現代ダイエットは間違いだらけ

現代人は過食し過ぎている

ダイエットと聞くと大抵の人は痩せるだけというイメージがあるがダイエットにはもうひとつの側面がある。それ は健康維持だ。私はダイエットは健康維持の面が大きいと思うが現代人はとにかく過食し過ぎている。こ れはこれまで出してきた脂肪肝関連の電子書籍を参考にしてほしいと思うが日本人はとにかくダイエットを しないといけない人種である。

もともと魚食だった日本人が肉食になったことでメタボ患者が増えたのも西洋食が原因である。私自身 は今は肉食と魚食の両方を摂っているが正直バランスよく摂っているので個人的には食生活は大事であ る。ケンタッキーやマクドナルドなどは完全なる西洋食であるが、こんなものを毎日食べていると当然ながら がんになる。

今深刻なのは子供のメタボである。子供のメタボは以前から指摘されていたことから本当に問題になって いた。今の母親は子供に当たり前のようにおかしを与えたりするので私は子供がメタボになるきっかけを与 えているのではないかと思っている。それよりも怖いのは何度も言うように医療費の増大だ。医療費は 年々上がっており現在では40兆円がすでに医療費に使われている。健康な人間を作ることが今後国 民に課せられた義務になるだろうとおもう。しかし私はそうであるならば病院に行かずに自然治療にシフト するべきである。その方が自然ではないだろうかと思っている。

デタラメなダイエットが悪夢を招く

「一ヶ月に20キロ痩せた」

「一ヶ月に10キロ痩せた」

私はこんなダイエット番組を先日も見たが、正直これはダイエットとは言わない。ただ体重を減らしているだ けに過ぎない。本当にダイエットをするなら健康的にダイエットをしないと悪夢をみるだけだ。

ではどんな悪夢を見るのだろうか。ひとつはリバウンドすることだ。これはダイエットをする根本がわかってい ない人間に限って激ヤセをした後にリバウンドしたということはよく聞くが、ダイエットの本来の目的は健康維 持である。私はダイエットというものはさっきも話したように人それぞれ健康状態も違うしやり方も違う。

みんなが激ヤセ出来るとわかったらそっちに走るだろう。しかし何度も言うがそんなダイエットはまず突然死 のリスクを引き起こすだけだ。あなたが循環器系疾患を持っているのならば無理なダイエットは避けるべき だ。この健康維持を忘れ、無理やり断食をしたり無理やりに歩いたりした結果がリバウンドをしたり他の臓 器を痛めつけたりという結果になる。それよりかはまずは私は2食主義から始めてみてはいかがだろうか。ダ イエットは本当に難しいものであまり私としてはいきなり断食をするよりかは少しずつ少しずつやっていくこと が大事である。

私は7年で10回もダイエットに失敗した人間だからこそ言えることがある。それは自分の体に合わないダ イエットはしないことだ。ダイエットは無理にするものではなくじっくり時間をかけてやってほしいものだとおもう。 その方が効率もいいし正直痩せることもできる。デタラメダイエットには投資しないことである。

どうしても痩せられない人は精神の問題である

ダイエットをしていてもどうしても失敗するのはやはり精神的な問題があるとしか言えない。確かにいろんな 原因はあるだろうけどダイエットの基本は食の改革、心の改革、体の改革の3つをやらないと意味がない。 しかしほとんどの場合心の改革、つまり精神的な問題がある場合はその人の精神問題を解決しない限り いくらダイエットを頑張ってもまた過食に走る可能性がある。

その場合大事なことは気長に頑張る気持ちが必要である。今更メタボになってしまったことを後悔しても 仕方がないことだがとにかく一歩、一歩痩せることをしていかないとスリムどころがメタボに余計になるので 注意していただきたいと思う。あまり気にしないことだ。

