話だが、少しの距離ぐらい自転車か歩くことぐらいできないのかと怒りたくなるぐらいである。事実私はずっと自転車を使って行動しているのでどんなに食べてもカロリーは減るものだ。高校時代は7キロ先にある学校まで毎日自転車通学していたのでその頃の体力に戻るのは無理だが正直昔のようにサイクリングの良さは今でも知っているだからこそ自転車を乗る週間をつけるべきなのだ。そうすればエコな社会になりサイクリングをする人が増え地球を汚染しなくて済む。これほどメリットあることを今の日本人はしないので呆れるものだ。

東京や神奈川などの首都圏でも少し自転車を使うことでいろんなアングルで東京や神奈川というところがどんな所かがみえてくるものだ。私はそんな世の中になってほしいと思うし正直そう願っている。1000万人もいると言われる脂肪肝患者がどうすればゼロになるか、それは生活週間を変える以外にない。だからこそサイクリングや歩くことを積極的にやってみることをおすすめする。

 

ダイエットを長く続けるためにも

長く続けるためにも運動はとにかく楽しむことが大事だが正直私の場合はどうしても長続きしないことがあったがなにも運動は努力義務であり無理は禁物だ。自分がやりたいときに自分がやればいいし、また少し工夫すれば普段の生活の中でいくらでも運動はできる。こうして自分で経験を積んでいけば脂肪肝は治っていくだろう。勿論先に書いたとおり食生活、精神面においても大事である。三位一体がなっていなかったらなにも意味がない。だからこそしっかりと長く続けられるスタイルの確立をしっかりとして行くべきではないかとおもう。脂肪肝はメタボの影に隠れている質の悪い病気であるのでとにかく普段の生活を気をつけるべきであろう。生活習慣に気をつけしっかりとしたライフスタイルを身につけてほしいと思う最後まで読んでいただきありがとうございました。

Pocket
LINEで送る