ダイエットは死ぬほど苦しい

冒頭でも話したようにダイエットは楽に痩せられる事は死んでもない。ダイエットほど苦しいことはないことは ここで断言しておく。私はダイエットをする過程でいろんなダイエット方法のDVDを見てきたが正直どれも自 分には合わなかったというかやるべきではないと思っている。それは健康状態が人それぞれ違うのに同じよう な結果などありえないからだ。なぜ人は痩せられないのか。

それは今までライフスタイルを変えないといけないということではないだろうか。あなたが100キロから80キロ になりたいというのであればまずはじっくりとコツコツと痩せることが大事ではないだろうか。そうしないと何も始 まらない。私はその方がいいと思っている。中途半端なきもちでダイエットをやっても人は痩せられない。目 標を決めてコツコツやるのが一番無難だろう。しかし多くの人がダイエットで失敗するのはダイエットを軽く考 えすぎるからである。

テレビのインチキダイエットに騙され結局痩せられずお金は搾取されるという間抜けな話はよくあることであ るが正直そんなことには騙されてはならない。ダイエットは正しいやり方をすれば痩せられるのだからとにかく 是が非でもやるべきだ。そうしないとあなたの健康が損なわれる恐れがあるのでコツコツでもいいので頑張っ て継続して行くべきである。

 

1キロ痩せる為の道のり

ダイエットは計算通りには行かない

ダイエットをする前に考えてほしいことがある。それはダイエットは計算通りには行かないことだ。私自身ダイ エットに何度でも失敗した経験から言うものだが、ダイエットはあなたが思っているほど難しいものだ。これは 先ほどの章でも話したようにダイエットは過酷なものだ。やり方は人それぞれだが正直私はやり方は歩くこと だけに限定している。

勿論サイクリングもするがやはり人間歩いたほうが基礎代謝が上がるし正直楽しいものだと思う。歩けば 歩くほど楽しいダイエットだが、歩くことを義務化してはいけない。だからといって怠けるのもよくないが正直 私はとにかく無理をしない工夫をしている。一番無理をしない方法は生活の中に歩くことを採り入れること だろうか。私は生活の中に歩くことを意識している。

だからこそ私は生活の中に歩くことをとりいれ、積極的に歩くことをしていけばメタボは自然的に解消され ると思うのだ。やろうと思えばできる、やる気が無いからできないだけであり大した差はない。普段、自転車 で行っている距離を少し歩いてみればかなりの違いが出てくるだろう。私は歩いてみてそのことを色んな意 味で実感した1人である。ぜひ貴方も歩いてみてはいかがだろうか。

激ヤセダイエットは早死する

最近はテレビでも激ヤセダイエットがブームになっていてあたかも正しいと思っている人は多いかもしれないが 私はそんな危ないダイエットはおすすめしない。それは激痩せダイエットが早死することがわかっているから だ。激痩せダイエットが危険なのは貴方もわかっているだろう、何が危険かといえばその人の体に合わない ダイエットスタイルだからだ。もしの人が持病持ちだったらどうだろうか。

私は絶対にやれと言われてもおすすめしない。テレビで言うダイエット方法の大半はどこか危険が潜んでい ることは言うまでもないのだ。ある医者はがんになると本で書いてあるぐらいだ。コツコツ痩せるダイエットスタ イルのほうが私は性にあっていると思っている。それはダイエットがいかにもペテンだからだ。

本当のダイエットは健康維持をするためだということは冒頭にも書いたようにその人にあったダイエットをしな いと激ヤセなどしたら痩せるどころか逆に命取りになりかねないのは言うまでもない。無理なダイエットは自 分の命を削ることだけではなく早死することをここに明記しておきたいと思う。

失敗から学んだあること

私はダイエットで失敗してきた人間だ。別にこんな所で自慢することはないがだからこそかけることがある。そ れは先ほども書いたように激ヤセダイエットなどは早死することは間違いし正直自分自身もいろんなダイエ ットに挑戦してきた。

ビリーズブートキャンプ

ハーベイスブートキャンプ

カービーダンス

などなど数えきれない程のダイエットを挑戦してきたがどこも長続きしなかった。単純にいえば自分が飽きっ ぽい性格だというのも悪いかもしれないが、正直私はそれだけでは無いと思っている。

確かにビリーズブートキャンプ、ハーベイスブートキャンプなどはそれなりにやれば痩せられるかも知れないが 正直私はとにかく自分に無理があったかもしれないからだ。とにかく出来るダイエットを模索してみた。いろい ろやった結果私はお金をかけないダイエットをやったほうがいいという結論に達した。

私の場合はやはり健康維持のためにやっているので別にお金を掛けずにやるほうがいいと思い今流行して いるRIZAPのようなことはしないようにしているがダイエットはいろんな方法でできるのでお金がない人はなに も歩くだけでもダイエットは出来ると思えばそれでいいと思う私の経験から学んだことはひとつ、ダイエットは 無料でもできるしできるだけ歩くことのほうが楽しく痩せられるということだ。ダイエットは気長にやるべきだと 思うね。

ニ食主義を通す

人間は1日3食食べるというが正直3食は食べ過ぎである。しかし私は今年から二食主義をはじめてから 全く体が軽くなったからだ。それは病気を防ぐという意味もあるけどももちろんやっぱり1食減らすだけでもか なり違うのではないのだろうか。なぜ2食主義が良いのか。それは肝臓と関係があるのだ。肝臓は消化に 莫大なエネルギーを使うためである。

昔から肝腎要というように肝臓は約18時間サイクルを使うと言われている。つまり食事のサイクルは肝臓 の消化が終わるぐらいに合わせないといけないので1日1食~2食ぐらいが適当だといえるのだ。だからこそ 私は2食主義を貫き通しているのだ。さすがに断食は無理かもしれないが2食主義なら出来るはずだ。 肝臓の消化サイクルを知っておけばいいだけのことだ。

肝臓は汚い血液を綺麗にしたり胆汁を作ったりと500の仕事をこなす沈黙の臓器であるといえるだろう。 だからこそ大事にしないといけないのは言うまでもない。私の場合は無理せずに2食食べている。その方が リスクは低いからだ。一番いいのは2食主義を継続して続けてみることだ。1年もすれば以前よりかは体が 軽くなっているし正直あなたもかなり色んな面で変わっていることは言うまでもないだろうと思う。

結果は気にしない

ダイエットに於いて結果を気にしないことが一番大事である。別に痩せられないからといって罰則があるわ けでもないが一番大事なことは継続することである。私はこの7年で10回以上も痩せたり太ったりを繰り 返してきた。別に医者のためではない、自分のためだが正直その原因を自分なりに今は探っている。でも 結果ばかりを気にしたり世間体を気にしたりするのは御門違いである。

とにかくダイエットは楽しくやるものであり正直私は結果などは気にしないほうがいいと思う。何キロ痩せるか はその人次第だし私自身はコツコツと目標に向かってダイエットしているに過ぎないのだ。だからこそ大事な のは何かと言えばまず痩せることである。無理に痩せようと考えれば失敗するだけであり正直オススメしな い。健康維持のためにはいろんな失敗から学ぶことも大事だが長期的に考えることに視野において痩せる 事が大事である。さっきも言ったようにあなたが楽しめるダイエットスタイルでもあったらぜひやってみることだ。 私はその方がいいと思うけどね。

 

食生活を改善する

ラーメンなどのインスタント食品はほとほどに

ダイエットできない人に共通している事はラーメンや焼きそばなどのインスタント食品を多量に摂取すること がある。確かにやみつきになることは間違いないけど私はほどほどにすることが望ましいと思う。というかこれ らはカロリーが半端にあるので私は余り食べないことをおすすめするけどね。ラーメンはスープのほうがかなり カロリーがあるから麺だけ食べるという人がいるがそれが正解だろう。

私はとにかく自分でも気づかないうちにたべすぎたせいかメタボになったのも原因の一つだがとにかく改善し ないといけないのは加工食品に対する考え方だ。今はとにかくあまり食べないようにしているけどそれでも人 間は食べるようにできているのかなと思うと本当に言い訳が出来ないものだと思った。

ラーメンに限らずハンバーガーもそうだし気をつけるべきはとにかく程々にということである。いや辞めるべきだ ろう。私はあえて言いたいのはインスタント食品などはとにかく辞めることが大事だと思っている。これは本当 に自分自身が経験したことだがやはりダイエットをするならばしっかりと食生活を改善するべきではないだろ うか。

腹六分を目指す理由

私は常に2食主義で今は腹六分目にする理由はいくつかある。それは肝臓のことと大きく関係すること だ。腹八分目に医者いらず、腹六分目に老いを忘れず、腹四分目に神に近づくと言われるように人は食 べないほど健康になる。これは食べればそれだけ臓器に負担がかかるからだ。だからといって全く食べない のもナンセンスだ。

しかし最近の人はとにかく食べまくる。一体どれくらい食べれば気が済むんだというぐらい食べまくる。私は 現代栄養学がいかに間違っているかをこの場で言いたい。現代の栄養学はデタラメだらけであり正直私 自身は信用などしていない食べるということは勿論大事ではあるがそれと同時にさじ加減が必要になる。 さじ加減とはその人の食べる量である。先ほども書いたが現代は1日3食というが1食減らすか減らさない かで全く違うのだ。

例えば風邪の人は消化器系が全く受け付けないはずなので全く食べないほうがいいだろうし元気な人は 食べる量を適量に調整することで健康が維持できる。間食と言うのはもっての外である。最近のお菓子な どはろくでもない添加物が入っているしコカ・コーラや缶コーヒーにはスクラロースやアスパルテームKなどがあ る。これらは神経疾患を引き起こすものであり非常に危険である。だからこそ気をつけるべきなのは食生活 の改善であり尚且つ腹六分目がちょうどいいと言いたいね。

食べられない時は無理に食べない

人は食べないと長生き出来ないと思われがちだが、それは間違いである。食べない人ほど長生きしている ものだ。それは食べたくない時に食べていないということだ。どういうことかといえば人は拒絶反応を起こす。 例えば体が悪い時、体はあらゆるものを拒む。体彼出ているサインは「やすめ」という言葉である。

この言葉を無視して食べれば当然人間は大病を患いそして死亡するというものだが、正直これは病気に なった本人しかわからないものである。私はそんな時も食べないことを実践している。食べればそれだけ臓 器に負担がかかるからだ。だからこそ体からのサインはしっかり聞き取るべきである最近の栄養学はとにかく 健康なものを食べろ、食べろの合唱だがそれは間違いである。

私は食べられない時はとにかく体を休めて食うな、動くな、寝ていろの3つをする。その方がバカ医学である 西洋医学にすがるよりもましだしお金はいらない。こんな簡単なことが人は出来ないのだ。もし貴方が体 調が悪い場合食べないことをおすすめする。

18時間サイクルで食べる理由

人間は18時間サイクルで食べるのがベターである。これは何故そうするほうがいいのかといえば肝臓の消化 にかかる時間からそう言われている。肝臓は消化が完全に終わるまでに18時間かかるそうだが、正直個 人差がある。私の場合は脂肪肝になってしまったが勿論現在は2食主義にしているのでとにかくお腹がな るし現在では体重もある程度おちているので体も軽くなっている。

昔から肝腎要というように肝臓と腎臓はしっかりとしないといけないと言われているがこれは肝臓と腎臓は 一度やられると再生しませんよという意味である。それほど人間の臓器にとって肝臓と腎臓は大事な臓器 であることは言うまでもない。しかし人間は6時間サイクルで食べている。これでは確実にメタボになってしま う。そしてなにが原因かといえば矢張り薬である。

私は薬を飲んでいてダイエットができないのであれば薬を止めればいいと思う。しかし医者の判断なしに薬 はやめられないので徐々に減薬出来るように自分なりに努力をしている現状だ。肝臓はあなたに取って大 事な臓器であると同時に一度ダメにしたら本当に二度と再生しない臓器であるということを理解して欲し いと思っている。

過食を止めれば高血圧もなくなる

高血圧はほとんどの場合、過食さえ止めれば自然にコントロールが効く。しかしたいていの人は過食をして いるのでたまったもんじゃないが私は最も高血圧で降圧剤を飲んでいる人はこの過食をやめる事をすすめ る。それは降圧剤の中にも約60種類の副作用があり、勿論食欲旺盛になる副作用もある。

どんなに降圧剤を飲んだ所で人の命はどんどん縮まっているいるにすぎないからだ。最近の降圧剤はいろ んなタイプがあるのでもちろん医師があなたの症状などに応じて処方するが私はカルシュウム拮抗ブロッカ ータイプの高血圧の薬を飲んでいるのでどこか体の負担は大きいと思う。高血圧を辞めるためにはどうする べきか、それは食生活の改善しかないのである。ここで絶対に辞めるべき項目を幾つかリストアップした。

1 おかしをやめる

2 ラーメンはスープを残す

3 軽い運動をする。理想的には30分ぐらい

4 ジュースよりお茶を飲む

5 2食主義を貫く

6 ストレスを溜めない

大体はこんなものだが順番はあまり気にすることはないがこの中でもお菓子とジュースはすぐに辞めるべきで ある。最近のお菓子は本当にたちの悪いものが入っているので私としてはお勧めできないし正直辞めるべ きである。高血圧以外の疾患を引き起こすのでとにかくこれらの6つの中でもすべてを遵守するのはもちろ んだけどもやはり大事なことはとにかくジュースとお菓子を辞めることである。

薬は過食をエスカレートさせる

ダイエットをするにあたりあなたが何かの持病を持っているとするならばその持病で薬漬けにされている場 合、どうしてもやせないと誤解をするがこの場合、大抵は薬の飲み間違いである。人は大抵メタボになった ケースの中には薬を飲んだケースがある。あくどい医者ほどそのことを言わない。あなたの主治医をよく考え てほしい、あなたの主治医は果たして何か薬のことを説明してくれているか。

おそらくしていないだろうと思うが正直その場合だと副作用のことを聞いても応えてくれないだろう。薬剤師 に聞いても同じだ。私自身今の医者は変わってからまだ3年だけども薬の説明などもきちんとしてくれるし 親身に患者の言うことも聞いてくれるのでありがたいなと思っている。どこか有耶無耶な感じで言う薬剤師 もいるだろう。

こういう薬剤師はあまり信用しないほうがいい。それであれば病院をかえるしかないだろうけども信頼できる 薬剤師を探すほうがまだましである。だからこそ薬が絡んでいる場合はできるだけダイエットに気をつけるべ きである。どんなに頑張っても痩せない場合はまず薬が絡んでいることが多いので医者か薬剤師に直接 言おう。最初の一歩であるから。

 

運動を改善する

基本は歩くこと

私は運動の基本は走ることより歩くことだと思っている。日本人は元来歩くということに固執してきた。どこ でもそうだが、正直歩くことはとても健康的でいいことだ。しかし文明の発達により歩くことを嫌う人間が増 え、逆に電車や自動車を使う社会になり確かに便利になった。

その代償として運動しない不健康な人間を作り上げたのは言うまでもない。運動をするという事はとてもい いことでその中でも歩く事はとてもいいことだ。爽やかになるしとても嫌な気分が飛ぶ。言うならば精神的に もいいし正直ダイエットにもいい。この歩くということをめんどくさいという人は多い。田舎にいる人はもっと自 然が多いので歩いてスマートになることが大事だ。楽しく散歩する工夫をすれば人生はもっとハッピーにす ることが大事ではないだろうか。私はそう思う。

運動を義務化しない、あくまでも楽しく歩くことを心がける

先程も書いたように運動は楽しむものであり義務化するものではないと思うのだ。ダイエットで失敗する人 に共通しているのはダイエットをしないといけないという強迫観念だ。ダイエットは楽しくやってこそ結果がつい てくるものであり正直無理やりやっても意味が無いのは明らかである。

精神的、肉体的にも楽しめないダイエットなどは意味がない。私はダイエットに失敗してきた経験から今は 食生活をコントロールしているが、ダイエットにおける運動は義務ではなくやりたいときにやるというのがいい だろう。例えば何時も自転車での買い物を歩くに変えるだけでもかなりいいだろうと思う。とにかく歩くことを 工夫していけば自然に痩せられるのでぜひ頑張って欲しいと思う。

最低30分以上趣味で歩こう

運動で大事な事は継続することだが、先ほどのセクションで歩く工夫について書いた。ではどれくらい歩け ばいいのかといえば人によってそれぞれ違うが大体30分はあるかないと意味がない。私は断言的なことは 言わないが、私の経験上でいえば30分以上歩けば痩せる事はできる。しかしすぐにはやせない。やはり 歩いて食生活をしっかりし、精神面もしっかりしてこそ痩せるのである。

精神面がズタズタになればまず痩せる前に過食に走るというので私はぜひ無理をしない程度で30分程 度でいいので毎日歩くことをおすすめする。もちろん無理ならば週4日程度でもいいと思うしその辺りはひと それぞれなので無理のない範囲でやるべきだろうと思う。これは私自身も経験したけど正直歩くのは最初 は辛いかもしれないけど徐々に慣れてくるので諦めずに少しずつでもいいので頑張って歩こうではないか。 継続は力なりである。

好きな運動をすることに痩せる意味がある

痩せるためにはいろんな事をしないといけないが、やはり好きな事を人に迷惑をかけずにすれば最高だと思 う。私は今までダイエットといえば痩せないといけないと思い数値上のことばかりを考えてきた。確かに数値 上のこともある程度大切だが、何よりも大事なことは好きな事をして痩せるということである。

しかし現代人は好きな事も出来ないままどこかどうでもいいようなダイエットに騙されているような気がする。 それは好きというよりはっきりと言えば強制である。ダイエットは人に迷惑をかけない限りは好きな様にして 痩せるのが一番ベストである。そして数値ばかりを気にするのも大事だがなにより好きな運動をして痩せる という意味があると私は思っている。

痩せる方法はいろいろあるがやはり私は歩くことが一番手軽でお金の掛からない痩せ方だと思ってる普段 の生活の中で歩くというのは当たり前のようにやっているので少し工夫をすればいいだけだと思っている。階 段を使う、いつも自転車で行っているところを歩くなどすればかなり違った意味でも私はいいと思うけどもあ なはどうだろうか。精神的にもかなりいいと思うがぜひやってみてはどうだろうか。

リバウンドしない体作り

最後になったがリバウンドしない体作りとして私は正直毎日少しずつでもいいので歩くことが大事だと思っ ている。歩く事は全ての運動の原点であるために私は誰もがやるべきだと思うし正直健康作りのためにや ってほしいと思っている。日本は長寿大国というがまさに長寿になるためには正直歩くしか無い。この歩く 行為をしない限りはいろんな病気にかかるだけだ。

脂肪肝、高血圧、全ては歩かないことから起きると言っても過言ではない。現代の便利な社会に依存し た我々は少し昔の人の話を聞いて健康のノウハウを聞くのもひとつの勉強だと思わないといけないのだ。検 査データ、投薬だけの西洋医学に依存するのではなく自分たちででできる健康法を探す事が大事である と言いたい。

ダイエットはシンプルだけど難しい私自身は本当にそう思った。色んな物がある日本だが食生活に気をつ けろと言っても完璧じゃない人間は少しずつ間違いを修正することで気づきが生まれるだろう。ダイエットも 最初は失敗しても何が行けなかったのか何を改善するべきなのかをしっかりとあなたがやれば治るのは言う までもない。あとはあなたの努力次第ではないだろうか。

Pocket
LINEで送る